藤井聡太七段、山崎隆之八段に敗北 デビュー以来2度目の連敗/将棋・王位戦予選

藤井聡太七段、山崎隆之八段に敗北 デビュー以来2度目の連敗/将棋・王位戦予選 | AbemaTIMES

138手まで、山崎八段の勝ち、藤井七段は2度目の連敗。


将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(16)が9月14日、王位戦予選で山崎隆之八段(37)に138手で敗れた。ファンの間では、なぜか振り駒で後手番になるケースが多いことが話題になっていたが、この日は約1カ月ぶりの先手番。前日まで先手番で今年度6戦全勝だったが、先輩実力派棋士の前に初黒星を喫した。前局は菅井竜也王位に敗れ、デビュー以来2度目の連敗となった。

藤井聡太七段、山崎隆之八段に敗北 デビュー以来2度目の連敗/将棋・王位戦予選
藤井聡太七段、山崎隆之八段に敗北 デビュー以来2度目の連敗/将棋・王位戦予選

藤井七段は、前日まで今年度22局のうち先手番が6局、後手番が16局と、不利とされる後手番に大きく偏っていた。この偏りはファンの間では有名で、この日は対局前の振り駒が注目を浴びていた。対局後の藤井七段は「序盤でいくつかこちらが積極的に指す順があったかと思うのですが、それを見送ってしまって、こちらから動きづらい形になってしまいました(連敗は)自分の実力だと思います」と振り返った。

情報源:藤井聡太七段、山崎隆之八段に敗北 デビュー以来2度目の連敗/将棋・王位戦予選(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太七段、山崎隆之八段に敗北 デビュー以来2度目の連敗/将棋・王位戦予選 | AbemaTIMES


大阪市内の関西将棋会館で行われている第60期王位戦予選2回戦で山崎隆之八段(手前)と対戦している藤井聡太七段
大阪市内の関西将棋会館で行われている第60期王位戦予選2回戦で山崎隆之八段(手前)と対戦している藤井聡太七段

将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)が14日、大阪市内の関西将棋会館で指された王位戦の初戦となる予選2回戦で山崎隆之八段(37)に138手で敗れた。

8大タイトル戦での初戦敗退はこれが初めて。終局後は「勝ち続けることはない。今の実力的にもしょうがない。来期、また力を付けて頑張りたい」と口調は淡々。ただ、3日の前局で今年度中にタイトルを獲得する可能性が消え、来年度に目標を切り替えたばかりだけに、気落ちしているのが見て取れた。

後手に比べて有利とされ、16連勝中だった先手番を振り駒で得たが、山崎の積極果敢な攻めに屈した。敗因を「序盤でいくつかこちらが積極的に指す順があったと思うが見送ってしまい、少しずつこちらが(駒を)動かしづらくなってしまった」と分析。今期初、通算2度目の連敗(テレビ棋戦は対局日で計算)も喫してしまった。

藤井の今期の成績は18勝5敗、通算成績は89勝17敗。

情報源:藤井聡太七段 王位戦初戦で山崎隆之八段に敗退…通算2度目の連敗「今の実力的にもしょうがない」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井聡太七段 王位戦初戦で山崎隆之八段に敗退…通算2度目の連敗「今の実力的にもしょうがない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能


大阪市内の関西将棋会館で行われた王位戦予選2回戦で山崎隆之八段(右)に敗れた藤井聡太七段(左)。左から2番目は終局後、対局室を訪れた山崎八段の弟弟子で、同じ森信雄七段一門の糸谷哲郎八段
大阪市内の関西将棋会館で行われた王位戦予選2回戦で山崎隆之八段(右)に敗れた藤井聡太七段(左)。左から2番目は終局後、対局室を訪れた山崎八段の弟弟子で、同じ森信雄七段一門の糸谷哲郎八段

14日に大阪市内の関西将棋会館で指された王位戦予選2回戦で、最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)を破った山崎隆之八段(37)。これまで所属一門の対藤井戦成績が0勝11敗だっただけに「よかったです」と連敗ストッパーになったことを喜んだ。

藤井と言えば史上最多29連勝を思い浮かべる人も多いが、山崎も同4位、21世紀に限れば藤井に次いで2位という22連勝(02~03年度)の記録を持つ実力派だ。ただ、それ以上に注目されたのが森信雄七段(66)の一門所属ということ。

森一門はA級棋士の糸谷哲郎八段(29)を始め、総勢11人の現役棋士を擁する関西の一大勢力。ただ、藤井を苦手としており、これまでことごとく苦杯を喫していた。

かつて藤井がまだプロ棋士養成機関の奨励会にいた時代、同会幹事を担当していた山崎。その将棋を目の当たりにするチャンスがあったが「注目されていたし、興味はあった。でも、逆に見ちゃいけないと思って…」。当時はあえて“研究”することを避けていたという。

実質、プロになってからの2年間の姿しか知らないが故に「急激に強くなってびっくりした。1~2年でそんなに強くなることはあまりないので」。そのため、この日の初手合いを前に「ちょっとでも弱気になると踏み込まれる気がしていた。経験で勝負するしかないと思っていた」ことも明かした。

これまで一門が誰も勝っていなかったことについて終局後、質問が飛ぶと「みんな負けていてくれたので、逆にやりやすかった」。ただ、仲間の存在が背中を押していたようで「何とか出来たら…早いうちに1勝を返したいなあと思っていた」とも語り、安どの表情も浮かべていた。

情報源:山崎隆之八段 所属一門12戦目で藤井聡太七段に初勝利「よかったです」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

情報源:山崎隆之八段 所属一門12戦目で藤井聡太七段に初勝利「よかったです」― スポニチ Sponichi Annex 芸能


第60期王位戦で、山崎隆之八段VS藤井聡太七段の対局が9月14日に行われ、山崎八段が138手で藤井七段を破り、勝ち進みました。

次戦は、久保利明王将VS古森悠太四段戦の勝者と対局します。

山崎八段は第40期より本棋戦に参加しており、本棋戦の対戦成績は67勝32敗(0.677)、挑戦者決定リーグに8回出場しています。

本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)
本対局の投了図(日本将棋連盟ライブ中継より)

情報源:山崎隆之八段が藤井聡太七段を破り勝ち進む 王位戦予選|棋戦トピックス|日本将棋連盟





初戦敗退は初めてか、残念でした。