最優秀新人賞に輝いたDeNA・東克樹(左)と楽天・田中和基=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・園田高夫)

新人王、パ・リーグは混戦 清宮にも2票 セは東が圧倒的得票

おめでとうございます。


最優秀新人賞を受賞し、握手を交わす東(左)と田中(撮影・出月俊成)
最優秀新人賞を受賞し、握手を交わす東(左)と田中(撮影・出月俊成)

プロ野球の「NPB AWARDS」が27日、都内ホテルで行われ、今季の新人王を発表。パ・リーグは楽天・田中和基外野手、セ・リーグはDeNA・東克樹投手が受賞した。

セは11勝5敗のDeNA・東が、ほぼ満票を獲得。一方、パは票が割れ、混戦の末に田中が112票で受賞となった。次点はオリックスの高卒2年目、山本由伸投手が70票。山本はリリーフで52試合に登板し、防御率2・89だった。

また、ソフトバンク・加治屋蓮投手も45票を集めた。社会人を経て、新人王資格最終年の5年目でブレーク。速球を武器に、リリーフとして72試合に登板。2年連続の日本一に貢献した。

その他では、ロッテで143試合に出場した藤岡裕大内野手が17票。高卒1年目で7本塁打をマークした日本ハム・清宮幸太郎内野手にも、2票が入った。

セ・パ、得票数は以下の通り。

【セ・リーグ】(有効投票数294票)

DeNA・東 290票

広島・アドゥワ 2票

DeNA・京山 1票

該当者なし 1票

【パ・リーグ】(有効投票数258票)

楽天・田中 112票

オリックス・山本 70票

ソフトバンク・加治屋 45票

ロッテ・藤岡 17票

日本ハム・清宮 2票

西武・今井 1票

ソフトバンク・グラシアル 1票

オリックス・田嶋 1票

該当者なし 9票

情報源:新人王、パ・リーグは混戦 清宮にも2票 セは東が圧倒的得票【得票数一覧】(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:新人王、パ・リーグは混戦 清宮にも2票 セは東が圧倒的得票【得票数一覧】/野球/デイリースポーツ online


最優秀新人賞に輝いたDeNA・東克樹(左)と楽天・田中和基=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・園田高夫)
最優秀新人賞に輝いたDeNA・東克樹(左)と楽天・田中和基=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・園田高夫)

プロ野球の「NPB AWARDS」が27日、都内ホテルで行われ、今季の新人王を発表。セ・リーグはDeNA・東克樹投手(22)、パ・リーグは楽天・田中和基外野手(24)が受賞した。

東は1年目から先発ローテの軸を担い、24試合に登板。11勝5敗、防御率2・45の好成績を残した。球団では60年ぶりの記録となる対巨人5戦5勝をマーク。キラーぶりを発揮した。

有効投票294票のうち、290票を獲得。2票の広島・アドゥワ誠投手、1票のDeNA・京山将弥投手をおさえ、圧倒的票数を集めて選出された。球団では15年の山崎康晃投手以来、3年ぶり8人目の受賞となった。

一方、田中はシーズン途中から外野のレギュラーに定着し、105試合に出場。スイッチヒッターとして打率・265、18本塁打、45打点、21盗塁をマークした。楽天では07年の田中将大投手、13年の則本昂大投手以来、5年ぶり3人目の受賞となった。

新人王の有資格者は支配下に登録されてから5年以内で、投手は1軍で30イニング以内、打者は1軍で60打席以内という規定がある。田中は昨季、59打席しか立っておらず、2年目で大きく飛躍を遂げた。有効投票258票のうち、112票を獲得。オリックス・山本由伸投手(70票)、ソフトバンク・加治屋蓮投手(45票)らとの混戦レースを制した。

【DeNA・東】「今年しか取れない賞なので、率直にうれしいです。シーズンは長いと思ったが、あっという間だった。満足せずに継続できたことが(新人王を獲得した)要因かなと思います」

【楽天・田中】「『明日も試合に出たい』という思いが、いい結果につながったのかなと思います。新人王を取ったことで来年も注目されると思うので、恥じないような活躍をしたい」

