藤井聡太七段、史上初「3年連続勝率8割以上」の快挙達成 敗色濃厚から大逆転勝利/将棋・王位戦挑決リーグ

藤井聡太七段、史上初「3年連続勝率8割以上」の快挙達成|第61期王位戦挑戦者決定リーグ

129手 6二金打まで、▲藤井聡七段 の勝ち


将棋の藤井聡太七段(17)が3月24日、王位戦挑戦者決定リーグ白組で稲葉陽八段(31)を129手で下した。これにより藤井七段は2017年度から3年連続で、勝率8割以上が確定。年間表彰「将棋大賞」の制定以降、史上初の快挙を達成した。

藤井七段の記録リストに、新たな項目が追加された。実質的なデビュー年度となった2017年度は.8356、続く2018年度に.8491と、どちらも年度最高勝率に迫る快進撃を続けてきたが、2019年度はさらに上位の棋士との対局も増え、勝率を下げた時期もあった。それでも順位戦C級1組の全勝昇級をはじめ、王位戦・王将戦では挑決リーグ入り。トップクラスでも戦える実力を見せ続けると成績も再び上昇した。本局の勝利で64局、52勝12敗、勝率.8125(未公開対局を含む)まで伸ばし、今年度最終戦(3月31日 菅井竜也八段戦)を待たずに、3年連続での勝率8割以上を確定させた。

記録達成を決めた本局は、藤井七段先手で、角換わり腰掛け銀の出だしから進行。終盤まで稲葉八段に大きくリードを許し、敗色濃厚とまで見られていたが、一瞬のすきを逃さず大逆転勝利を収めた。対局後、藤井七段は「中盤で長考した場面があったんですが、読み筋が当たらず、時間でも形勢でも苦しくなってしまった気がします。途中からかなり複雑で、考えてもなかなかわからない局面が続いたんですが、かなり時間がなくなって厳しいかなと思っていました」と大苦戦を振り返った。

大記録達成については「全く意識はしていなかったですが、今年度も一局一局に全力を尽くした結果、そういう結果が残せたことはよかったかなと思います」と、圧倒的な好成績にも表情は変わらなかった。同リーグでは3連勝となり白組暫定首位に。木村一基王位(46)への挑戦、最年少タイトル獲得に一歩前進した。

過去、年度勝率8割以上を複数回クリアしたのは、藤井七段を含めて3人だけ。中原誠十六世名人(72=2回)、羽生善治九段(49=3回)で、2人は2年連続が1回あった。
(AbemaTV/将棋チャンネルより)

情報源:藤井聡太七段、史上初「3年連続勝率8割以上」の快挙達成 敗色濃厚から大逆転勝利/将棋・王位戦挑決リーグ(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、史上初「3年連続勝率8割以上」の快挙達成 敗色濃厚から大逆転勝利/将棋・王位戦挑決リーグ | AbemaTIMES


2020年3月24日19時47分

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(17)が24日、大阪市の関西将棋会館で指された第61期王位戦挑戦者決定リーグ戦白組3回戦で稲葉陽八段(31)を破り、初のタイトル挑戦権獲得に向け、リーグ3連勝を飾った。3勝0敗で白組の暫定首位に立った。またこの日の勝利で19年度の勝率8割以上を確定させ、3年連続年度勝率8割以上が決まった。3年連続は史上初の快挙となった。

名人戦順位戦の最上位A級に在籍する稲葉を相手に逆転勝ちした。「中盤で長考した場面があった。読み筋が当たらず、時間と形勢で苦しくなってしまった」と振り返った。

それでも初のタイトル挑戦に近づくとともに、将棋界の「新記録」を達成した藤井は「意識はしていませんでした。一局一局に全力を尽くした結果だと思います」と謙虚に話した。

レジェンドたちを超えた。19年度は、24日までに64局対局し、52勝12敗(未放映のテレビ対局を含む)で勝率8割1分2厘。年度内の対局は31日、棋聖戦決勝トーナメントの菅井八段戦の1局のみ。仮に31日に負けたとしても、19年度の勝率は8割を下回らない。

藤井は実質的なデビュー年度となった17年度は61勝12敗、勝率8割3分5厘、続く18年度は45勝8敗、勝率8割4分9厘。いずれも記録部門の年間勝率1位賞を獲得。19年度も勝率では2位以下を大きく引き離しており、年間勝率1位賞をほぼ手中にしている。

