藤井聡太七段、1日2勝で二次予選進出決定! 通算100勝にもあと3つ/将棋・棋聖戦一次予選

藤井聡太七段、1日2勝で二次予選進出決定! 通算100勝にもあと3つ/将棋・棋聖戦一次予選 | AbemaTIMES

107手まで、藤井七段の勝ち。


将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(16)が10月31日、今泉健司四段(45)に107手で勝利し一次予選を突破、二次予選進出を決めた。午前中に村田顕弘六段(32)に勝利し、1日で2勝。通算成績でも114局で97勝17敗、勝率.851とし、通算100勝まであと3勝と迫った。対局後、藤井七段は「こちらの攻めがつながるかという将棋でした。(去年は一次予選で敗退し)去年より1つ上に進むことができたので、ここから一局でも多く指せるように頑張りたいなと思います」と語った。

藤井聡太七段、1日2勝で二次予選進出決定! 通算100勝にもあと3つ/将棋・棋聖戦一次予選
藤井聡太七段、1日2勝で二次予選進出決定! 通算100勝にもあと3つ/将棋・棋聖戦一次予選

棋聖のタイトルは現在、8大タイトルのうち唯一2つのタイトルを持つ豊島将之二冠(王位、棋聖=28)が保持している。挑戦権を得るには一次、二次予選を勝ち抜き、シード棋士を含む16人による決勝トーナメントを勝ち抜くことが必要となる。藤井七段は二次予選6組の2回戦から登場。大石直嗣七段(29)と対戦する。同組には斎藤慎太郎王座(25)、久保利明王将(43)がいる激戦区になっている。

情報源:藤井聡太七段、1日2勝で二次予選進出決定! 通算100勝にもあと3つ/将棋・棋聖戦一次予選(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太七段、1日2勝で二次予選進出決定! 通算100勝にもあと3つ/将棋・棋聖戦一次予選 | AbemaTIMES


棋聖戦1次予選で今泉健司四段(左)に勝ち、2次予選進出を決めて感想戦を行う藤井聡太七段
棋聖戦1次予選で今泉健司四段(左)に勝ち、2次予選進出を決めて感想戦を行う藤井聡太七段

将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)が31日、大阪・関西将棋会館で棋聖戦1次予選の対局に臨み、村田顕弘六段(32)、今泉健司四段(45)に連勝して2次予選進出を決めた。棋聖戦初参加の昨年は1次予選決勝で敗退しただけに、「去年より一つ上に進むことができた。これからも1局でも多く指せるように頑張りたい」と笑顔を見せた。

今泉とは6月のNHK杯で初対戦し、敗退。再戦で早速雪辱した形だ。銀冠に組んだ今泉に対し、藤井は穴熊。今泉以上の堅陣を敷き、今泉にとっては逆転勝ちの望めない形へ持ち込んだ。

「これ以上やってもみじめ。内容的には完敗で、指す手がなかった」。年齢制限などで2度の棋士養成機関・奨励会退会を経て2014年、史上最年長の41歳でプロ入りした苦労人の闘志をへし折った。

前日30日の王座戦5番勝負で斉藤慎太郎七段(25)が中村太一王座(30)に勝ち、3勝2敗で初タイトルを獲得した。斉藤は奈良市出身。棋界の8冠中、藤井と同じ関西に久保利明王将(43)、豊島将之2冠(28)の計4冠が集うことになり、タイトルホルダーと対局できる機会が増えそうだ。実際、叡王戦では24人の本戦トーナメントの初戦で対局が決まっている。「貴重な機会なので、全力を尽くして戦いたい」と意気込みを語った。藤井は今年度成績を26勝5敗、通算成績を97勝17敗とした。

情報源:藤井聡太、棋聖戦2次予選進出!今泉四段に雪辱の勝利「去年より一つ上に」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太、棋聖戦2次予選進出!今泉四段に雪辱の勝利「去年より一つ上に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能


感想戦を行った今泉健司四段(左)、藤井聡太七段(撮影・松浦隆司)
感想戦を行った今泉健司四段(左)、藤井聡太七段(撮影・松浦隆司)

史上最年少プロ棋士、藤井聡太七段(16)が31日、大阪市の関西将棋会館で指された第90期棋聖戦1次予選決勝で、今泉健司四段(45)を破り、2次予選に進出した。午前中には準決勝で村田顕弘六段(32)を破り、1日2勝を挙げた。通算成績は97勝17敗。通算100勝まであと3勝と迫った。

今泉は14年、プロ編入試験に合格し、戦後最年長の41歳で会社員から転身した異色棋士。藤井は14歳2カ月で史上最年少でプロ入りした。注目の一戦は藤井が持ち前の終盤力で相手を投了に追い込んだ。

熱戦を制した藤井は「こちらの攻めがつながるかどうかという将棋でした。難しい将棋でした」と振り返った。7月に放送された第68回NHK杯トーナメント1回戦で、藤井は今泉に敗れている。2度目の対戦でリベンジした。

