第三期 「叡王戦」 第1局 高見六段が先勝

76手まで、高見六段の勝ち。
まずは先勝。


第3期叡王戦決勝七番勝負第1局の▲金井恒太六段-△高見泰地六段戦は、19時57分に76手で高見六段の勝ちとなりました。

消費時間は▲金井4時間47分、△高見3時間39分。

第2局は4月28日に福岡県宗像市「宗像大社」で行われます。

情報源:叡王戦中継ブログ : 高見六段先勝


将棋の第3期叡王戦決勝7番勝負第1局は14日、名古屋市で指され、後手の高見泰地六段(24)が76手で金井恒太六段(31)を破り、先勝した。

今期からタイトル戦となった叡王戦は、本戦トーナメントの決勝に進んだ両者のうちの勝者が、「叡王」の称号を得る。高見六段、金井六段ともに初タイトルを目指す。

決勝7番勝負は対局により、持ち時間が異なるのが特色で、第1局は5時間で行われた。第2局は28日、福岡県宗像市で行われる。

情報源:高見六段、金井六段破り先勝 叡王戦第1局/将棋 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)


今回の棋譜



豊島八段によるポイント解説

勝利者インタビュー

対局中に藤井六段と杉本七段が電話出演


第3期叡王戦 決勝七番勝負 第1局 金井恒太六段 vs 高見泰地六段 – 2018/04/14 09:00開始 – ニコニコ生放送

第3期 叡王戦 決勝七番勝負 第1局 金井恒太六段 VS 高見泰地六段


このまま4本とるか?