過去、藤井以外で「2年連続で年度勝率8割以上」を達成したのは、87年、88年度の羽生善治九段(49)、66年、67年度の中原誠16世名人(72=引退)の2人だけ。レジェンドたちを超え、「3年連続年度勝率8割以上」の偉業を成し遂げた。

プロ棋士は通算勝率が6割で一流。6割5分で超一流と言われる。トップ棋士でも10回対局すれば、4回近く負ける計算だが、藤井の場合、10回対局しても、負けるのはわずか2回ほど。数字でも最強に近づきつつある17歳の進化が止まらない。

情報源:藤井聡太七段が偉業、史上初の3年連続勝率8割超え(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段が偉業、史上初の3年連続勝率8割超え – 社会 : 日刊スポーツ


2020年3月24日 20時6分

稲葉陽八段(右)と感想戦を行う藤井聡太七段
稲葉陽八段(右)と感想戦を行う藤井聡太七段

将棋の藤井聡太七段(17)が24日、大阪・関西将棋会館で指された第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組で、後手の稲葉陽八段(31)を129手で下し、白組リーグ戦を3連勝とした。

この勝利で藤井七段は、2019年度の戦績を64戦52勝12敗(テレビ未公開対局含む)とし、勝率は8割1分2厘5毛に。今年度ラスト対局の棋聖戦・菅井竜也八段(27)戦(31日)を前に、将棋大賞制定(1974年)以降では初となる3年連続勝率8割以上を確定させた。「そのことはまったく意識していなかったが、一局一局全力を尽くした結果では」と話した。

藤井七段は昼食休憩後に約1時間半の長考があり、稲葉八段が38分しか消費していない段階で、すでに持ち時間が10分を切るなど、余裕のない戦い。形勢も悪く、稲葉八段に押し切られるとみられたが、午後7時過ぎの秒読み将棋になって大逆転に成功。自慢の終盤力で鮮やかな“藤井マジック”を決めてみせた。「中盤で読み筋が当たらず、時間の面でも苦しくなって、厳しいかなと思った」と死闘を振り返った。

日本将棋連盟によると2年連続で年度勝率8割以上を達成したのは、将棋大賞制定以降では羽生善治九段(49)が1987・88年度にクリアしたのみ。中原誠十六世名人(72)も1966・67年度に達成しているが、73年以前の記録は確認できないという。

なお、藤井七段は今年度の勝数、勝率で1位が確定している。

情報源:将棋・藤井聡太七段が大逆転劇で初の3年連続勝率8割以上達成!「一局一局、全力を尽くした結果」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:将棋・藤井聡太七段が大逆転劇で初の3年連続勝率8割以上達成!「一局一局、全力を尽くした結果」 : スポーツ報知


2020.3.24 20:29

将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)は24日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた王位戦挑戦者決定リーグで稲葉陽(あきら)八段(31)に129手で勝ち、今年度の成績で勝率8割以上が確定した。藤井七段の勝率が8割を超えるのは3年連続で、日本将棋連盟によると、棋士の勝率や勝数などを表彰する「将棋大賞」が創設された昭和48年度以降、史上初の記録だ。

同年度以降、藤井七段以外で勝率8割以上を2年連続で記録したのは、羽生善治九段(49)のみ。

藤井七段の実質的なデビュー年度の平成29年度の勝率は、8割3分6厘(61勝12敗)で、30年度は8割4分9厘(45勝8敗)。今年度は24日時点で8割1分3厘(52勝12敗)となった。

藤井七段の今年度の対局は残り1局。31日に行われる第91期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント準々決勝で、菅井竜也八段(27)に勝てばタイトル初挑戦まであと2勝と迫るが、敗れても勝率は8割を維持する。

藤井七段は終局後「(記録は)意識していなかったが、一局一局全力を尽くし、結果が残せてよかった」と話した。

情報源:藤井聡太七段勝率8割 初の3年連続 – 産経ニュース


2020/3/24(火) 20:17

将棋の高校生棋士・藤井聡太七段(17)は24日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組3回戦(中日新聞社主催)で稲葉陽八段(31)を129手で撃破。3連勝で首位での折り返しを決めた。稲葉八段は1勝2敗。

盤上は先手・藤井七段の注文を稲葉八段が受けて立って角換わり腰掛け銀に。両者は昨年1月20日の第12回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメント1回戦でも先後逆ながらこの戦型で戦っており、その時は藤井七段が勝利。今回は稲葉八段が新工夫を見せたのに対し、藤井七段は3回連続長考の末、強襲を敢行。余される展開となり窮地に追い込まれるも、そこから勝負手を連発して難解な局面に誘導すると、最後に稲葉八段に悪手が出て大逆転した。消費時間は藤井七段3時間59分、稲葉八段3時間41分。終局は午後7時36分だった。

