藤井聡太棋聖、順位戦は今期も“無双状態”無傷の3連勝 通算でも32勝1敗/将棋・順位戦B級2組

藤井聡太棋聖、順位戦は今期も“無双状態”無傷の3連勝 通算でも32勝1敗/将棋・順位戦B級2組 | ABEMA TIMES

103手 7三角成まで、▲藤井聡棋聖 の勝ち


2020.07.29 19:30

将棋の最年少棋士・藤井聡太棋聖(18)が7月29日、順位戦B級2組3回戦で鈴木大介九段(46)に勝利した。同級には今期から参加したが、これで無傷の3連勝。最年少名人獲得記録に夢をつなげる1期抜けへ、また一歩前に進んだ。

藤井棋聖の先手番で始まった対局は、藤井棋聖が居飛車穴熊、鈴木九段が四間飛車の出だしに。中盤以降、少しずつ差を広げると、危ないところもないまま終盤に突入。しぶとい受けや穴熊攻略に定評がある相手に対して、一直線で勝ち切った。1回戦で若手実力者・佐々木勇気七段(25)、2回戦では受けに定評があるA級経験者・橋本崇載八段(37)に快勝していたが、前日までに31勝1敗と文句なしの成績を残している順位戦で、またも白星を積み重ねた。対局後は「穴熊にするのは予定でした。こちらの仕掛けがどうか、成否が際どいところだと思っていました。(順位戦3連勝は)いい星取りでここまで来られているので、昇級を目指して頑張りたいと思います」と快勝譜を振り返っていた。

16日に最年少でタイトルを獲得した藤井棋聖だが、将棋界で最も歴史あるタイトル・名人を獲得するのは茨の道だ。次回対戦する谷川浩司九段(58)が持つ21歳2カ月の最年少名人記録を更新するためには、今期B級2組、さらに来期のB級1組での1期抜けが必要。参加人数が多いB級2組では10戦全勝相当で上位3人、総当たりとなるB級1組では、タイトル保持者・経験者が多数いる通称“鬼の棲家”で上位2人に入らなくてはならない。さらに記録更新には、A級(総当たり)で挑戦権を獲得、七番勝負を制する必要がある。今期も含めて3年がかりの最年少名人への挑戦だが、1敗でもすれば途端に黄色信号が灯るシビアな条件だ。

8月4、5日には王位戦七番勝負の第3局に登場する藤井棋聖。初タイトルで日本中を大いに沸かせたが、本格的な「藤井時代」を築くためにも、二冠、三冠、さらにはその先と、負けられない戦いはまだまだ続いていく。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

情報源:藤井聡太棋聖、順位戦は今期も“無双状態”無傷の3連勝 通算でも32勝1敗/将棋・順位戦B級2組(ABEMA TIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太棋聖、順位戦は今期も“無双状態”無傷の3連勝 通算でも32勝1敗/将棋・順位戦B級2組 | ABEMA TIMES


2020年7月29日 19時41分

史上最年少タイトルを獲得した将棋の藤井聡太棋聖(18)が29日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第79期順位戦B級2組の対局で鈴木大介九段(46)に先手の103手で勝ち、18歳初勝利(未放送のテレビ棋戦を除く)を挙げた。

今期3勝0敗の藤井棋聖は、順位戦通算成績が驚異の32勝1敗(勝率・970)に。局後は「序盤としてはいい星取りでここまで来られているので、昇級を目指して頑張りたいです」と語った。

情報源:藤井聡太棋聖が18歳初勝利 順位戦通算成績は驚異の32勝1敗に(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太棋聖が18歳初勝利 順位戦通算成績は驚異の32勝1敗に : スポーツ報知


2020年7月29日19時53分

将棋の藤井聡太棋聖が29日、18歳になっての初勝利を果たした。

東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた第79期順位戦B級2組3回戦で午後7時25分、103手で鈴木大介九段(46)を下した。午後6時40分の夕食休憩後から一気に仕掛けて、押し切った。「判断が難しかったが、自陣を手厚くして良くなった」と振り返る。これで今期は3連勝。「序盤としてはいい星」と満足そうだった。

今月19日に誕生日を迎えた直後の24日、第33期竜王戦決勝トーナメントで丸山忠久九段(49)に千日手指し直しの末、敗れた。気を取り直して臨み、快勝した。B級1組へ上がれるのは3人。「昇級目指して頑張りたい」と張り切る。

