立会人の森雞二九段(右)に封じ手を渡す佐藤天彦名人(手前左)。奥は羽生善治竜王=2018年4月11日午後6時40分、東京都文京区のホテル椿山荘東京、迫和義撮影

佐藤名人が38手目を封じる 将棋名人戦第1局1日目

佐藤名人が38手目を封じる。


佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に羽生(はぶ)善治竜王(47)が挑戦している第76期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局は11日午後6時31分、佐藤名人が38手目を封じて1日目を終えた。午前中から激しい展開になり、早くも終盤戦に突入している。

立会人の森雞二九段(右)に封じ手を渡す佐藤天彦名人(手前左)。奥は羽生善治竜王=2018年4月11日午後6時40分、東京都文京区のホテル椿山荘東京、迫和義撮影
立会人の森雞二九段(右)に封じ手を渡す佐藤天彦名人(手前左)。奥は羽生善治竜王=2018年4月11日午後6時40分、東京都文京区のホテル椿山荘東京、迫和義撮影

持ち時間各9時間のうち消費時間は、佐藤名人が4時間5分、羽生挑戦者が4時間2分。12日午前9時に再開し、同日夜までに決着する見込み。(村上耕司)

情報源:佐藤名人が38手目を封じる 将棋名人戦第1局1日目(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:佐藤名人が38手目を封じる 将棋名人戦第1局1日目:朝日新聞デジタル


立会人の森九段(右)へ封じ手を渡す佐藤天彦名人(左)。右奥は挑戦者の羽生善治竜王=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2018年4月11日午後6時40分、梅村直承撮影
立会人の森九段(右)へ封じ手を渡す佐藤天彦名人(左)。右奥は挑戦者の羽生善治竜王=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2018年4月11日午後6時40分、梅村直承撮影

東京都文京区のホテル椿山荘東京で11日始まった佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦する第76期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は午後6時31分、佐藤が38手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち消費時間は羽生4時間2分、佐藤4時間5分。12日午前9時に対局を再開する。

横歩取りの出だしから昼食休憩前に激しい展開になり、午後に入るとさらに乱戦が繰り広げられた。

昼食休憩後の25手目で羽生は2一飛成と踏み込むと、佐藤も角を成り込み、飛車を取られる間に敵陣の金と銀を取り込んだ。羽生も角を捨てて敵陣の守備駒を奪い、両者一歩も引かない攻め合いを演じた。

一歩間違えると形勢を損ないかねない中、羽生が一手一手に慎重に時間を使うと、佐藤も34手目の8四歩に1時間29分長考し、封じ手にも54分を投じた。

解説の大石直嗣(ただし)七段は「あまりにも速いペースで進みましたが、互角の形勢が続いています。2日目は、佐藤名人の攻めに羽生竜王がどうカウンターを返すかが注目です」と話した。【丸山進】

情報源:<名人戦>乱戦、両者譲らず 第1局・1日目(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:名人戦:乱戦、両者譲らず 第1局・1日目 – 毎日新聞



第76期 名人戦七番勝負 第一局 1日目 佐藤天彦名人 対 羽生善治竜王 | AbemaTV(アベマTV)

佐藤名人3連覇か、羽生竜王タイトル100期か 名人戦七番勝負が開幕 ファン予想「羽生奪取」が82%

名人戦の昼食、羽生挑戦者は「定番」ピザ・マルゲリータ:朝日新聞デジタル


ほぉ・・・


「佐藤名人が38手目を封じる 将棋名人戦第1局1日目」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。