羽生善治九段が広瀬章人竜王に勝利 豊島将之二冠が敗れるとプレーオフに/順位戦A級

羽生善治九段が広瀬章人竜王に勝利 豊島将之二冠が敗れるとプレーオフに/順位戦A級 | AbemaTIMES

104手まで、羽生善治九段の勝ち、豊島二冠の結果次第でプレーオフ。


将棋の順位戦A級の最終9回戦が3月1日に行われ、羽生善治九段(48)が広瀬章人竜王(32)に104手で勝利し、7勝2敗でリーグ戦の全9戦を戦い終えた。現在、豊島将之二冠(28)が久保利明九段(43)と対局中で、豊島二冠が敗れた場合、羽生九段とのプレーオフが決定する。

昨年12月に竜王戦七番勝負でフルセットを繰り広げた2人の対局は、中盤までがっぷり四つ。終盤、羽生九段が勝負手を繰り出し、鮮やかな勝利。昨年、タイトル通算100期の達成寸前で阻まれた借りを返した格好となった。

豊島二冠は現在7勝1敗で、久保九段に勝利すればその時点で8勝1敗となり、佐藤天彦名人(31)への挑戦権を獲得。敗れると7勝2敗で豊島二冠と羽生九段が並ぶため、規定によりプレーオフで挑戦者を決める。

情報源:羽生善治九段が広瀬章人竜王に勝利 豊島将之二冠が敗れるとプレーオフに/順位戦A級(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:羽生善治九段が広瀬章人竜王に勝利 豊島将之二冠が敗れるとプレーオフに/順位戦A級 | AbemaTIMES


A級で7勝2敗と貫禄を示した羽生善治九段
A級で7勝2敗と貫禄を示した羽生善治九段

将棋の第77期順位戦A級最終一斉対局が1日、静岡市内で指され、羽生善治九段(48)が広瀬章人竜王(32)に後手番の104手で勝ち、今期の順位戦を7勝2敗で終えた。午後11時15分現在、1敗の豊島将之2冠(28)=王位、棋聖=は久保利明九段(43)との勝負が進行中。豊島2冠が勝利すれば、初めての名人挑戦権を獲得。敗れると羽生九段とのプレーオフに突入する。

羽生九段にとって、広瀬竜王は昨年末の竜王戦7番勝負でタイトルを奪われた相手。27年ぶりの無冠に転落してから2か月余りの月日が経過してのリベンジとなった。今期を戦い終え「一局一局際どい将棋が続いて、A級ならではの内容が続きました」と激闘を振り返りながら「良い結果で終えることが出来たと思います」と語った。

7回戦まで首位タイを走りながら、ラスト2局に連敗して6勝3敗でリーグを終えた広瀬竜王は「あまり内容が良くない連敗をしてしまいました。今の実力です」と淡々と述べた。

情報源:羽生九段が広瀬竜王にリベンジ 7勝2敗で順位戦A級を終える(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:羽生九段が広瀬竜王にリベンジ 7勝2敗で順位戦A級を終える : スポーツ報知


広瀬章人竜王 VS△羽生善治九段(棋譜を見る

104手まで、羽生九段の勝ち。




まぁ、さすがに今期は豊島二冠が勝つだろ・・・


「羽生善治九段が広瀬章人竜王に勝利 豊島将之二冠が敗れるとプレーオフに/順位戦A級 | AbemaTIMES」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。