「読み筋が当たらず形勢的にも時間的にも苦しくなった」と振り返った藤井七段。3連勝について聞かれると「残り2局も最善を尽くして勝ちたい」と力強く結んだ。

これで藤井七段の今年度成績は52勝12敗で勝率0・8125(未公開対局含む)。勝率8割台を確定させ、3年連続8割以上という史上初の快挙を達成した。

屋敷伸之九段(48)が持つ最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)更新へ向け、藤井七段に残されているチャンスは4棋戦。今年の棋聖戦、王位戦、王座戦、竜王戦となっている。

王位は現在、木村一基王位(46)が保持。王位リーグは12人が紅白2組に分かれて戦い、最後は各組の優勝者が挑戦者決定戦に臨む。木村王位に挑む七番勝負は7~9月に行われる。

情報源:【最年少冠へ】藤井聡太七段 3連勝で首位ターン 稲葉陽八段に大逆転勝利 史上初3年連続勝率8割以上確定 王位戦挑戦者決定リーグ白組(中日スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント


2020年3月24日 20:07

稲葉陽八段(右)に勝ち、史上初の3年連続勝率8割を確定させた藤井聡太七段
稲葉陽八段(右)に勝ち、史上初の3年連続勝率8割を確定させた藤井聡太七段

将棋の藤井聡太七段(17)が24日、大阪市の関西将棋会館で第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組の対局に臨み、稲葉陽八段(31)に129手で勝った。藤井の今年度成績は52勝12敗。年度内の対局は31日の棋聖戦決勝トーナメントの菅井竜也八段戦を残すのみで、その菅井戦に敗れても勝率はちょうど8割。藤井は一昨年度から毎年8割を超えており、史上初の3年連続が確定した。「そのことは意識してなかった。一局一局全力を尽くしてきた。そういう結果を残せたのは良かった」。対局後、藤井は淡々と語った。

2年連続8割はかつて羽生善治九段(49)が1987、88年度に達成した。日本将棋連盟が将棋大賞を制定し、全棋士の記録を保存し始めた74年以前で2年連続を確認できたのは66、67年度の中原誠十六世名人(72)のみ。いずれにしても3年連続8割は初めてで、藤井の棋士人生における金字塔がまた一つ増えた。

藤井の先手で始まり、戦型は角換わり腰掛け銀。経験値を裏付けるように指し飛ばす稲葉に対し、藤井は最大87分の長考も投入して傾き始めた形勢を取り戻そうと奮闘。持ち時間4時間の対局で一時、残り9分の藤井に対し、稲葉が3時間22分残す大差が付いた。ところが優勢になった稲葉が寄せを誤り、一気に開いた活路を藤井が正確に進んで逆転勝ちした。「中盤長考した場面もありましたが、読み筋が当たらず時間、形勢苦しくなった。時間もなくなって厳しくしたかなと思っていた」と率直に振り返った。

比類なき偉業。棋界の外へ目を向けると、3年連続の勝率8割は大相撲の横綱・白鵬が12年から年間90番中、76勝、82勝、81勝して達成した。プロ野球では1リーグ時代の阪神が37年秋季に39勝9敗1分けの・813、38年春季に29勝6敗の・829で連続8割。規定投球回数到達の投手は阪急・山田久志が最後で78年に18勝4敗の・818、79年に21勝5敗の・808を残したが、3年連続はいずれもいなかった。

情報源:藤井聡太七段、史上初の3年連続勝率8割確定「そういう結果を残せたのは良かった」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、史上初の3年連続勝率8割確定「そういう結果を残せたのは良かった」― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2020/03/24 19:57

将棋の藤井聡太七段が24日、王位戦挑戦者決定リーグ白組で稲葉陽八段との対局に勝利し、史上初めて3年連続で勝率8割を超える快挙を達成しました。

藤井七段は今年度、対局をもう1局残していますが、24日に勝利したことで今年度の勝率が8割以上になることが確定しました。これまで、勝率8割を2回以上達成した棋士は、藤井七段を含めて3人だけです。中原誠十六世名人と羽生善治九段はいずれも2年連続で達成しましたが、3年連続は藤井七段が初めてとなりました。

情報源:藤井七段、また快挙 「3年連続勝率8割以上」確定(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井七段、また快挙 「3年連続勝率8割以上」確定


