広瀬章人八段が勝利 羽生善治竜王は次局勝てばタイトル100期、負ければ27年ぶり無冠…20、21日に最終局/竜王戦七番勝負第6局

広瀬章人八段が勝利 羽生善治竜王は次局勝てばタイトル100期、負ければ27年ぶり無冠…20、21日に最終局/竜王戦七番勝負第6局 | AbemaTIMES

81手まで、広瀬彰人八段の勝ち、終局は午後零時7分、昼食休憩前の終局。


将棋の竜王戦七番勝負第6局が12月12、13日、鹿児島県指宿市の「指宿白水館」で行われ、初の竜王位を目指す広瀬章人八段(31)が、羽生善治竜王(48)に81手で勝利し、同シリーズの対戦成績を3勝3敗のタイに戻した。次局は20、21日に行われ、羽生竜王は勝てばタイトル通算100期の大偉業を達成するが、負ければ27年ぶりにタイトルを1つも持たない“無冠”になる。

同シリーズは羽生竜王が第1局から2連勝、広瀬八段が第3局から2連勝。第5局を羽生竜王が制し、2期連続8期目の竜王位とタイトル通算100期に王手をかけていたが、注目の第6局は序盤からお互いの大駒を取り合う派手な展開の中、2日目に入り広瀬八段が一気にリード。そのまま隙を見せずに攻め立てると、午後0時7分に終局。持ち時間を3時間40分も残す圧勝に終わった。

対局を終えた広瀬八段は、最終局に向けて「僕自身にとっても久々のタイトルがかかった一局になりますし、本局以上に注目されると思うので、可能な限りの準備をして最終局に臨みたいです」と語った。また羽生竜王は「まとめ方が終始難しかった気がします。次の対局が最終局なので、自分の出来る範囲のことをして臨みたいと思います」と淡々と語った。

これで同シリーズの対戦成績は3勝3敗となり、最終第7局までもつれ込むことが決定。第1局は羽生竜王、第2局は広瀬八段と、先手・後手が交互になっていたが、第7局では振り駒によって先後が決まるため、優位とされる先手がどちらかになるか、対局前から注目される。2人の通算対戦成績は羽生竜王の18勝11敗。

第7局は20、21日に山口県下関市「春帆楼」で行われ、持ち時間は各8時間の2日制。AbemaTVではこの対局を終了まで生中継する。

情報源:広瀬章人八段が勝利 羽生善治竜王は次局勝てばタイトル100期、負ければ27年ぶり無冠…20、21日に最終局/竜王戦七番勝負第6局(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:広瀬章人八段が勝利 羽生善治竜王は次局勝てばタイトル100期、負ければ27年ぶり無冠…20、21日に最終局/竜王戦七番勝負第6局 | AbemaTIMES


将棋 羽生竜王 タイトル通算100期なるか 竜王戦第6局
将棋 羽生竜王 タイトル通算100期なるか 竜王戦第6局

将棋の羽生善治竜王は、鹿児島県で行われた竜王戦の第6局に敗れ、前人未到のタイトル通算100期の達成は持ち越しとなりました。

羽生善治竜王(48)は、第31期竜王戦の七番勝負で広瀬章人八段(31)の挑戦を受け、ここまで3勝2敗とリードしてタイトル防衛まであと1勝としています。

竜王戦の第6局は鹿児島県指宿市で12日から行われ、広瀬八段が素早い攻めで羽生竜王の反撃を封じて、13日午後0時7分、81手までで羽生竜王が投了しました。

これで両者3勝3敗となり、羽生竜王は次の最終局に勝つと、七番勝負を制して竜王のタイトルを防衛し、平成元年から積み上げてきたタイトルの獲得数が通算100期となって、前人未到の記録を達成します。

一方、敗れれば、現在ただ1つ保持している竜王のタイトルを奪われ、平成3年から27年間続けてきたタイトル保持者の地位を失って、無冠となります。

竜王戦の最終局は、今月20日と21日に山口県下関市で行われます。

羽生竜王「まとめ方難しかった」

敗れた羽生竜王は「とても激しい感じの展開になりましたが、まとめ方が終始難しかったような気がします。もうちょっと調べてみないと、どこが悪かったか、今の段階ではわからない」と対局を振り返ったうえで、最終局に向けて「悔いが残らないように臨みたいと思います」と話していました。

広瀬八段「うまくいっているかわからなかった」

勝った広瀬八段は「激しい展開になって戦いは避けられないので、思い切っていってみましたが、うまくいっているかはわからなかった」と振り返り、最終局に向けて「私自身にとっても久々のタイトルがかかった一局になりますし、より注目されると思うので、可能なかぎりの準備をして頑張りたいと思います」と意気込んでいました。