対局に臨んだ村田顕弘六段(左)、藤井聡太七段(撮影・松浦隆司)
対局に臨んだ村田顕弘六段(左)、藤井聡太七段(撮影・松浦隆司)

今泉は「内容的には完敗でした。それなりに経験もあったので中盤をもう少しやりたかった。やってもみじめになりそうだった。残念な投了でした」と悔しさをにじませた。

同棋戦では昨年は1次予選で敗退した藤井は「去年より1つ上に進むことができたので、ここから一局でも多く指せるように頑張りたいなと思います」と語った。

豊島将之棋聖(28)への挑戦権を獲得するには、2次予選を勝ち抜き、シード棋士を含む16人による決勝トーナメントを勝ち抜くことが必要となる。

情報源:藤井聡太七段「難しい将棋でした」異色棋士今泉破る(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太七段「難しい将棋でした」異色棋士今泉破る – 社会 : 日刊スポーツ


将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(16)が31日、大阪市福島区の関西将棋会館で、第90期棋聖戦(産経新聞社主催)の一次予選に臨み、午前の準決勝で村田顕弘(あきひろ)六段(32)に101手で、午後の決勝では今泉健司四段(45)に107手で、いずれも勝ち、一次予選を突破した。次の二次予選では大石直嗣(ただし)七段(29)と対局する。

持ち時間は各1時間。午前10時に始まった準決勝は午後0時48分に終局し、決勝は午後2時に始まり、午後4時19分に終局した。

藤井七段は村田顕弘六段とは公式戦初対局だった。

今泉四段は、プロ棋士養成機関「奨励会(しょうれいかい)」に2度在籍したが、プロ入りの夢を果たせず、2014年にプロ編入試験に合格し、戦後最年長の41歳で棋士になった。異色の経歴の持ち主で、会社員や介護の仕事も経験した。藤井七段は今年度の第68回NHK杯テレビ将棋トーナメントで今泉四段に敗れていた(7月15日放送、収録は6月)ため、藤井七段と今泉四段の再戦は注目を集めた。結果は藤井七段が雪辱を果たした。

決勝の終局後、勝った藤井七段は「こちらの攻めがつながるかどうかという将棋で、抑え込まれてしまいそうなところもあって、難しい将棋だったんですけど、馬をつくったあたりから少し指しやすくなったかな、と感じました」「(去年は棋聖戦の一次予選は決勝で敗れたが)去年より一つ上に進むことができたので、ここから一局でも多く指せるように頑張りたいと思います」と話した。今泉四段は「今回は内容的には完敗だったと思います。それなりに経験もあった(戦型だった)ので、やってみようかな、と思ったんですけど。本当は中盤、もうちょっと(対局を)やりたかったんですけど、やっても、ちょっと、みじめになりそうなんで、正直、残念な投了ではあったんですけど」と話した。

藤井七段のデビュー以来の通算成績は114対局、97勝17敗となった。通算100勝達成に、また近づいた。今年度成績は31対局、26勝5敗で、8連勝中だ。

藤井七段の次の対局は11月20日、東京都渋谷区の将棋会館での「第77期名人戦・C級1組順位戦」(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の増田康宏六段(20)戦の予定。11月23日には「叡王戦」で斎藤慎太郎王座(25)と対局する予定だ。藤井七段は「タイトルホルダーと戦うことが出来る貴重な機会なので、全力を尽くして戦いたいと思います」と述べた。

棋聖戦は、将棋界の8大タイトル戦の一つ。全棋士と女流棋士2人が参加。一次予選と二次予選がトーナメントで行われ、二次予選に勝ち上がった勝者とシード棋士の計16人で決勝トーナメントが行われる。決勝トーナメントの優勝者と棋聖が、例年6~8月に五番勝負を行う。現在のタイトル保持者は豊島(とよしま)将之二冠(28)=王位、棋聖。今期の一次予選には109人が参加し、8組に分かれてトーナメントが進行中で、勝ち上がった8人が二次予選に進む。(佐藤圭司)

情報源:藤井七段、棋聖戦の一次予選突破 今泉四段に雪辱果たす:朝日新聞デジタル


第90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選で、藤井聡太七段VS村田顕弘六段の対局が10月31日に行われ、藤井七段が101手で村田六段を破り、勝ち進みました。

また同日に行われた今泉健司四段戦では、107手で今泉四段に勝ち、一次予選突破を決めました。

この対局に勝ち、藤井七段は8連勝となりました。

藤井七段は第89期より本棋戦に参加しており、本棋戦の通算成績は6勝1敗(0.857)です。

藤井聡太七段VS村田顕弘六段戦の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
藤井聡太七段VS村田顕弘六段戦の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
藤井聡太七段VS今泉健司四段戦の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
藤井聡太七段VS今泉健司四段戦の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)

情報源:藤井聡太七段が二次予選進出 第90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選|棋戦トピックス|日本将棋連盟






リベンジ成功。