将棋・羽生善治棋聖が連勝 「永世七冠」の偉業にあと2勝!/竜王戦七番勝負

将棋・羽生善治棋聖が連勝 「永世七冠」の偉業にあと2勝!/竜王戦七番勝負

ストレートで行くか?


 第30期竜王戦七番勝負の第2局が10月28、29日、岩手県大船渡市の大船渡市民文化会館で行われ、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)に勝利した。第1局に続く連勝で、七番勝負の成績は2勝0敗に。前人未踏の「永世七冠」達成まで、あと2勝と迫った。

将棋・羽生善治棋聖が連勝 「永世七冠」の偉業にあと2勝!/竜王戦七番勝負

羽生棋聖は今回竜王となれば永世竜王の資格を獲得、8大タイトルのうち今期から加わった叡王を除く7つのタイトルで永世資格を持つ、史上初の「永世七冠」を達成することになる。AbemaTVで解説を務めていた藤井猛九段も「羽生さんはここ最近では一番の将棋」と絶賛する内容での快勝だった。

将棋・羽生善治棋聖が連勝 「永世七冠」の偉業にあと2勝!/竜王戦七番勝負

羽生棋聖と渡辺竜王の対戦成績は計71局を数え、羽生棋聖の37勝、渡辺竜王の34勝。一時は羽生棋聖が劣勢だったが、この日を含めて直近では、羽生棋聖が6連勝となった。竜王戦七番勝負は持ち時間が各8時間の2日制。次戦の第3局は11月4、5日に前橋市の臨江閣で行われる。AbemaTVでは、今回の七番勝負を対局開始から終了まで生中継する。

情報源:将棋・羽生善治棋聖が連勝 「永世七冠」の偉業にあと2勝!/竜王戦七番勝負 | Abema TIMES


将棋界の最高棋戦で、渡辺明竜王(33)に羽生善治棋聖(47)が挑戦する、第30期竜王戦七番勝負第2局(読売新聞社主催)が28日から、岩手県大船渡市の市民文化会館で行われ、29日午後6時22分、羽生棋聖が128手で勝った。

「永世竜王」、「永世七冠」が懸かるシリーズで2連勝とした。

先手の渡辺竜王は手厚く矢倉に囲い、後手の羽生棋聖は雁木がんぎ囲いに構えて仕掛けた。封じ手以降も羽生棋聖は攻勢をとり、控え室のプロ棋士らの予想になかった△7七桂打の絶妙手を放って攻めをつないだ。渡辺竜王は▲7八銀と囲いを再構築して難解な終盤戦に突入したが、竜を巧みに活用した羽生棋聖が徐々にリードを広げて勝ちきった。解説の飯塚祐紀七段は「盤上の駒が全て働く大熱戦で、最後は羽生棋聖の寄せが鋭かった」と話した。

情報源:羽生善治棋聖、第2局も制し2連勝…竜王戦 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


将棋の第30期竜王戦七番勝負第2局が28、29の両日、岩手県大船渡市で行われ、挑戦者で後手の羽生善治棋聖(47)が128手で渡辺明竜王(33)に勝ち、竜王奪取と史上初の「永世七冠」に向け、2連勝とした。

情報源:竜王戦 羽生善治棋聖が2連勝:イザ!



どうなるかな・・・