渡辺明棋王が連勝で7連覇に王手 王将との二冠へ“W王手”に/将棋・棋王戦五番勝負第2局 | AbemaTIMES

119手まで、渡部棋王の勝ち。


将棋の棋王戦五番勝負第2局で、渡辺明棋王(34)と挑戦者の広瀬章人竜王(32)が現在対局中だ。第1局は渡辺棋王が勝利しており、連勝となれば7期連続7度目の棋王位に王手をかける。

渡辺明棋王が連勝で7連覇に王手 王将との二冠へ“W王手”に/将棋・棋王戦五番勝負第2局
渡辺明棋王が連勝で7連覇に王手 王将との二冠へ“W王手”に/将棋・棋王戦五番勝負第2局

 

両者とも今年度はトップ棋士との対局が続く中でも、好成績を残している。渡辺棋王は前日まで31勝8敗、勝率.795で、B級1組では10戦全勝してA級復帰を決めた。久保利明王将(43)に挑戦している王将戦七番勝負でも3連勝。二冠に王手をかけている。広瀬竜王は、昨年末に初の竜王位を獲得したことを筆頭に、全棋士最多の54局、39勝をマーク。順位戦A級でも上位で争い、佐藤天彦名人(31)への挑戦の可能性も残している。

両者の対戦成績は渡辺棋王の10勝、広瀬竜王の10勝と全くの五分。持ち時間は各4時間で先手は渡辺棋王。

情報源:渡辺明棋王、連勝で7連覇王手なるか 広瀬章人竜王が反撃か/将棋・棋王戦五番勝負第2局(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:渡辺明棋王、連勝で7連覇王手なるか 広瀬章人竜王が反撃か/将棋・棋王戦五番勝負第2局 | AbemaTIMES


第44期棋王戦五番勝負第2局、▲渡辺明棋王-△広瀬章人竜王の一戦は、図の局面までで渡辺棋王の勝ちとなりました。終局時刻は18時38分。消費時間は、▲渡辺棋王3時間32分、△広瀬竜王3時間57分。

情報源:棋王戦中継plus : 渡辺棋王が連勝


(終局直後、両対局者は共同通信のインタビューに答える)
(終局直後、両対局者は共同通信のインタビューに答える)

―― 非常に難しい角換わりになりました。どうでしたか。

渡辺 お昼ぐらいまでは、予定でやっていました。そのあと△6七桂から攻め込まれたのは予定ではなかったです。そのあとの分かれは苦しいんじゃないかと思っていました。

―― 全体を振り返ってポイントの局面は。

渡辺 ▲7五歩と突いたところは、まずいんじゃないかと思って指していました。何か後手にうまい手があれば、負けるんだろうなと思っていました。

―― 終盤、難解でしたが、勝ちを意識されたのは。

渡辺 ▲2二竜が詰めろで入ったので。詰めろならいけるかなと。

―― これで7連覇にあと1勝になりました。第3局に向けて。

渡辺 1カ月ぐらい空くので、その間にじっくり作戦を練って臨みたいと思います。

―― 残念な結果になりましたが、作戦はどうでしたか。

広瀬 水面下では研究されている形かなと思っていました。基本的に難しい変化が多いので、やってみないとわからないと感じていました。

―― 中盤までは。

広瀬 △6七桂から攻めが続けば、まずまずかなと思っていました。▲7五歩と突かれたときに、いい対応策があるかどうかが、すべてだったように思います。

―― どのあたりで、形勢を損ねたと思いますか。

広瀬 △8七歩から△5七金はひねった手順だったので。▲同金で余されるのが読み抜けていました。あそこでダメにしてしまいました。

―― シリーズは追い詰められましたが、第3局以降の戦いは。

広瀬 まずは自分自身の調子を何とかしないといけないなと。あとは、もう少し競った将棋を指せるように頑張りたいと思います。

情報源:棋王戦中継plus : 終局直後


渡辺明棋王に広瀬章人竜王が挑戦する第44期棋王戦五番勝負の第2局が2月10日(日)に富山県魚津市「新川文化ホール」で行われ、渡辺棋王が広瀬竜王を119手で破り2勝目をあげました。

渡辺棋王はあと1勝で防衛となり、通算7期目(連続7期)の棋王獲得となります。

第3局は3月10日(日)に新潟県新潟市「新潟グランドホテル」で行われます。

棋王戦五番勝負の模様は、ニコニコ生放送AbemaTV棋王戦中継サイト日本将棋連盟ライブ中継で中継をいたします。

情報源:渡辺明棋王が広瀬章人竜王を破り2勝目、防衛に王手 棋王戦五番勝負第2局|将棋ニュース|日本将棋連盟


渡辺明棋王 vs △広瀬章人竜王(棋譜を見る

119手まで、渡部棋王の勝ち。




次で決まるか、粘るか・・・