師匠の夢、藤井六段の恩返し 「東海地方にタイトルを」:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


将棋界では一般的に、弟子が師匠に公式戦で勝つことを「恩返し」と称する。将棋の中学生棋士、藤井聡太(そうた)六段(15)と師匠の杉本昌隆七段(49)との初の公式戦が3月8日、大阪市福島区の関西将棋会館で指され、千日手(せんにちて)指し直しの末、藤井六段が勝った。藤井六段の「恩返し」は、大きく報道された。

本局は、将棋界に八つあるタイトル戦のうち、「王将戦」(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の一次予選の2回戦。午前10時に始まった対局は、午後1時18分、59手で千日手が成立した。

対局を振り返る藤井聡太六段(右)と杉本昌隆七段=3月8日午後6時48分、大阪市福島区、井手さゆり撮影
対局を振り返る藤井聡太六段(右)と杉本昌隆七段=3月8日午後6時48分、大阪市福島区、井手さゆり撮影

千日手について、日本将棋連盟のホームページをみると、「同一局面が4回現れた時点で『千日手』となり、無勝負とする。(中略)なお、同一局面とは、『盤面・両者の持駒(もちごま)・手番』がすべて同一を意味する」とある。

本局は、30分後の午後1時48分から指し直しとなり、最終的には午後6時20分に111手で終局した。以下、最初の将棋を「千日手局」、次の将棋を「指し直し局」と記すことにする。

まず、注目したいのは、千日手局で先手番だった杉本七段が、初手に2分ほど考えたことだ。

対局開始を待つ藤井聡太六段(左)と杉本昌隆七段。対局が始まっても杉本七段は2分ほど少考した=3月8日午前、大阪市福島区、筋野健太撮影
対局開始を待つ藤井聡太六段(左)と杉本昌隆七段。対局が始まっても杉本七段は2分ほど少考した=3月8日午前、大阪市福島区、筋野健太撮影

事前に杉本七段は「じっくり作戦を練って臨む」と話していた。それでなくとも、平素から序盤巧者として定評がある杉本七段のこと。先手番になった場合と後手番になった場合、両方の作戦を練り上げていたはずで、考慮時間を使わずとも指せるはずだからだ。

終局後、初手に少考した理由を報道陣に尋ねられ、杉本七段は「自分の棋士人生の中でも、おそらく一番注目された対局かな、と思いましたし……。こういう対局が出来ることを棋士として大変うれしく思いました。いろいろな人に感謝の気持ちを持ちながら、いろいろと考えて、数分(経ってしまった)」と答えた。感極まった様子だった。

そして、藤井六段は報道陣から「今の師匠の言葉を聞かれて、ひとこと」と促されて、「師匠には(プロ棋士養成機関の)奨励会時代から本当にたくさん教えていただいて。今日、こうして公式戦という舞台で対局することが出来て、本当に指せることをうれしく思っていますし……。これからも、さらに活躍していかねば、という思いです」と答えている。

最後の言葉からは、「師匠を負かしたからには、師匠の分も頑張りたい」という思いを感じた。

※続きは朝日新聞の有料会員登録が必要

情報源:師匠の夢、藤井六段の恩返し 「東海地方にタイトルを」:朝日新聞デジタル


へぇ・・・