情報源:新人王はDeNA・東、楽天・田中が受賞 東は圧倒的票数を集める(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:新人王はDeNA・東、楽天・田中が受賞 東は圧倒的票数を集める/野球/デイリースポーツ online


新人王に選ばれ、記者会見で笑顔を見せるDeNA・東(左)と楽天・田中
新人王に選ばれ、記者会見で笑顔を見せるDeNA・東(左)と楽天・田中

今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰する「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」が27日都内で開かれ、セ・リーグの最優秀新人はDeNAの東克樹投手(22)、パ・リーグは楽天・田中和基外野手(24)がそれぞれ受賞した。DeNAからの新人王は山崎康晃以来3年ぶり。楽天の新人王は則本昂大以来5年ぶりとなる。

東は「このようなたいへん素晴らしい賞に選んでいただき光栄に思う。“東はこの一年で終わったな”と言われることのないようにこれからも頑張りたい。満足することなくさらなる高みを目指して体のメンテナンスとか頑張りたい」と述べた。目標の選手にはヤクルトの左腕・石川を挙げ「小さい身長でも、長いことプロの世界で生きていけるようになりたい」と1メートル70の22歳は“小さな大エース”を目指す。東は立命大から17年のドラフト1位で入団。開幕から先発ローテーションに入り、オールスターゲームにも新人で12球団で唯一出場するなど、シーズン前半から大車輪の活躍を見せた。最終的に公式戦24試合の登板でチームトップの11勝をマーク。防御率2・45は沢村賞の菅野に次ぐリーグ2位の成績を残し、全体294票中290票を集めた。

田中は「このような素晴らしい賞に選んでいただいて大変、光栄。我慢して使っていただいた監督をはじめチームの方々にとても感謝している。来年、また別の形で戻ってきたい」と述べた。続けて「獲れるとは思っていなかったのでとてもうれしく思う。僕の場合は本塁打の数と盗塁の数を評価されたと思うので、もっと増やせるように頑張りたい」とさらなる高みを目指す。田中は立大の出身で、16年のドラフト3位で入団。入団2年目となる今年は、一軍で開幕を迎えるもののすぐさま2軍落ち。池山二軍監督の元でノーステップ打法に取り組み、5月下旬に一軍へ昇格すると一気にブレイクし、走攻守に渡って活躍を見せた。本塁打の打てるスイッチヒッターとしても注目されており、8月1日のオリックス戦では1試合左右両打席本塁打も記録している。最終成績は打率・265、18本塁打、45打点だった。

セ 有効投票数294票(1)東 290票(2)アドゥワ誠(広島)2票(3)京山将弥(DeNA)1票

パ 有効投票数258票(1)田中 112票(2)山本由伸(オリックス)70票(3)加治屋蓮(ソフトB)45票(4)藤岡祐太(ロッテ)17票(5)清宮幸太郎(日本ハム)2票

楽天の田中和基外野手(左)とDeNAの東克樹投手
楽天の田中和基外野手(左)とDeNAの東克樹投手

情報源:新人王喜びの声 DeNA東「長いことプロの世界で」楽天・田中「本塁打と盗塁をもっと」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:新人王喜びの声 DeNA東「長いことプロの世界で」楽天・田中「本塁打と盗塁をもっと」― スポニチ Sponichi Annex 野球


最優秀新人賞に選ばれた東克樹(左)と田中和基(カメラ・矢口 亨)
最優秀新人賞に選ばれた東克樹(左)と田中和基(カメラ・矢口 亨)

◆NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD(27日・グランドプリンスホテル新高輪)

新人王はセ・リーグがDeNA・東克樹投手(22)、パ・リーグは楽天・田中和基外野手(24)が受賞した。

東は昨年のドラフト1位で立命大からDeNAに入団。開幕ローテ入りを射止め、4月12日の巨人戦(東京D)で初勝利を挙げた。6月までに6勝で監督推薦で球宴にも出場。特に巨人戦は5戦5勝(最終的には6戦5勝)をマークするなど、絶対的な強さを誇る「巨人キラー」ぶりも発揮した。チーム唯一の2ケタ勝利となる11勝(5敗)で防御率は2・45。左肘の炎症で辞退はしたが、日米野球の侍ジャパンにも選出された。

