藤井聡太七段、名人戦の舞台初訪問「めざす気持ちある」

へぇ・・・


将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(15)が30日、第76期将棋名人戦七番勝負第5局(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛、亀岳林万松寺協力)が行われている名古屋市中区の万松寺を訪れた。佐藤天彦名人(30)と挑戦者の羽生善治竜王(47)が繰り広げる攻防を、師匠の杉本昌隆七段(49)らと共に見守った。

師匠の杉本昌隆七段(左)らと局面を検討する藤井聡太七段(中央)=2018年5月30日午後、名古屋市中区の万松寺、吉本美奈子撮影
師匠の杉本昌隆七段(左)らと局面を検討する藤井聡太七段(中央)=2018年5月30日午後、名古屋市中区の万松寺、吉本美奈子撮影

愛知県瀬戸市在住の藤井七段は、名古屋市内の高校に通っている。この日は、授業の後に万松寺に駆けつけた。名人戦の対局場に来るのは初めてだ。「地元でタイトル戦が行われるのは特別。来るのを楽しみにしていた」と話す。

名人戦の舞台・万松寺を訪れた藤井七段=芹川慎哉撮影
名人戦の舞台・万松寺を訪れた藤井七段=芹川慎哉撮影

名人戦で挑戦者になるには、五つのクラスがある順位戦で徐々にクラスを上げて、最上位のA級で優勝する必要がある。藤井七段は下から二つ目のC級1組に所属し、今年度はB級2組への昇級を目指す。「名人は将棋界で最も歴史のあるタイトル。そこを目指す気持ちはある。長い道のりだが、頂点を目指して一歩一歩上っていけたら」

師匠の杉本昌隆七段(左)らと局面を検討する藤井聡太七段(中央)=2018年5月30日午後、名古屋市中区の万松寺、吉本美奈子撮影
師匠の杉本昌隆七段(左)らと局面を検討する藤井聡太七段(中央)=2018年5月30日午後、名古屋市中区の万松寺、吉本美奈子撮影

対局室とは別の建物にある「検討室」で、副立会人を務める杉本七段らの研究に参加。「ちょっと羽生竜王が厳しいかな、と思います」。佐藤名人がリードしているとの認識を示した。(村瀬信也)

第5局に勝利した佐藤天彦名人(手前右)と羽生善治竜王(同左)の感想戦を、藤井聡太七段(中央奥)らが見守った=2018年5月30日午後7時5分、名古屋市中区の万松寺、吉本美奈子撮影
第5局に勝利した佐藤天彦名人(手前右)と羽生善治竜王(同左)の感想戦を、藤井聡太七段(中央奥)らが見守った=2018年5月30日午後7時5分、名古屋市中区の万松寺、吉本美奈子撮影

情報源:藤井聡太七段、名人戦の舞台初訪問「めざす気持ちある」(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太七段、名人戦の舞台初訪問「めざす気持ちある」:朝日新聞デジタル


将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(15)が30日、第76期将棋名人戦七番勝負第5局が行われている名古屋市中区の万松寺を訪れた。佐藤天彦名人(30)と挑戦者の羽生善治竜王(47)が繰り広げる攻防を、師匠の杉本昌隆七段(49)らと観戦。名人戦の対局場に来るのは初めてとなる藤井七段が、地元での名人戦開催や「名人」というタイトルへの思いを語った。

情報源:藤井聡太七段、地元での攻防見届ける 名人への思いは:朝日新聞デジタル


第76期名人戦第5局にプライベートで訪れ、杉本昌隆七段(左)らと検討する藤井聡太七段=名古屋市中区の万松寺で2018年5月30日午後5時29分、兵藤公治撮影
第76期名人戦第5局にプライベートで訪れ、杉本昌隆七段(左)らと検討する藤井聡太七段=名古屋市中区の万松寺で2018年5月30日午後5時29分、兵藤公治撮影

◇第5局第2日目 名古屋の万松寺

佐藤天彦名人が羽生善治竜王を降した名人戦第5局の熱戦が繰り広げられた名古屋市中区大須3の万松寺には、愛知県瀬戸市出身の高校生棋士、藤井聡太七段(15)が姿を見せた。

授業を終えたばかりで制服姿の藤井七段は午後5時過ぎ、報道陣が集まる控室を訪問。対局が続く中、一角に用意された「検討コーナー」で、師匠の杉本昌隆七段(49)とともに対局を再現した将棋盤に向き合った。時折笑顔を見せながらリラックスした表情で駒を指し、用意されたカツサンドも口にした。

対局後、佐藤名人と羽生竜王が勝負を振り返る「感想戦」を見学し、激闘を終えた両棋士の様子を真剣な表情で見守っていた。【井口慎太郎】

情報源:<名人戦>あの藤井七段も姿 現名人や永世7冠感想戦も見学(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:名人戦:あの藤井七段も姿 現名人や永世7冠感想戦も見学 – 毎日新聞



ほぉ・・・