デビューから順位戦で17連勝した藤井聡太(撮影・松浦隆司)

藤井聡太七段、順位戦17連勝達成! 門倉啓太五段に勝利 一期抜けへさらに前進/将棋・順位戦C級1組 | AbemaTIMES

88手まで、藤井聡太七段の勝ち、デビュー以来無敗の17連勝。


将棋の順位戦C級1組8回戦で、藤井聡太七段(16)と門倉啓太五段(31)が12月18日に対局し、藤井七段が88手で勝利した。これで藤井七段は、同級で7戦全勝。昨期に続く2期連続での“一期抜け”に向けてさらに前進、昨年から続く順位戦連勝無敗記録を「17」に伸ばした。

史上最年少で100勝を達成した藤井七段にとって一番近い目標が、順位戦での2期連続一期抜け。藤井七段は自身7戦目も、門倉五段を圧倒。残りは3局で、全勝なら文句なしで昇級するため、あと3勝で新たな快挙達成となる。

情報源:藤井聡太七段、順位戦17連勝達成! 門倉啓太五段に勝利 一期抜けへさらに前進/将棋・順位戦C級1組(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、順位戦17連勝達成! 門倉啓太五段に勝利 一期抜けへさらに前進/将棋・順位戦C級1組 | AbemaTIMES


順位戦C級1組で7連勝を飾った藤井聡太
順位戦C級1組で7連勝を飾った藤井聡太

将棋の藤井聡太七段(16)が18日、大阪市内の関西将棋会館で指された順位戦C級1組で、門倉啓太五段(31)に88手で勝利。年内同クラス最終局を無敗の7連勝で締めた。

初手合いの門倉に苦戦を強いられた。持ち味の終盤力でねじ伏せたものの、自陣の王が不安定な形になる場面もあり、「負けてもおかしくない形だった」と冷や汗。それでも連勝を守り、「順位戦のこれから(残している)3局は非常に重みを持ってくる。しっかり気を引き締めていきたい」と2期連続昇級に意欲をみせた。

持ち味の終盤力で前期所属したC級2組は10戦全勝で突破。C級1組から来期B級2組に上がれる上位2人に入るには、今期も10戦全勝あるいはそれに近い成績が必要だ。1敗したら“黄信号”が灯るだけに、来年3月まで続く残りの対局も負けられないところだ。

大阪市内の関西将棋会館で行われた順位戦C級1組で門倉啓太五段(左)と対戦する藤井聡太七段
大阪市内の関西将棋会館で行われた順位戦C級1組で門倉啓太五段(左)と対戦する藤井聡太七段

前期から続く順位戦デビューからの連勝記録も、この白星で単独2位となる17となった。1位は中原誠16世名人(71)の18。順位戦における連勝記録は森内俊之永世名人(48)が持つ26。

通算成績は101勝18敗。次戦は25日、棋聖戦2次予選の2回戦で大石直嗣七段(29)と。

情報源:藤井聡太七段 順位戦全勝キープ7連勝 順位戦連勝も17に伸ばす(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段 順位戦全勝キープ7連勝 順位戦連勝も17に伸ばす― スポニチ Sponichi Annex 芸能


将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)は18日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第77期名人戦順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)C級1組で門倉啓太五段(31)に88手で勝ち、7勝0敗とした。順位戦はデビュー以来負けなしで、歴代単独2位の17連勝とし、中原誠十六世名人(71)が持つ18連勝の記録にあと1勝と迫った。

今期のC級1組は39人が参加。各自10局指し、上位2人がB級2組に昇級する。次戦は1月8日で、藤井は富岡英作八段(54)と対戦する。【新土居仁昌】

情報源:藤井七段がC級1組で7連勝 順位戦デビュー以来負けなし17連勝(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井七段がC級1組で7連勝 順位戦デビュー以来負けなし17連勝 – 毎日新聞


デビューから順位戦で17連勝した藤井聡太(撮影・松浦隆司)
デビューから順位戦で17連勝した藤井聡太(撮影・松浦隆司)

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)が関西将棋会館で行われた第77期順位戦C級1組で門倉啓太五段(31)を下し、無敗の7連勝とした。これで前期から参加の順位戦は17連勝。

同棋戦のデビュー以来の連勝記録で単独2位に浮上し、1位の中原誠16世名人(71=引退)の18連勝にあと1勝に迫った。通算成績は101勝18敗。

終盤の激しい攻め合いを制した藤井は「あまり経験のない形になった。序盤、中盤は確信を持って進めることができずに時間を使ってしまった」と反省し「常に不安定な形だった。最後まで際どかった。負けでもおかしくなかった」と振り返った。

12日に記録ずくめの史上最速の通算100勝を達成したばかり。100勝達成時の勝率8割4分8厘は、中原の8割2分6厘(100勝21敗)を上回った。この日は順位戦での中原の記録に肉薄した。順位戦でのデビュー以来の歴代1位のレジェンドの連勝記録まで1勝にも「記録は意識していません」と淡々と話した。

デビューから順位戦で17連勝した藤井聡太(撮影・松浦隆司)
デビューから順位戦で17連勝した藤井聡太(撮影・松浦隆司)

順位戦は最上位のA級からC級2組までの5クラスに分かれて戦い、A級の優勝者が名人挑戦者となる。1年1期で各組のリーグ戦10回戦を行い、成績によってそれぞれ上位2人が昇級する。「飛び級」はない。

藤井は残り3局をすべて勝てば、B級2組への昇級が見えてくる。大きな目標は、順位戦での2期連続一期抜けとなる。「ここから3局は1局1局が非常に重いものになる。次戦も気を引き締めていきたい」と意気込んだ。

