記録的シリーズ、第6局開始 永瀬拓矢叡王 対 豊島将之竜王・名人/将棋・叡王戦七番勝負

永瀬拓矢叡王VS豊島将之竜王・名人 第5期叡王戦七番勝負第6局

第5期 叡王戦 七番勝負 第六局 永瀬拓矢叡王 対 豊島将之竜王・名人
初手は、▲豊島竜王・名人 2六歩、△永矢叡王 8四歩


2020.08.01 14:00

将棋の叡王戦七番勝負第6局が8月1日、午後2時から始まった。永瀬拓矢叡王(王座、27)と豊島将之竜王・名人(30)による今シリーズは千日手1回、持将棋2回、3局連続で200手超など、記録的な戦いになっている。勝敗は永瀬叡王の2勝1敗2持将棋。勝って王手をかけるか、豊島竜王・名人が巻き返しタイに戻すか。

永瀬叡王は2009年10月に四段昇段。叡王が自身初のタイトルで、その後に王座も獲得したことで、豊島竜王・名人、渡辺明二冠(36)とともに、複数冠保持者となった。先日行われた順位戦B級1組の対局で、木村一基王位(47)と千日手指し直しに。公式戦で40回目を数えた。

豊島竜王・名人は2007年4月に四段昇段。2019年度に竜王、名人と相次いで獲得し、史上4人目の「竜王・名人」となった。名人戦七番勝負では渡辺二冠の挑戦を受けている。ビッグタイトル2つを保持するが、直近では5連敗中。タイトル獲得、防衛の大事な時期に再度調子を上げられるか。

両者の過去の対戦成績は10回あり、永瀬叡王の5勝3敗2持将棋1千日手。本局の持ち時間は各3時間で、先手は豊島竜王・名人。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

情報源:記録的シリーズ、第6局開始 永瀬拓矢叡王 対 豊島将之竜王・名人/将棋・叡王戦七番勝負(ABEMA TIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:記録的シリーズ、第6局開始 永瀬拓矢叡王 対 豊島将之竜王・名人/将棋・叡王戦七番勝負 | ABEMA TIMES


対局開始、続き

(対局開始の一礼)

(2手目△8四歩)

(3手目▲7六歩までの局面)

その後もよどむことなく局面は進んでいきました。

情報源:叡王戦中継ブログ : 対局開始、続き


永瀬拓矢叡王に豊島将之竜王・名人が挑戦する第5期叡王戦七番勝負第6局が、8月1日(土)に、大阪府大阪市「関西将棋会館」にて行われます。

第5局は、永瀬叡王が制し、現在、永瀬叡王の2勝1敗2持将棋です。

永瀬叡王VS豊島竜王・名人は、過去10回対戦し、永瀬叡王の5勝3敗2持将棋1千日手です。

叡王戦は2局毎に持ち時間が変わり行われ、第6局は第5局に続いて、持ち時間3時間です。

第5期叡王戦七番勝負の模様は、ニコニコ生放送ABEMA叡王戦中継サイト日本将棋連盟ライブ中継にてご覧いただけます。

関連記事

いよいよ開幕。永瀬叡王VS豊島竜王・名人による第5期叡王戦七番勝負の展望は?

情報源:永瀬拓矢叡王VS豊島将之竜王・名人 第5期叡王戦七番勝負第6局|将棋ニュース|日本将棋連盟



豊島将之竜王・名人 vs △永瀬拓矢叡王(棋譜を見る

初手は、▲豊島竜王・名人 2六歩、△永矢叡王 8四歩


 



どちらが勝つかな・・・