日本将棋連盟

将棋タイトル戦「第5期叡王戦」七番勝負の開幕延期が決定

仕方ないね・・・


株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏野剛)および公益社団法人 日本将棋連盟は、4月7日に政府より発令された緊急事態宣言を受け、両社が主催する棋戦「第5期叡王戦」七番勝負の開幕を延期することを決定いたしました。

第5期叡王戦七番勝負では、挑戦者の豊島将之竜王・名人とタイトルホルダーの永瀬拓矢叡王が、第1局を4月12日(日)に山形県天童市「ほほえみの宿 滝の湯」で行う予定でしたが、今回の発令を受けて開催日は延期、そして会場は未定となりました。また、5月4日(月祝)に愛知県名古屋市「亀岳林 万松寺」で行う予定だった第2局は、開催日および会場が未定となりました。第3局以降につきましても、対局棋士、出演者および関係者の健康確保を第一に考え、今後の状況を鑑みて開催を検討してまいります。延期後の日程、詳細につきましては、決まり次第お知らせいたします。
何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。

情報源:将棋タイトル戦「第5期叡王戦」七番勝負の開幕延期が決定|将棋ニュース|日本将棋連盟


2020年4月9日 18:59

日本将棋連盟は9日、山形県天童市で12日に開幕予定だった叡王戦7番勝負の開催を延期すると発表した。5月4日予定の第2局(愛知県名古屋市)も延期する。いずれも代替局の日時・会場は未定。5月16日に新潟県三条市で予定されている第3、4局については今後の状況を見て開催を検討する。

叡王戦は将棋8タイトルの一つで、今期のカードは永瀬拓矢叡王(27)=王座との2冠=―豊島将之竜王・名人(29)。日本将棋連盟は政府の緊急事態宣言を受け、タイトル戦に限らず棋士の長距離移動を伴う公式戦を5月7日以降に延期すると決定している。8日開幕予定の名人戦(豊島名人―渡辺明3冠)も5月19日以降に延期したばかりだった。

情報源:将棋 12日開幕予定の叡王戦7番勝負を延期、代替局も未定(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:将棋 12日開幕予定の叡王戦7番勝負を延期、代替局も未定― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2020年4月13日 16時30分

永瀬拓矢叡王に豊島将之名人・竜王が挑戦する第5期叡王戦七番勝負について日本将棋連盟は、12日に山形県天童市で予定していた第1局と5月4日の名古屋市での第2局を延期した。新型コロナウイルスに関する政府の緊急事態宣言を受けての決定。第3局以降を含め、延期後の日程・場所は決まり次第、公表する。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響では、西山朋佳女王に加藤桃子女流三段が挑む第13期マイナビ女子オープン五番勝負も、今月16日の第2局の対局場を甲府市から東京・将棋会館に変更する。7日に神奈川県秦野市で行われた第1局は加藤が制した。里見香奈女流王位に加藤が挑戦する第31期女流王位戦五番勝負は、3日に予定されていた第1局が中止されている。

18日に予定されていた奨励会三段リーグの開幕と、7日から5月6日の間の奨励会の例会も延期。臨時休館中の東京と大阪の将棋会館道場と売店の休業期間も5月6日まで延長する。(村上耕司)

情報源:叡王戦の開幕も延期 将棋:朝日新聞デジタル




 



だめだったか・・・