情報源:将棋 羽生竜王 第6局に敗れる タイトル通算100期持ち越し | NHKニュース


<竜王戦7番勝負第6局>敗れた羽生善治竜王
<竜王戦7番勝負第6局>敗れた羽生善治竜王

将棋の竜王戦7番勝負第6局は13日、鹿児島県指宿市内で2日目が指し継がれ、挑戦者の広瀬章人八段(31)が81手で羽生善治竜王(48)を下し、シリーズ成績を3勝3敗のタイとした。

通算タイトル獲得100期に王手をかけている羽生は最終第7局(20、21日=山口県下関市)に勝てば大台達成となるが、敗れた場合は竜王を失冠し、27年ぶりの無冠となる。

情報源:羽生竜王 通算タイトル獲得100期は持ち越し 広瀬八段に敗れる(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:羽生竜王 通算タイトル獲得100期は持ち越し 広瀬八段に敗れる― スポニチ Sponichi Annex 社会


タイトル通算100期は持ち越しとなった羽生善治竜王
タイトル通算100期は持ち越しとなった羽生善治竜王

将棋の第31期竜王戦7番勝負の第6局が鹿児島県指宿市の旅館「白水館」で12日から13日にかけて行われ、先手番の挑戦者・広瀬章人八段(31)が81手で羽生善治竜王(48)に勝ち、対戦成績を3勝3敗のタイに戻した。羽生竜王が王手を掛けていたタイトル通算100期は最終局に持ち越しとなった。

異例の早期決着となった。1日目から激しい展開の将棋に。2日目に入ると広瀬八段がペースを握り、一気に勝負を決めた。通常は夕方から夜にかけて決着する竜王戦7番勝負だが、羽生竜王は午後零時7分に投了を告げた。

20、21日に山口県下関市で行われる運命の最終第7局に向け、広瀬八段は「自分にとっては久しぶり(8年ぶり)のタイトルがかかるので、可能な限り全力を尽くしたいです」と抱負。100期の王手から一転、敗れれば27年ぶりの無冠転落となる羽生竜王は「最終局なので悔いの残らないように、自分の出来る限りをしたいです」と語っていた。

情報源:羽生竜王のタイトル通算100期は最終局に持ち越し…将棋竜王戦第6局(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:羽生竜王のタイトル通算100期は最終局に持ち越し…将棋竜王戦第6局 : スポーツ報知


敗れた後、インタビューに答える羽生善治竜王=13日、鹿児島県指宿市
敗れた後、インタビューに答える羽生善治竜王=13日、鹿児島県指宿市

将棋の第31期竜王戦七番勝負(読売新聞社主催)の第6局が12、13日、鹿児島県指宿市で指され、挑戦者の広瀬章人八段(31)が羽生善治竜王(48)に81手で勝った。これで対戦成績は3勝3敗。第7局で羽生竜王が勝てば、タイトル獲得が史上初めて「100期」の大台に達する。敗れると、27年ぶりに無冠となる。

竜王戦第6局で広瀬章人八段に敗れ、天を仰ぐ羽生善治竜王=2018年12月13日午後0時14分、鹿児島県指宿市、堀英治撮影
竜王戦第6局で広瀬章人八段に敗れ、天を仰ぐ羽生善治竜王=2018年12月13日午後0時14分、鹿児島県指宿市、堀英治撮影

後手番の羽生竜王の誘導で序盤から激しい戦いになり、優位に立った広瀬八段が押し切った。終局は午後0時7分。2日制の対局が2日目の昼食休憩の前に終わるのは極めて異例だ。広瀬八段は「(第7局は)本局以上に注目されると思う。可能な限り準備をして頑張りたい」、羽生竜王は「(2日目の再開の時点で)失敗している気がした。悔いの残らないように、できる限りのことをして臨みたい」と話した。

竜王戦第6局で羽生善治竜王を破った広瀬章人八段=2018年12月13日午後0時11分、鹿児島県指宿市、堀英治撮影
竜王戦第6局で羽生善治竜王を破った広瀬章人八段=2018年12月13日午後0時11分、鹿児島県指宿市、堀英治撮影

羽生竜王は昨年12月に竜王を奪取し、「永世竜王」の資格を得ると共に史上初の「永世七冠」を達成した。今年2月には将棋界で初めて国民栄誉賞を受賞した。だが、春の名人戦で敗退。棋聖戦ではタイトルを失い、タイトルが竜王一つになっていた。

竜王戦第6局で羽生善治竜王を破った広瀬章人八段=2018年12月13日午後0時10分、鹿児島県指宿市、堀英治撮影
竜王戦第6局で羽生善治竜王を破った広瀬章人八段=2018年12月13日午後0時10分、鹿児島県指宿市、堀英治撮影