来月4~5日には、木村一基王位(47)に挑戦者として連勝中の第61期王位戦7番勝負第3局(神戸市)が控える。「18歳1勝」で弾みがついたはずだ。

情報源:藤井聡太棋聖、18歳初勝利&3連勝「昇級目指す」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太棋聖、18歳初勝利&3連勝「昇級目指す」 – 社会 : 日刊スポーツ


2020年7月29日 23時43分

将棋の藤井聡太棋聖(18)が29日、東京都渋谷区の将棋会館で第79期将棋名人戦・B級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の3回戦に臨み、鈴木大介九段(46)に103手で勝った。藤井棋聖は開幕3連勝となった。

鈴木九段の作戦は四間(しけん)飛車。居飛車(いびしゃ)穴熊で対抗した藤井棋聖はうまく戦機をつかんで優位に立ち、押し切った。「仕掛けの成否が際どかった。いい星取りでここまで来られている。昇級を目指して頑張りたい」と話した。

鈴木九段は竜王戦と棋聖戦で挑戦者になった実績があり、名人挑戦権を争うA級順位戦にも在籍経験がある。趣味のマージャンで、プロも参加する大会で優勝した経験を持つなど、勝負師タイプの棋士として知られるが、この日は力が発揮できなかった。「藤井さんと当たるのを楽しみにしていたが、内容が悪くて残念。一気に仕掛けられて、踏みとどまれなかった」と話した。

順位戦はA級を始めとして五つのクラスがある。真ん中のB級2組には今期25人が参加し、成績上位3人がB級1組に昇級する。(村瀬信也)

情報源:藤井棋聖が開幕3連勝「いい星取りで」 B級2組順位戦(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井棋聖が開幕3連勝「いい星取りで」 B級2組順位戦:朝日新聞デジタル


2020年7月30日 05:30

順位戦B級2組で鈴木大介九段を破り、対局を振り返る藤井棋聖(日本将棋連盟提供)
順位戦B級2組で鈴木大介九段を破り、対局を振り返る藤井棋聖(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太棋聖(18)は29日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた順位戦B級2組3回戦で鈴木大介九段(46)を下し、開幕3連勝を飾った。

珍しく半袖のワイシャツ姿。途中からはネクタイを外すなど「クールビズ新手」を次々と披露した藤井の終局は午後7時25分だった。早見え早指しの鈴木が相手とはいえ、6時間持ちの対局では大勝を意味する。「穴熊は予定通りでしたが、その後のこちらの仕掛けがどうだったか。成否は際どいと思っていました」と話す藤井に対し鈴木は「途中で軽視した手があり、そこからチャンスが来なかった」と完敗を認めるばかり。今期の順位戦無傷の序盤には「いい星でここまで来られた。昇級目指し頑張りたい」と藤井。通算では32勝1敗と、名人への道を猛進中だ。

次戦は木村一基王位(47)に2勝0敗とリードしている8月4、5日の王位戦7番勝負第3局(神戸市)でダブルタイトルへ王手をかけるか注目だ。2日には塚田泰明九段(55)と対戦したNHK杯が放映される。

情報源:藤井棋聖 “クール”に開幕3連勝 珍しい半袖&ノーネクタイ 順位戦B級2組3回戦 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井棋聖 “クール”に開幕3連勝 珍しい半袖&ノーネクタイ 順位戦B級2組3回戦 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2020.7.30 05:02

将棋の最年少タイトルを獲得した高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)は29日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第79期順位戦B級2組3回戦で、初対決の鈴木大介九段(46)を103手で下した。19日に誕生日を迎え、18歳として初の勝利をあげた。

穴熊攻略に定評がある鈴木九段に対し、先手の藤井棋聖は居飛車穴熊の陣形で挑んだ。相手は早指しの名手だったが、しっかりと時間を使って対抗した。中盤から徐々にリードを奪い、最終盤は「一気に仕掛けられ、踏みとどめられなかった」(鈴木九段)ほどの圧勝。藤井棋聖は「こちらの仕掛けがどうか、成否がきわどいと思っていた」と振り返った。

順位戦B級2組ではこれで3戦全勝。10戦全勝でのB級1組昇級が期待される。「いい星取りでここまで来ているので、昇級を目指して頑張りたい」。4回戦では9月9日に谷川浩司九段(58)と対局する。

来月4~5日には、木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負第3局が控える。2勝を挙げている藤井棋聖は、勝てば2つ目のタイトル獲得に王手をかける。

