将棋の神、全力で殴り合った名人戦 作家・柚月裕子さん:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


佐藤天彦名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦する第76期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局が東京都文京区のホテル椿山荘東京で指された。将棋を題材としたミステリー「盤上の向日葵(ひまわり)」を書いた作家の柚月(ゆづき)裕子さんが観戦し、エッセーを寄せた。

対局室は聖域である。世紀の一番を観戦した、第一感だった。

名人戦第1局を観戦する作家の柚月裕子さん。羽生善治竜王の表情を見る=2018年4月11日、東京都文京区の「ホテル椿山荘東京」、迫和義撮影
名人戦第1局を観戦する作家の柚月裕子さん。羽生善治竜王の表情を見る=2018年4月11日、東京都文京区の「ホテル椿山荘東京」、迫和義撮影

11、12の両日、名人戦が料亭「錦水(きんすい)」で行われた。そこにはふたりの荒神がいた。佐藤天彦名人と、挑戦者、羽生善治竜王だ。9時に対局がはじまり、3手ほど進んだところで、報道関係者は部屋を出て、別棟の控室へ戻った。

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です。

情報源:将棋の神、全力で殴り合った名人戦 作家・柚月裕子さん:朝日新聞デジタル


へぇ・・・