将棋・朝日杯本戦が開幕 行方尚史八段が勝ち上がりベスト4入り 菅井竜也七段、久保利明王将に連勝

将棋・朝日杯本戦が開幕 行方尚史八段が勝ち上がりベスト4入り 菅井竜也七段、久保利明王将に連勝 | AbemaTIMES

122手まで、行方尚史八段のの勝ち、ベスト4一番乗り。


2019.01.19 16:02

将棋の朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメントが1月19日に開幕し、愛知県名古屋市「ポートメッセなごや」で1回戦2局、2回戦1局が行われた。実績十分の4人が揃った中、行方尚史八段が1回戦で菅井竜也七段、2回戦で久保利明王将を破り、ベスト4入りを果たした。

午前中の1回戦、菅井七段に106手で勝利した行方八段は、同時に行われた1回戦で屋敷伸之九段を破った久保王将と、サウスポー同士の2回戦に臨み、122手で勝利。1日2勝で、ベスト4入り一番乗りを果たした。なお、行方八段は12回目を迎える同棋戦の第1回優勝者。

同棋戦は持ち時間40分の早指し戦で、昨年は藤井聡太七段(当時五段)が羽生善治九段(当時二冠)、広瀬章人竜王(当時八段)らを下して、一般棋戦の最年少優勝を果たしたことで大きな話題になった。藤井七段は2日目となる20日から登場し、1回戦では稲葉陽八段と対戦する。

情報源:将棋・朝日杯本戦が開幕 行方尚史八段が勝ち上がりベスト4入り 菅井竜也七段、久保利明王将に連勝(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:将棋・朝日杯本戦が開幕 行方尚史八段が勝ち上がりベスト4入り 菅井竜也七段、久保利明王将に連勝 | AbemaTIMES


2019年1月19日16時50分

朝日杯将棋オープン戦本戦2回戦で、行方尚史八段(左)と対局する久保利明王将=2019年1月19日午後2時8分、名古屋市港区、上田潤撮影
朝日杯将棋オープン戦本戦2回戦で、行方尚史八段(左)と対局する久保利明王将=2019年1月19日午後2時8分、名古屋市港区、上田潤撮影

19日に名古屋市港区のポートメッセなごやで開幕した第12回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦で、行方尚史八段(45)が1回戦、2回戦を連勝して4強入りを決めた。対局は公開され、ファンは間近で観戦を楽しんだ。

本戦は、予選を勝ち抜いた8人とシードの8人の計16人がトーナメントで争う。この日は午前の対局で、久保利明王将(43)が屋敷伸之九段(47)に、行方八段が菅井竜也七段(26)に勝利。午後の対局で行方八段が久保王将に勝った。行方八段は第1回の優勝者で、2回目の優勝を目指す。

20日は午前10時から、前回優勝の藤井聡太七段(16)と稲葉陽(あきら)八段(30)、佐藤天彦名人(31)と糸谷哲郎八段(30)が対戦する。勝った2人が、4強進出をかけて午後に戦う。観戦チケットは完売。大盤解説会は当日券がある。朝日新聞デジタル(https://digital.asahi.com/shougi/asahicup_live/)で中継される(有料会員が対象)。(村瀬信也)

情報源:第1回優勝の行方八段が4強進出 将棋・朝日杯(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:第1回優勝の行方八段が4強進出 将棋・朝日杯:朝日新聞デジタル


2019年1月19日19時22分

記録係を務めた石川優太・奨励会三段の豪快な寝癖も話題になった。水でぬらしても直らなかったそうだ。プロ昇段を争う三段リーグでは現在9勝1敗の好成績を挙げている=2019年1月19日午後2時2分、名古屋市港区のポートメッセなごや、村上耕司撮影
記録係を務めた石川優太・奨励会三段の豪快な寝癖も話題になった。水でぬらしても直らなかったそうだ。プロ昇段を争う三段リーグでは現在9勝1敗の好成績を挙げている=2019年1月19日午後2時2分、名古屋市港区のポートメッセなごや、村上耕司撮影

第12回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦2回戦で、行方尚史八段(45)が久保利明王将(43)を122手で破り、第1回大会で優勝して以来11年ぶりにベスト4入りを決めた。久保王将の大駒を封じる堅実な攻めで快勝した。

対局は19日午後2時から名古屋市港区のポートメッセなごやで公開で行われた。久保王将は1回戦で屋敷伸之九段、行方八段は菅井竜也七段に勝って2回戦に駒を進めた。2人はともに1986年に棋士養成機関「奨励会」に入会し、93年にプロ四段に昇段したライバル同士。対戦成績も行方が13勝、久保14勝とほぼ互角だ。ただ直近では久保が3連勝しており、行方がどう対策を立ててくるのか注目された。

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です

情報源:行方八段、堅実な攻めで4強入り 対局前の失敗も帳消し:朝日新聞デジタル


第12回朝日杯将棋オープン戦 本戦トーナメントで、行方尚史八段VS菅井竜也七段の対局が1月19日に行われ、行方八段が106手で菅井七段に勝ちました。

行方八段は同日に久保利明王将と対局し、122手で久保王将に勝ち、準決勝に進出しました。

行方八段のこれまでの本棋戦成績は、本戦トーナメント出場8回、本棋戦の通算成績は23勝10敗(0.697)、第1回の優勝者です。

行方八段VS菅井七段戦の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
行方八段VS菅井七段戦の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
行方八段VS久保王将戦の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
行方八段VS久保王将戦の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)

情報源:行方尚史八段が準決勝進出 朝日杯将棋オープン戦 本戦トーナメント|棋戦トピックス|日本将棋連盟



▲久保利明王将 vs △行方尚史八段(棋譜を見る



藤井七段が勝ち進むと、魂の七番勝負以来の対局か。