情報源:藤井棋聖、18歳初勝利 順位戦B級2組3回戦で鈴木九段に圧勝/将棋(サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井棋聖、18歳初勝利 順位戦B級2組3回戦で鈴木九段に圧勝/将棋 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)


2020.07.30

振り飛車の名手、鈴木大介九段の四間飛車相手に完勝

第79期順位戦B級2組(主催:毎日新聞社・朝日新聞社)の3回戦、▲藤井聡太棋聖-△鈴木大介九段戦が7月29日に東京・将棋会館で行われました。2連勝と好調なスタートを切った両者の対決は、藤井棋聖の勝利となりました。

振り飛車の名手である、鈴木九段の戦型選択は四間飛車でした。藤井棋聖は四間飛車に対する最もポピュラーな対策である、居飛車穴熊で応戦します。

藤井棋聖が振り飛車相手に穴熊に囲った際の勝率は、何と驚異の100%。デビュー以来14局戦って負けなしです。羽生善治九段も居飛車穴熊勝率の高さが知られています。居飛車穴熊は振り飛車の天敵。強い人がそれを使うとまさに鬼に金棒なのでしょう。

本局は鈴木九段が銀冠に囲った後、3二の銀を前線に繰り出そうと△4三銀と指しました。次に△5四銀や△4四銀まで進めば一人前の形ですが、この△4三銀のタイミングは飛車先が止まってしまい、中途半端なかっこうです。この隙を藤井棋聖は見逃しませんでした。

藤井棋聖は飛車先の歩を突き捨ててから、角道を開けて角交換を挑みます。△7七角成と鈴木九段が角を交換してきたのに対し、藤井棋聖は▲7七同桂と対応。桂を跳ねてしまうと穴熊が薄くなってしまうため、指しにくさはあります。しかし、指しにくさなどという曖昧な概念で指し手を選ばないのが藤井棋聖です。読みを入れて、これで指せるとみているのでしょう。

実際、優勢になったのは藤井棋聖でした。飛車の成り込みが約束され、攻めの手に困らなくなりました。鈴木九段も角打ちから穴熊の桂頭を狙って攻めていきますが、藤井棋聖はその攻めを逆用。7筋にどんどん駒を打ち込んでいき、相手の銀冠を薄くしていきます。

鈴木九段は馬を引き付けて必死の抗戦を続けましたが、藤井棋聖の攻めが途切れることはありませんでした。最後は即詰みに打ち取って、103手で藤井棋聖の勝利。自玉に王手すらかからないばかりか、鈴木九段に攻めの手をほとんど指させないほどの完勝でした。藤井棋聖相手に飛車を振ってはいけないのか!? とすら思わさせられます。

この勝利で藤井棋聖は今期3連勝。連続昇級へまた一歩前進です。また、順位戦のトータル成績は32勝1敗。順位戦成績はすでに何度か藤井棋聖の戦績を語る上で紹介していますが、勝ち数が積み上がっていくだけで負けが一向に増えません。勝率は9割6分9厘から9割7分0厘に上昇しました。

穴熊で鈴木九段の四間飛車を圧倒した藤井棋聖(提供:日本将棋連盟)
穴熊で鈴木九段の四間飛車を圧倒した藤井棋聖(提供:日本将棋連盟)

穴熊で鈴木九段の四間飛車を圧倒した藤井棋聖(提供:日本将棋連盟)

情報源:藤井聡太棋聖が順位戦B級2組3連勝! 強すぎる藤井穴熊、組めば必勝!?(マイナビニュース) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太棋聖が順位戦B級2組3連勝! 強すぎる藤井穴熊、組めば必勝!?|将棋情報局


第79期B級2組順位戦、7月29日(水)は、藤井聡太棋聖VS鈴木大介九段 戦が、東京・将棋会館にて行われ、藤井棋聖が103手で鈴木九段に勝ちました。

藤井棋聖は、今期のB級2組順位戦を3勝0敗としました。
鈴木九段は、今期のB級2組順位戦を2勝1敗としました。

◆第79期順位戦B級2組 対戦表

情報源:藤井聡太棋聖が鈴木大介九段に勝ち3連勝 第79期B級2組順位戦|棋戦トピックス|日本将棋連盟





藤井聡太棋聖 vs △鈴木大介九段(棋譜DB

103手 7三角成まで、▲藤井聡棋聖 の勝ち




 



これで暫定トップ、このまま1期抜けなるか?
次戦は谷川浩司九段。