田中は16年のドラフト3位で立大から楽天に入団。1年目の昨季は新人王の資格(60打席)を失うギリギリの59打席だったため、今季に資格を残していた。5月下旬から中堅の定位置をつかむと、一気にブレイク。「1番・中堅」に定着して105試合で18本塁打、45打点、21盗塁、2割6分5厘の成績を残した。日米野球の侍ジャパン入りも果たし、楽天の野手では史上初めての新人王となった。

DeNA・東「今年しか取れない賞なので取れて率直にうれしいです。原動力は筒香さんの『お前は考えながら野球をやっている』という一言。その一言がシーズン中ずっと心の中にあったので考えながら野球を出来たと思う」

楽天・田中「正直自分が取れるとは思っていなかったので素直にうれしいです。取れた要因はシーズン中盤までのいい結果だと思う。あしたも試合に出たい、あしたも試合に出たいという気持ちが今シーズン頑張れたかなと思います」

◆東 克樹(あずま・かつき)1995年11月29日、三重・四日市市生まれ。22歳。三重北小1年から「三重クラブ野球少年団」で野球を始め、大池中時代は「四日市トップエースボーイズ」に所属。愛工大名電高では1年夏からベンチ入りし、甲子園に春夏通算3度出場。立命大では2度の無安打無得点を記録。関西学生リーグ通算19勝。170センチ、76キロ。左投左打。年俸1500万円。背番号11。

◆田中 和基(たなか・かずき) 1994年8月8日、福岡市生まれ。24歳。高取小1年から軟式で野球を始め、高取中まで投手。西南学院高では捕手で高校通算18本塁打。立大に進学し、1年夏に外野手転向。2年秋からベンチ入りし、東京六大学通算9本塁打、16盗塁をマークした。17年は51試合で1本塁打2打点、打率1割1分1厘。181センチ、75キロ。右投両打。年俸1300万円。背番号25。

情報源:新人王はセがDeNA・東、パは楽天・田中に決定(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

情報源:新人王はセがDeNA・東、パは楽天・田中に決定 : スポーツ報知


新人王に選ばれ、記者会見で笑顔を見せるDeNA・東(左)と楽天・田中
新人王に選ばれ、記者会見で笑顔を見せるDeNA・東(左)と楽天・田中

今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰する「NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD」が27日都内で開かれ、セ・リーグの最優秀新人はDeNAの東克樹投手(22)、パ・リーグは楽天・田中和基外野手(24)がそれぞれ受賞した。DeNAからの新人王は山崎康晃以来3年ぶり。楽天の新人王は則本昂大以来5年ぶりとなる。

東は立命大から17年のドラフト1位で入団。開幕から先発ローテーションに入り、オールスターゲームにも新人で12球団で唯一出場するなど、シーズン前半から大車輪の活躍を見せた。最終的に公式戦24試合の登板でチームトップの11勝をマーク。防御率2・45は沢村賞の菅野に次ぐリーグ2位の成績を残し、全体294票中290票を集めた。

田中は立大の出身で、16年のドラフト3位で入団。入団2年目となる今年は、一軍で開幕を迎えるもののすぐさま2軍落ち。池山二軍監督の元でノーステップ打法に取り組み、5月下旬に一軍へ昇格すると一気にブレイクし、走攻守に渡って活躍を見せた。本塁打の打てるスイッチヒッターとしても注目されており、8月1日のオリックス戦では1試合左右両打席本塁打も記録している。最終成績は打率・265、18本塁打、45打点だった。

セ 有効投票数294票(1)東 290票(2)アドゥワ誠(広島)2票(3)京山将弥(DeNA)1票

パ 有効投票数258票(1)田中 112票(2)山本由伸(オリックス)70票(3)加治屋蓮(ソフトB)45票(4)藤岡祐太(ロッテ)17票(5)清宮幸太郎(日本ハム)2票

情報源:セの新人王はDeNA・東克樹 パは楽天・田中和基が獲得(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:セの新人王はDeNA・東克樹 パは楽天・田中和基が獲得― スポニチ Sponichi Annex 野球



ほぉ・・・


記事の有効期限: 2019年11月27日 Wednesday 7:24pm