広島・鈴木、2試合ぶりの2ラン…中日に敗れる

広島7-8中日、中継ぎに課題。


広島対中日 7回、新井貴浩(広島)の1塁内野エラーで出塁の間に、2走の鈴木誠也(広島)が勝ち越しの生還を決める=27日、マツダスタジアム(加藤孝規撮影)
広島対中日 7回、新井貴浩(広島)の1塁内野エラーで出塁の間に、2走の鈴木誠也(広島)が勝ち越しの生還を決める=27日、マツダスタジアム(加藤孝規撮影)

中日が終盤の猛攻で逆転勝ちした。1-5の七回にビシエドの2点適時打と平田の2ランで同点。2点を勝ち越された後の八回もビシエドが3点二塁打を放った。ビシエドは6打点。救援の鈴木博が3勝目。広島は救援陣が崩れた。

情報源:【プロ野球】広7-8中 中日、終盤に逆転 – 産経ニュース


中日8―7広島(セ・リーグ=27日)――広島・鈴木が2試合ぶりとなる6号2ランを放った。

2点リードで迎えた三回、中日・大野雄の真ん中に入ってきた変化球を捉えて左中間スタンドに運んだ。今月5本目となるアーチで4番の役割を果たし「積極的に思いきっていった。良い結果になって良かった」と振り返った。

情報源:広島・鈴木、2試合ぶりの2ラン…中日に敗れる(読売新聞) – Yahoo!ニュース

情報源:広島・鈴木、2試合ぶりの2ラン…中日に敗れる : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)



ふむ・・・