藤井聡太六段、高校入学後3連勝 棋王戦本戦出場にあと1勝

藤井聡太六段、高校入学後3連勝 棋王戦本戦出場にあと1勝

133手まで、藤井六段の勝ち。
本戦出場まであと1勝。


将棋の最年少棋士・藤井聡太六段(15)が4月24日、第44期棋王戦予選で大石直嗣七段(28)に勝利し、4月の高校入学後3連勝を果たした。予選8組の決勝に進出し、渡辺明棋王(34)への挑戦権をかけた本戦トーナメント出場まで、あと1勝と迫った。

棋王のタイトルは、6期連続で渡辺棋王が防衛中。予選トーナメント通過者とシード者による本戦トーナメントは、ベスト4以上から「2敗失格制」という独自のシステムで行われ、敗者復活戦がある。挑戦者決定戦は変則2番勝負で、勝者組優勝者は1回勝てば挑戦権を獲得。敗者復活戦優勝者は2連勝が必要となる。

藤井六段は予選8組決勝で、安用寺孝功六段と中村亮介六段の勝者と対戦する。

藤井聡太六段、高校入学後3連勝 棋王戦本戦出場にあと1勝
藤井聡太六段、高校入学後3連勝 棋王戦本戦出場にあと1勝

情報源:藤井聡太六段、高校入学後3連勝 棋王戦本戦出場にあと1勝(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太六段、高校入学後3連勝 棋王戦本戦出場にあと1勝 | AbemaTIMES


将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)六段(15)が24日、大阪市福島区の関西将棋会館での第44期棋王戦(共同通信社主催)の予選で大石直嗣(ただし)七段(28)と対局し、133手で勝った。本戦トーナメント進出にあと1勝と迫った。

大石直嗣七段(右)に勝ち、ホッとしたような笑顔を見せた藤井聡太六段=大阪市福島区の関西将棋会館、佐藤圭司撮影
大石直嗣七段(右)に勝ち、ホッとしたような笑顔を見せた藤井聡太六段=大阪市福島区の関西将棋会館、佐藤圭司撮影

終局後、藤井六段は「序盤は少し模様が良いかなと思っていたが、軽視していた手を指され、急に悪くしてしまった。一手バッタリに近い感じで、そこから相当苦しかった。最後は実戦的に指したのが功を奏した感じです」と話した。大石七段は「(藤井六段が指摘した手のあたりで)少し面白くなったかと思ったが、そこからの指し手がよく分からなかった」と話した。

藤井六段は今年度、3戦3勝と好スタート。日本将棋連盟によると、藤井六段の通算成績は86対局、74勝12敗となった。

棋王戦は、将棋界の8大タイトル戦の一つ。全棋士と女流名人、アマ名人が参加。予選をトーナメントで行い、その通過者8人とシード者で本戦トーナメントを行うなどして、挑戦者を決める。例年2~3月に五番勝負がある。いま進行中の予選は、来年2~3月に渡辺明棋王(34)に五番勝負を挑む棋士を決める本戦トーナメントに進む8人を決める戦いだ。

感想戦で「相当苦しかった」と振り返り、苦しそうな表情も見せた藤井聡太六段=大阪市福島区の関西将棋会館、佐藤圭司撮影
感想戦で「相当苦しかった」と振り返り、苦しそうな表情も見せた藤井聡太六段=大阪市福島区の関西将棋会館、佐藤圭司撮影

藤井六段の次の対局は5月7日、第66期王座戦(日本経済新聞社主催)の挑戦者決定トーナメント。16棋士によるトーナメントの1回戦8局のうちの1局で、東京・将棋会館で屋敷伸之九段(46)と対局する。

また、藤井六段は5月18日、竜王戦の予選にあたるランキング戦5組の船江恒平六段(30)戦に勝てば、規定により七段昇段が決まる。この点について質問すると、「昇段については自分はあまり意識していないです。竜王戦の(ランキング戦で優勝して)本戦を目指して頑張りたいと思っています」と答えた。(佐藤圭司)

情報源:将棋の藤井六段、棋王戦予選で勝利 本戦進出に王手(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:将棋の藤井六段、棋王戦予選で勝利 本戦進出に王手:朝日新聞デジタル


将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太六段(15)が24日、大阪市内の関西将棋会館で指された棋王戦予選で大石直嗣七段(28)に133手で勝利。今月に高校生となってから無敗で、新年度連勝記録を3に伸ばした。

大石とは昨年度に一度対戦した朝日杯将棋オープン予選で勝っている。その後も勝ち進み、佐藤天彦名人、羽生善治竜王らを相次いで撃破。中学生で一般棋戦を制した快挙は記憶に新しい。

中盤、相手の飛車の指し手を軽視してしまって大苦戦となったが持ち味の粘りと終盤力で持ち直して逆転。「最後は実践的に指したのが功を奏した」と終局後は安どしていた。

大石は森信雄七段門下。現在、最も人数の多い一門(弟子11人。故村山聖九段を含む)で、元竜王の糸谷哲朗八段(29)を含めこれまで藤井とは10戦0勝と相性が悪く、初勝利を目指したこの日も及ばなかった。

来月18日には、勝てば七段昇段が決まる船江恒平六段(30)との竜王戦ランキング戦5組準決勝を控えている藤井。「昇段については自分はあまり意識していない。ベスト4まで来ているので頑張りたい」としたが、船江は師匠の井上慶太九段(54)、同門の菅井竜也王位(25)、稲葉陽八段(29)が揃って勝利している“藤井キラー”門下の最後の一人。本人の無関心ぶりを余所に、周囲の注目度はますます高まりそうだ。

次戦は同7日、屋敷伸之九段(46)との王座戦挑戦者決定トーナメント1回戦。

情報源:藤井六段 棋王戦予選で決勝進出!終盤逆転で大石七段下す 高校生になってから無敗(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井六段 棋王戦予選で決勝進出!終盤逆転で大石七段下す 高校生になってから無敗― スポニチ Sponichi Annex 芸能


第44期棋王戦予選で、大石直嗣七段VS藤井聡太六段の対局が4月24日に行われ、藤井六段が133手で大石七段を破り、勝ち進みました。

次戦は、安用寺孝功六段VS中村亮介六段 戦の勝者と対局します。

藤井六段の昨年度成績は61勝12敗。対局数、勝数、勝率、連勝数など各種ランキングで首位を独占。さらに29連勝を上げ、歴代連勝数1位も樹立しています。

また、最年少での七段昇段をかけて竜王戦ランキング戦5組に出場しており、5月18日に行われる船江恒平六段との対局に勝利すれば、規定により七段昇段となります。

本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)

情報源:藤井聡太六段が大石直嗣七段を破り勝ち進む 第44期棋王戦予選|棋戦トピックス|日本将棋連盟





第44期 棋王戦 予選トーナメント 大石直嗣七段 対 藤井聡太六段 | AbemaTV(アベマTV)

藤井聡太六段、高校生活負けなしの3連勝なるか/将棋・棋王戦予選 | AbemaTIMES


あとは竜王戦五組の対船江戦だな。