チーム永瀬が5勝3敗でチーム康光に勝利|第3回AbemaTVトーナメント準決勝

チーム永瀬が5勝3敗でチーム康光に勝利|第3回AbemaTVトーナメント準決勝

チーム永瀬から見て、○○○●●○●○の5勝3敗


チーム永瀬が5勝3敗でチーム康光に勝利|第3回AbemaTVトーナメント準決勝
チーム永瀬が5勝3敗でチーム康光に勝利|第3回AbemaTVトーナメント準決勝

チーム永瀬の振り歩先、歩が4枚でチーム永瀬の先手


第1局 ▲藤井聡太棋聖 vs △佐藤康光九段(ヤフコメ

初手は、▲藤井聡太棋聖 2六歩、△佐藤康光九段 3四歩

7二金打まで、▲藤井聡棋聖 の勝ち


第2局 ▲谷川浩司九段 vs △永瀬拓矢二冠(ヤフコメ

初手は、▲谷川九段 7六歩、△永瀬二冠 3四歩

5六金打まで、△永瀬二冠 の勝ち


第3局 ▲増田康宏六段 vs △森内俊之九段(ヤフコメ

初手は、▲増田康六段 2六歩、△森内九段 8四歩

2一飛打まで、▲増田六段 の勝ち


第4局 ▲佐藤康光九段 vs △永瀬拓矢二冠(ヤフコメ

初手は、▲佐藤康九段 2六歩、△永瀬二冠 8四歩

8二銀成まで、▲佐藤康九段 の勝ち


第5局 ▲藤井聡太棋聖 vs △森内俊之九段(ヤフコメ

初手は、▲藤井聡棋聖 2六歩、△森内九段 8四歩

7六角打まで、△森内九段 の勝ち


第6局 ▲谷川浩司九段 vs △増田康宏六段(ヤフコメ

初手は、▲谷川九段 2六歩、△増田康六段 8四歩

5七金打まで、△増田康六段 の勝ち


第7局 ▲永瀬拓矢二冠 vs △森内俊之九段(ヤフコメ

初手は、▲永瀬二冠 2六歩、△森内九段 8四歩

6八銀打まで、△森内九段 の勝ち


第8局 ▲佐藤康光九段 vs △藤井聡太棋聖(ヤフコメ

初手は、▲佐藤康九段 7六歩、△藤井聡棋聖 8四歩

5二玉まで、△藤井聡棋聖 の勝ち


トーナメント表

チーム永瀬が5勝3敗でチーム康光に勝利|第3回AbemaTVトーナメント準決勝
チーム永瀬が5勝3敗でチーム康光に勝利|第3回AbemaTVトーナメント準決勝

来週(8/15)は総集編

決勝戦は8月22日17時から

情報源:生中継!第3回AbemaTVトーナメント準決勝<チーム永瀬 VS チーム康光> | 【ABEMA】テレビ&ビデオエンターテインメント


2020年8月8日 22時32分

初のTシャツ姿を披露した藤井聡太棋聖(C)AbemaTV,inc
初のTシャツ姿を披露した藤井聡太棋聖(C)AbemaTV,inc

将棋の藤井聡太棋聖(18)は8日、インターネットテレビ局「ABEMA」で生中継された非公式の団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」本戦準決勝に「チーム永瀬」のメンバーとして出場し、チームを決勝に導く1勝を挙げた。

「Abema~」は各5分の持ち時間で、1手指すごとに5秒が加算される変則の「フィッシャールール」で戦われる超早指し棋戦。藤井棋聖はリーダーの永瀬拓矢2冠(27)=叡王、王座=の指名を受け、増田康宏六段(22)との「チーム永瀬」のメンバーとして出場している。

日本将棋連盟会長の佐藤康光九段(50)が率いる「チーム康光」との準決勝。佐藤九段、谷川浩司九段(58)と森内俊之九段(49)という全員が永世称号資格を持つレジェンドチームとの対戦だった。

9局5勝制、1局ごとにチーム内で対局者を決めるシステム。藤井棋聖は1局目で佐藤九段に勝利したが、5局目で森内九段に敗北。4勝3敗と王手が掛かった8局目では、再び佐藤九段と激突して勝利。チームを22日の決勝へと導いた。

局後は「本局に関しては何より結果が大事だと思っていたので勝ててよかったです」とホッとした様子で笑顔を見せていた。

情報源:藤井聡太棋聖、チームを決勝に導く1勝 超早指しの非公式戦「AbemaTVトーナメント」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太棋聖、チームを決勝に導く1勝 超早指しの非公式戦「AbemaTVトーナメント」 : スポーツ報知






チーム永瀬

永瀬拓矢二冠、藤井聡太棋聖、増田康宏六段

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AbemaトーナメントTシャツ チーム永瀬 バナナ
価格:3850円(税込、送料別) (2020/7/5時点)

楽天で購入

 


  


チーム康光

佐藤康光九段、谷川浩司九段、森内俊之九段

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AbemaトーナメントTシャツ チーム康光 レジェンド
価格:3850円(税込、送料別) (2020/7/5時点)

楽天で購入

 


  



永瀬二冠も大変だな、昨日のアベマトナメ、中1日で叡王戦第7局、持ち時間は6時間。救いは東京将棋会館って事くらいだな。