羽生善治竜王、タイトル100期に王手なるか!? 現在対局中/竜王戦七番勝負第3局

羽生善治竜王、タイトル100期に王手なるか!? 現在対局中/竜王戦七番勝負第3局 | AbemaTIMES

羽生竜王の先手、初手は、▲羽生竜王 2六歩、△広瀬八段 8四歩


将棋の第31期竜王戦七番勝負の第3局が11月1日、茨城県鹿嶋市の「鹿島神宮」で始まった。第1、2局と連勝した羽生善治竜王(48)は、この対局に勝てば「七冠独占」「永世七冠」と並ぶ「タイトル通算100期」という大偉業達成に王手をかけることになる。対局は羽生竜王の先手番で始まった。

羽生善治竜王、タイトル100期に王手なるか!? 現在対局中/竜王戦七番勝負第3局
羽生善治竜王、タイトル100期に王手なるか!? 現在対局中/竜王戦七番勝負第3局

1989年に竜王で初のタイトルを獲得した羽生竜王は、昨年からタイトル入りした叡王を除く7つのタイトルすべてで永世称号の資格を手にし、積み重ねたタイトル数は99。あと1つで前人未到の100期に到達する。一方、タイトルを失えば27年ぶりに“無冠”になることでも注目が集まっているが、挑戦者の広瀬章人八段(31)に連勝したことで、100期達成への期待もさらに高まっている。先手番だった第1局は攻守に冴えを見せた羽生竜王は、後手番の第2局で積極的な攻めが功を奏した。2人の対戦成績は羽生竜王の17勝8敗。

対局の持ち時間は各8時間の2日制。

情報源:羽生善治竜王、タイトル100期に王手なるか!? 現在対局中/竜王戦七番勝負第3局(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:羽生善治竜王、タイトル100期に王手なるか!? 現在対局中/竜王戦七番勝負第3局 | AbemaTIMES


羽生善治竜王に広瀬章人八段が挑戦する第31期竜王戦七番勝負は、第3局が11月1・2日(木・金)に茨城県鹿嶋市「鹿島神宮」で行われます。

第1局・第2局は角換わりの将棋を羽生竜王が制し、先勝しています。

羽生竜王は、タイトル通算100期獲得を懸けた防衛戦です。一方の広瀬八段は、初の竜王挑戦です。

両者はこれまでに25回対戦があり、17勝8敗で羽生竜王が勝ち越しています。

両者の本棋戦の対戦成績は以下の通りです。

羽生竜王は第1期より参加、七番勝負登場15回目、タイトル獲得7期、本棋戦の通算成績は153勝85敗(0.643)、広瀬八段は第19期より参加、初の七番勝負登場、本棋戦の通算成績は45勝23敗(0.662)です。

竜王戦七番勝負の模様は、ニコニコ生放送AbemaTV竜王戦中継サイト日本将棋連盟ライブ中継で中継をいたします。ぜひご覧下さい。

また、将棋プレミアム(無料)で動画中継をご覧いただくことができます。あわせてお楽しみください。

情報源:羽生善治竜王が3連勝か、広瀬章人八段が巻き返すか 第31期竜王戦七番勝負第3局|将棋ニュース|日本将棋連盟




防衛に王手なるか・・・