8回、中日・阿部に勝ち越し適時打を浴びた広島・フランスア(左)=ナゴヤドーム(撮影・北村雅宏)

長野が初先発で移籍後初アーチも…終盤で競り負け/広島カープ/デイリースポーツ online

2019/4/2 vs中日 1回戦(ナゴヤ)中日7-4広島


8回、中日・阿部に勝ち越し適時打を浴びた広島・フランスア(左)=ナゴヤドーム(撮影・北村雅宏)
8回、中日・阿部に勝ち越し適時打を浴びた広島・フランスア(左)=ナゴヤドーム(撮影・北村雅宏)

「中日7-4広島」(2日、ナゴヤドーム)

広島は初先発を果たした長野久義外野手が移籍後初本塁打を放ったが、終盤に突き放された。

長野は「6番・左翼」で先発出場すると、四回に右前打を放った。さらに七回、先頭で打席に入ると、大野雄から左翼席にたたき込み、待望の勝ち越し1号ソロとなった。

しかし、チームは直後に京田に同点適時打を許し、八回に3失点と終盤で振り切られた。

情報源:広島・長野が初先発で移籍後初アーチも…終盤で競り負け(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:長野が初先発で移籍後初アーチも…終盤で競り負け/広島カープ/デイリースポーツ online


1回 野間の1号ソロホームランで先制

3回 2-1と逆転されてからの菊池の1号ツーランで逆転

7回 同点に追いつかれてからの長野の1号ソロホームランで勝ち越し

ハイライト


8回の3失点が痛かった、フランスアが崩れたなぁ・・・