将棋・藤井聡太四段、屋敷九段・松尾八段と強豪2人に連勝!本戦決定/朝日杯二次予選

将棋・藤井聡太四段、屋敷九段・松尾八段と強豪2人に連勝!本戦決定/朝日杯二次予選

100手まで、藤井颯太四段が本選進出。中学生では初。


将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が12月15日、朝日杯将棋オープン戦の二次予選で屋敷伸之九段(45)、松尾歩八段(37)とトップ棋士2人を1日で一気に破り、同棋戦の本戦出場を決めた。

午前中の1回戦で屋敷九段に勝利し、公式戦でA級棋士に初めて勝利すると、続く午後の2回戦でも竜王戦の挑戦者決定戦まで進出したB級1組の強豪、松尾八段を圧倒。いずれも終盤、詰将棋でつちかった終盤力で一気に寄せる快勝だった。

16人による本戦出場を決めたことに、「強敵ぞろいの二次予選を勝ち抜けたので一局一局、全力で戦いたいと思います」とコメント。自身初の棋戦優勝へ望みをつないだ。

藤井四段の成績は、この日で通算63局となり54勝9敗(勝率0.857)。

情報源:将棋・藤井聡太四段、屋敷九段・松尾八段と強豪2人に連勝!本戦決定/朝日杯二次予選 (AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

情報源:将棋・藤井聡太四段、屋敷九段・松尾八段と強豪2人に連勝!本戦決定/朝日杯二次予選 | Abema TIMES


将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が15日、東京都渋谷区の将棋会館であった第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の2次予選に臨み、1回戦で屋敷伸之九段(45)、決勝で松尾歩八段(37)に勝ち、本戦出場を決めた。15歳での本戦出場は史上最年少記録。デビュー以来の通算成績は54勝9敗になった。

屋敷九段は名人挑戦権を争うA級順位戦に所属するトップ棋士。藤井四段は昨年12月のプロデビュー以来、初めてA級棋士から公式戦で白星を挙げた。対局後、藤井四段は「公式戦という舞台でA級の先生に勝てたのはとても自信になりました」と話した。

朝日杯は持ち時間各40分の早指し戦。1次予選、2次予選、本戦とすべてトーナメントで優勝を争う。初参加の藤井四段は1次予選を4連勝で抜け、2次予選に駒を進めていた。

1月に始まる本戦トーナメント(16人出場)では羽生善治竜王(47)らタイトル保持者がシード棋士として登場する。藤井四段は1回戦でシード棋士と対戦する予定。(村上耕司)

情報源:藤井四段が史上最年少で本戦出場 朝日杯将棋オープン戦 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

情報源:藤井四段が史上最年少で本戦出場 朝日杯将棋オープン戦:朝日新聞デジタル



さて、本選はどこまで行けるかな?