藤井四段の活躍で将棋盤の工房大忙し 名古屋 | NHKニュース

ほぉ・・・


藤井四段の活躍で将棋盤の工房大忙し 名古屋

愛知県瀬戸市の中学生のプロ棋士、藤井聡太四段の活躍による将棋人気の高まりを受けて、将棋盤を作る名古屋市内の工房には全国から注文が相次いでいます。

名古屋市西区で100年余り続く「三輪碁盤店」は全国でも数少ない将棋盤や碁盤の専門の工房で、藤井四段の活躍もあって注文が急増しています。

特に人気なのが価格が1万円前後の入門用の将棋盤5種類で、ことし4月ごろから「子どもや孫に習わせたい」と問い合わせや注文が相次ぎ、販売数は例年の2倍以上だということです。

29日も、職人が、1年ほど乾燥させた厚さ4センチほどの木の板をおよそ30センチ四方に裁断し、表面を磨いたあと、黒いうるしをつけた鉄の刃を押しつけるようにして、盤の上に線をつけて仕上げていました。

工房を営む三輪京司さんによりますと、作った将棋盤は藤井四段の師匠の杉本昌隆7段の教室にも納めているということで、藤井四段も指しているのではないかということです。

三輪さんは、「羽生善治三冠が話題になったときも注文が増えましたが、今の藤井さんの人気はそれ以上です。若い将棋ファンが増えるのはうれしく、美しい将棋盤を作っていきたいです」と話しています。

情報源: 藤井四段の活躍で将棋盤の工房大忙し 名古屋 | NHKニュース

ふむ・・・