<王将戦7番勝負第2局第1日>立会の梶山九段(右)に封じてを手渡す久保王将(中央は渡辺棋王) (撮影・成瀬 徹)

王将戦第2局 先手の久保が43手目を封じて1日目終了

久保王将が43手目を封じる。


2019年1月26日 18:24

<王将戦7番勝負第2局第1日>立会の梶山九段(右)に封じてを手渡す久保王将(中央は渡辺棋王) (撮影・成瀬 徹)
<王将戦7番勝負第2局第1日>立会の梶山九段(右)に封じてを手渡す久保王将(中央は渡辺棋王) (撮影・成瀬 徹)

3連覇を目指す久保利明王将(43)に5期ぶり復位を狙う渡辺明棋王(34)が挑む将棋の第68期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負第2局が26日、大阪府高槻市の「山水館」で始まり、先手の久保が43手目を封じて1日目が終了した。

<王将戦7番勝負第2局第1日>久保王将(撮影・成瀬 徹)
<王将戦7番勝負第2局第1日>久保王将(撮影・成瀬 徹)

渡辺が先勝した第1局から先後が入れ替わり、先手になった久保が開局早々、前局と同じくゴキゲン中飛車の戦型を選択。後手の渡辺も5筋の歩を突き、戦う方針を示した。

<王将戦7番勝負第2局第1日>渡辺棋王(撮影・成瀬 徹)
<王将戦7番勝負第2局第1日>渡辺棋王(撮影・成瀬 徹)

午後3時すぎ、6筋で初めて駒がぶつかり合い、戦端が開かれた。その後は互いに慎重な駒組みが続き、封じ手の局面となった。

消費時間は先手の久保が3時間56分、後手の渡辺が3時間40分。持ち時間は各8時間。対局はあす27日、午前9時に再開される。

情報源:王将戦第2局 先手の久保が43手目を封じて1日目終了(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:王将戦第2局 先手の久保が43手目を封じて1日目終了― スポニチ Sponichi Annex 芸能


久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦し、大阪府高槻市の旅館「山水館」で行われている第68期王将戦七番勝負第2局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪府高槻市など共催、囲碁・将棋チャンネル協賛)は26日午後6時過ぎ、久保が43手目を封じて1日目を終えた。

開幕局は、5期ぶりの王将位復位を目指す渡辺が制した。3連覇を目指す久保は、第1局に続いてゴキゲン中飛車を採用。午後3時過ぎに渡辺が戦いを仕掛けたが、久保が応じず、本格的な戦いには発展しなかった。

対局は27日午前9時に再開される。【丸山進】

情報源:久保が43手目封じる 王将戦第2局 – 毎日新聞


図の局面で久保王将が1時間6分考えて次の手を封じ、1日目が終了しました。1日目の消費時間は▲久保3時間56分、△渡辺3時間40分。2日目は明日27日(日)に同所で9時に開始されます。

情報源:王将戦中継ブログ : 久保王将が43手目を封じる


久保王将が封じる意思を示し、封じ手用紙を記入しに別室に行きました。

(立会人の桐山九段も入室し、久保王将封じ手記入を待つ)

(封じ手を入れた2通の封筒を手に久保王将が戻ってきた)

(朱書きを入れる渡辺棋王)

((封じ手を立会人に手渡す。これで明朝の開封まで、次の手を知る者は久保王将しかいない)

(久保王将が駒を片づけ、一礼を交わして1日目が終わった)

情報源:王将戦中継ブログ : 1日目終了



▲久保利明王将 vs △渡辺明棋王(封じ手▲43手目まで)



渡辺棋王が連勝するか、久保王将がタイにするか。
久保王将の封じ手は?