第7局は20、21日に山口県下関市で行われる。広瀬八段が勝てば、8年ぶり2度目のタイトル獲得となる。(村瀬信也、村上耕司)

情報源:羽生竜王敗れ最終局へ「100期」か「無冠」か下関決戦(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:羽生竜王敗れ最終局へ「100期」か「無冠」か下関決戦:朝日新聞デジタル


羽生竜王(手前)に勝利した広瀬八段(13日午後0時10分、鹿児島県指宿市で)=浦上太介撮影
羽生竜王(手前)に勝利した広瀬八段(13日午後0時10分、鹿児島県指宿市で)=浦上太介撮影

将棋界の最高棋戦で、羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦する第31期竜王戦七番勝負第6局(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)が13日、鹿児島県指宿市の指宿白水館で再開され、午後0時7分、広瀬八段が81手で勝ち、シリーズ3勝3敗とした。

今期初めて横歩取りの戦型になった本局は、後手の羽生竜王が△3七角と打ち込んだ局面で、1日目を終えていた。立会人の屋敷伸之九段が開いた広瀬八段の封じ手は▲8五飛。控室で予想されていた手の一つだ。羽生竜王は△1九角成と香車を取った。これに対して広瀬八段は2枚の竜で後手玉を挟撃し、そのまま手堅く寄せきった。

解説の佐々木勇気七段は「難しい読み合いが続くなかで、広瀬八段が▲2七飛から一気に優位を築き、勝利を呼び込みました。羽生竜王の△1九角成が競り合うタイミングを逃した手でした」と話した。

最終第7局は20、21日、山口県下関市の「春帆楼」で行われる。

広瀬八段の話「激しい展開になったが思い切って指せた。▲2八歩で馬を閉じ込めて、面白くなったと思った」

羽生竜王の話「最も激しい変化でまとめ方が難しかった。最終局は悔いの残らないように指したい」

【2日目手順】▲広瀬△羽生

▲8五飛(封じ手)△7三桂▲8二飛成△6二桂▲2七飛△1九角成▲2一飛成△3一歩▲2八歩△7五香▲2四桂△4二金▲3一竜△7七香成▲同銀直△4一金打▲1一竜△6五桂▲6六銀△2九馬▲5六香△3六角▲3八歩△3七桂▲6五銀△4九桂成▲5五香打△3九馬▲5三香不成△同 金▲4一竜△同 玉▲3二金まで広瀬八段の勝ち

持ち時間各8時間 △5・56分▲4・20分 81手

情報源:羽生竜王が敗れ3勝3敗「最終局は悔い残さず」(読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:羽生竜王が敗れ3勝3敗「最終局は悔い残さず」 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


将棋の第31期竜王戦七番勝負第6局は12、13の両日、鹿児島県指宿市で行われ、挑戦者の広瀬章人八段(31)が羽生善治竜王(48)に81手で勝ち、3勝3敗として最終局決戦へ持ち込んだ。第7局は20、21の両日、山口県下関市で行われる。羽生が2期連続通算8期の獲得で前人未到のタイトル獲得通算100期を達成するのか、広瀬が初めて竜王を獲得して羽生が無冠になるのか、最終局に注目が集まる。

終局後、羽生は「最終局は悔いが残らない将棋を指したい」と話し、快調に攻め切って短手数で勝利した広瀬は「注目される対局なので、可能な限り準備して最終局に臨みたい」と語った。【山村英樹】

情報源:羽生「タイトル100期」持ち越しに 竜王戦第6局敗れる(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:羽生「タイトル100期」持ち越しに 竜王戦第6局敗れる – 毎日新聞


羽生善治竜王に広瀬章人八段が挑戦する第31期竜王戦七番勝負の第6局が12月12・13日(水・木)に鹿児島県指宿市「指宿白水館」で行われ、広瀬八段が羽生竜王を81手で破り、3勝3敗としました。

タイトルの行方は最終戦の第7局へと持ち越されました。

広瀬八段が勝つと、初の竜王獲得となります。

第7局は12月20・21日(木・金)に山口県下関市「春帆楼」で行われます。

広瀬八段の竜王戦は、初の七番勝負登場、本棋戦の通算成績は48勝24敗(0.667)です。

竜王戦七番勝負の模様は、ニコニコ生放送AbemaTV竜王戦中継サイト日本将棋連盟ライブ中継で中継をいたします。ぜひご覧下さい。

また、将棋プレミアム(※要会員登録・有料)で動画中継をご覧いただくことができます。あわせてお楽しみください。

本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)

情報源:広瀬章人八段が羽生善治竜王を破り最終戦へ望みをつなぐ 第31期竜王戦七番勝負第6局|将棋ニュース|日本将棋連盟






かなり早い毛着でした。