情報源:藤井七段が順位戦17連勝、名人の最多記録にあと1(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井七段が順位戦17連勝、名人の最多記録にあと1 – 社会 : 日刊スポーツ


C級1組順位戦で門倉啓太五段に勝ち、対局を振り返る藤井聡太七段=大阪市の関西将棋会館、佐藤圭司撮影
C級1組順位戦で門倉啓太五段に勝ち、対局を振り返る藤井聡太七段=大阪市の関西将棋会館、佐藤圭司撮影

将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(16)が18日、大阪市の関西将棋会館で指された第77期名人戦・C級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)で、門倉啓太五段(31)に88手で勝った。今期の開幕から7連勝だ。

C級1組順位戦で門倉啓太五段(左)に勝った藤井聡太七段=大阪市の関西将棋会館、佐藤圭司撮影

C級1組順位戦で門倉啓太五段(左)に勝った藤井聡太七段=大阪市の関西将棋会館、佐藤圭司撮影藤井七段はプロデビュー後のC級2組で10連勝してC級1組に昇級。2組と1組を合わせ、順位戦で負けなしの17連勝となった。これは単独2位の記録だ。1位は引退した中原誠十六世名人(71)の18連勝。

感想戦で頭を抱えて笑顔を見せた藤井聡太七段=大阪市の関西将棋会館、佐藤圭司撮影
感想戦で頭を抱えて笑顔を見せた藤井聡太七段=大阪市の関西将棋会館、佐藤圭司撮影

対局は午前10時に始まり、午後10時1分に終局した。先手番の門倉五段の「振(ふ)り飛車(びしゃ)」戦法に、後手番の藤井七段は得意の「居飛車(いびしゃ)」で対抗。門倉五段は激しく攻めたが、藤井七段は巧みに反撃し、勝ちきった。藤井七段は「難しい将棋だった。順位戦は残り3局、ここからの1局1局が非常に重い。次からも気を引き締めて臨めたら」と語った。門倉五段は「少し良いかと思った局面もあったが……。終盤で力負けした感じだ」と話した。

C級1組順位戦で門倉啓太五段(右)に勝った藤井聡太七段=大阪市の関西将棋会館、佐藤圭司撮影
C級1組順位戦で門倉啓太五段(右)に勝った藤井聡太七段=大阪市の関西将棋会館、佐藤圭司撮影

順位戦は、名人戦の予選にあたり、上からA級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組の計5クラスがある。今期C級1組には39人が参加。6月から来年3月まで10局ずつ指し、成績上位2人が一つ上のB級2組に昇級する。昇級を重ね、最上位のA級で優勝すると、名人戦七番勝負の挑戦者になれる。(佐藤圭司)

情報源:藤井聡太七段が開幕7連勝 名人戦・C級1組順位戦(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段が開幕7連勝 名人戦・C級1組順位戦:朝日新聞デジタル


将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(16)が18日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた順位戦C級1組で、先手の門倉啓太五段(31)を88手で下した。通算記録は101勝18敗。

同組での戦績は7勝0敗で、デビュー以来の順位戦連勝記録を「17」とした。来年の始動戦となる1月8日の富岡英作八段(54)戦で、中原誠十六世名人(71)の持つ18連勝の1位タイ記録を狙う。

藤井は終局後「デビューからの連勝はあまり意識していない」と、さらりと流したが、B級2組への昇級枠2を争う同組(39人)で、藤井は31位と下位のため、残り3戦も全勝して、2期連続昇級を決めたいところ。「順位戦はここから一局一局(の勝敗)が重くなるので、気を引き締めて臨みたい」と話した。

情報源:藤井聡太七段がデビュー以来の順位戦17連勝 単独2位でトップ・中原誠十六世名人にあと1勝(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段がデビュー以来の順位戦17連勝 単独2位でトップ・中原誠十六世名人にあと1勝 : スポーツ報知


将棋の最年少プロ、藤井聡太七段は18日、大阪市の関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦C級1組で門倉啓太五段を破り、開幕から無敗の7連勝となった。

情報源:将棋の藤井が7連勝(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:将棋の藤井が7連勝 – 共同通信 | This kiji is


将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は18日、大阪市の関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦のC級1組で門倉啓太五段(31)を破って7連勝とし、連続昇級に向けて前進した。前期から参加の順位戦では、無敗の17連勝となった。

藤井七段は12日に史上最速で公式戦通算100勝(18敗)到達後、最初の対局を白星で飾った。C級1組での残りは3局となり、次回、8連勝を懸けて富岡英作八段(54)と対戦する。各10局を戦う同1組は、上位2人がB級2組へ昇格する。

情報源:藤井七段が7連勝(共同通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井七段が7連勝 将棋の順位戦C級1組 – 共同通信 | This kiji is


第77期C級1組順位戦で、門倉啓太五段VS藤井聡太七段の対局が12月18日に行われ、藤井七段が88手で門倉五段に勝ち、負けなしの7連勝としました。

また、この対局に勝ち、藤井七段は3連勝となりました。

次戦は、藤井七段は富岡英作八段と、門倉五段は千葉幸生七段と対局します。

藤井七段は第76期より本棋戦に参加しており、本棋戦の通算成績は17勝0敗(1.000)です。

本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)

情報源:藤井聡太七段が門倉啓太五段に勝ち7勝0敗に 第77期C級1組順位戦|棋戦トピックス|日本将棋連盟



門倉啓太 五段 vs. 藤井聡太 七段 第77期順位戦C級1組8回戦 – 無料の棋譜サービス 将棋DB2



1月も勝って、2月の直接対決に挑もう。