杉本昌隆八段

藤井棋聖の師匠杉本八段 棋聖戦に意欲「来年ね、藤井棋聖に挑戦したい」

いままでの実績を考えると、挑戦者決定戦で負けそう。


杉本昌隆八段
杉本昌隆八段

史上最年少のタイトルホルダーとなった将棋の藤井聡太棋聖(17)の師匠・杉本昌隆八段が17日、日本テレビ系の生番組「ミヤネ屋」に出演し、藤井棋聖への挑戦に意欲を見せた。

前日16日にまな弟子が快挙を達成した瞬間は「ホントによくやってくれたなと思いましたね」と喜んだという杉本八段。「これから私も藤井七段の師匠じゃなくて藤井棋聖の師匠と呼ばれるんだなと思うと、棋聖というサインも練習した方がいいかな」とジョークも飛び出した。

今後は棋聖と八段という立場になるが、司会の宮根誠司キャスターに「対局される時はあるんですけど、どっちが上座に座るんですか」と質問されると「次の対局から、私は胸を張って下座に座ります」と笑わせ、「タイトルホルダーですから、将棋界の顔です。これからほとんどの棋士は藤井七段の下座に座ります」と説明。

宮根から藤井棋聖への挑戦を期待されると「私も棋聖戦を頑張るという目標ができたので、来年ね、藤井棋聖に挑戦したいです。それまでが大変ですけれども、もしそうなったら死ぬ気で戦います」ときっぱり。「藤井くんと呼ぶんですか?棋聖ですか?」と聞かれると「棋聖」と答えていた。

また、勉強会で交流があった同郷の豊島将之二冠が19歳の頃、藤井棋聖を弟子に取らないかと杉本八段が提案したことがあったといい、「今にして思うと、断ってもらってホントに良かったなと思ってますね」と、率直に語っていた。

情報源:藤井棋聖の師匠杉本八段 棋聖戦に意欲「来年ね、藤井棋聖に挑戦したい」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井棋聖の師匠杉本八段 棋聖戦に意欲「来年ね、藤井棋聖に挑戦したい」/芸能/デイリースポーツ online


2020年7月17日 15:43

将棋の杉本昌隆八段(51)が17日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に東京都内から中継で生出演。弟子の藤井聡太新棋聖(17)が史上最年少でタイトルを獲得した喜びをあらためて語った。

渡辺明二冠(36)との熱戦から一夜明け、「本当によくやってくれたなと思いましたね」と第一声。

「これから私も藤井七段の師匠ではなくて、藤井棋聖の師匠と呼ばれるのかなと思うと、ちょっと“棋聖”というサインも練習しておかないといけないですね」と笑みを広げた。

「次の対局から私は胸を張って下座に。タイトルホルダーですから。将棋界の顔です。ほとんどの棋士は(下座で)藤井棋聖が上座です」と話した。

情報源:藤井新棋聖誕生から一夜明け、師匠・杉本八段「次の対局から私は胸を張って下座に」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井新棋聖誕生から一夜明け、師匠・杉本八段「次の対局から私は胸を張って下座に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2020年7月17日 15:55

将棋の杉本昌隆八段(51)が17日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に東京都内から中継で生出演。弟子の藤井聡太新棋聖(17)が史上最年少で獲得したタイトルに挑む考えを表明した。

「私も棋聖戦を頑張るという目標ができたので来年、藤井棋聖に挑戦したいです」と宣言。

挑戦権を得るまでの「それまでが大変ですけども」と断ったうえで、師弟対決について「そうなったら本当に死ぬ気で戦います」と笑顔で断言した。

弟子でも、これからは「棋聖」と呼ぶという。

情報源:藤井新棋聖に挑戦状 師匠・杉本八段「私も棋聖戦を頑張るという目標ができた。来年挑戦したいです」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井新棋聖に挑戦状 師匠・杉本八段「私も棋聖戦を頑張るという目標ができた。来年挑戦したいです」― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2020年7月17日 16:30

将棋の杉本昌隆八段(51)が17日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に東京都内から中継で生出演。史上最年少でタイトルを獲得した藤井聡太新棋聖(17)の弟子入り秘話を明かした。

実は当初、同じ愛知県出身の豊島将之二冠(30)への弟子入りを進めていたという。「彼が19歳くらいの頃ですかね、一緒に勉強会を開いていたことがありまして。“藤井少年という凄い強い子がいるんだけど”、と。天才は天才を知るではないですけど、豊島さんだったら藤井少年のことが分かるんではないかと思って“弟子に興味ない?”って感じで声をかけました」と説明。

「今にして思うと断ってもらって本当に良かったな」と苦笑した。

藤井新棋聖が弟子入りした直後の小学4年生ごろのツーショット写真を披露。「私自身が自分の師匠との写真が全くなくて後々苦労したので。将来こういう写真は絶対必要になるから撮っておいて下さい」と藤井新棋聖の母親に撮影してもらったという。

藤井新棋聖の師匠として入門希望者は約3倍に急増。一門には「掟」があり、(1)18歳までに初段、(2)20歳までに三段リーグ、(3)学業・進学との両立、(4)月謝は取らない…の4点。

「月謝はお互いのために良くなくって。月謝を取ってしまうと、教えると教わるの関係が決まってしまう。月謝をもらった方は教えようとしますし、月謝を払っている方は何かを教わろうとしてしまう。そうではなくて自分で学んでいかなければいけないので」と力説した。

その分、師匠として「辛い」面もあり、食事は杉本八段が払っている。司会の宮根誠司キャスター(57)から「お弟子さんには一生変わりないんですけども、棋聖になっても杉本八段がご馳走しなければいけない?」と問われると、「これはちょっと考えますね。彼にずっと言おうか言うまいか迷っていることがあって。(今は)割り勘なんですけど…」と笑いを誘った。

情報源:藤井新棋聖に師匠・杉本八段が「ずっと言おうか言うまいか迷っていること」 一門の掟をめぐり(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井新棋聖に師匠・杉本八段が「ずっと言おうか言うまいか迷っていること」 一門の掟をめぐり― スポニチ Sponichi Annex 芸能



投了までの10分間


記者会見

産経新聞・朝日新聞・THE PAGE

ニコ生(コメント付き)

ニコ生(コメントなし)


インタビューと感想戦


一夜明けて「探求」と揮毫する藤井聡太棋聖

一夜明けての記者会見


渡辺明棋聖  vs △藤井聡太七段(棋譜DB棋譜を見る

110手 4一桂打まで、△藤井聡七段 の勝ち

棋聖奪取成功、藤井聡太棋聖 誕生



 



2001年度の「第20回朝日オープン将棋選手権」で準優勝
相手は堀口一史座五段(当時)

2008年度の「第67期順位戦B級1組」で8勝4敗で3名が並ぶも頭ハネでA級ならず。
1位は高橋道雄九段、2位は井上慶太八段(当時)