2020年3月25日 05:30

将棋の藤井聡太七段(17)が24日、大阪市の関西将棋会館で第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組の対局に臨み、稲葉陽八段(31)に129手で勝利した。藤井は今年度52勝12敗(未放映のテレビ対局を含む)とし、年度内は31日の対局を残すのみ。敗れても勝率8割を維持することから、一昨年度から継続する勝率8割を史上初の3年連続に更新することが確定した。

「そのことは意識してなかった。一局一局全力を尽くしてきた結果で、そういう結果を残せたのは良かった」と淡々。2年連続8割は羽生善治九段(49)が1987、88年度に達成した。日本将棋連盟が将棋大賞を制定し、全棋士の記録を保存し始めた74年以前で2年連続を確認できたのは66、67年度の中原誠十六世名人(72)のみ。いずれにしても3年連続8割は初めてで、藤井の棋士人生における金字塔がまた増えた。

情報源:藤井聡太七段、史上初の3年連続勝率8割が確定 王位戦挑戦者決定Lで稲葉八段に勝利(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、史上初の3年連続勝率8割が確定 王位戦挑戦者決定Lで稲葉八段に勝利― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2020年3月25日 0時16分

第61期王位戦の挑戦者決定リーグ白組の対局で稲葉陽八段(左)に勝ち、3連勝で白組の首位に立った藤井聡太七段=2020年3月24日午後、大阪市福島区の関西将棋会館、佐藤圭司撮影
第61期王位戦の挑戦者決定リーグ白組の対局で稲葉陽八段(左)に勝ち、3連勝で白組の首位に立った藤井聡太七段=2020年3月24日午後、大阪市福島区の関西将棋会館、佐藤圭司撮影

将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が24日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第61期王位戦(新聞三社連合主催)の挑戦者決定リーグ(通称・王位リーグ)白組の対局で、稲葉陽(あきら)八段(31)に129手で勝ち、リーグ成績を3勝0敗とした。リーグは残り2局。菅井竜也(たつや)八段(27)、阿部健治郎七段(31)に連勝すれば白組優勝が決まり、紅組優勝者との挑戦者決定戦に進む。

日本将棋連盟によると、藤井七段の2019年度の成績は52勝12敗(非公開の対局を含む)となり、年度内の残り1局に敗れても勝率8割となるため、17、18年度に続いて19年度の勝率8割以上が確定した。3年度連続の年度勝率8割以上達成は、「将棋大賞」という表彰制度が始まって記録が整備された1973年度以降では初めて。羽生善治(はぶ・よしはる)九段(49)が1987年度と88年度に達成した2年度連続8割以上という記録を更新した。藤井七段は「そのことは全く意識はしてなかったですけど、今年度も一局一局に全力を尽くしてきた結果、そういう結果を残せたことは良かったかな、と思います」と話した。

本局は午前10時に始まり、午後7時36分に終局した。勝った藤井七段は「(リーグ3連勝で首位での折り返しになったが)残り2局も最善を尽くして指したい」と話した。敗れた稲葉八段は「ある程度、研究どおりで、ある程度、有利に進んだかなと思うんですけど、時間が無い中で、藤井七段に勝負手を連発されて、(自分が)長考する場面が多かった。最後、▲6一飛という手への対応を間違ってしまった」と話した。

藤井七段の次の対局は31日。第91期ヒューリック杯棋聖戦(産経新聞社主催)決勝トーナメントの準々決勝で菅井八段と対戦する。

1分将棋に入り、藤井聡太七段は「厳しいかな、と思って」と振り返りました。両対局者への一問一答も紹介します。

王位戦は将棋界に八つあるタイ…

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です

情報源:藤井聡太七段、今年度も勝率8割以上 王位リーグ3連勝(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、今年度も勝率8割以上 王位リーグ3連勝:朝日新聞デジタル


2020年3月24日 20時38分

将棋の現役最年少棋士の藤井聡太七段(17)は24日、大阪市福島区の関西将棋会館で指した第61期王位戦挑戦者決定リーグ戦(白組)で稲葉陽八段(31)に129手で勝ち、3勝0敗とした。藤井はこの日の勝利で今年度の通算成績が52勝12敗(未放映のテレビ対局を含む)となり、最終戦を残して、プロ入りから3年連続で年度勝率8割台が確定した(1年目は10勝0敗だが、対局数が少ないため勝率記録は対象外)。

日本将棋連盟の記録(判明分)によると、過去に中原誠十六世名人(72)と羽生善治九段(49)が2年連続で年度勝率8割台を果たしたが、3年連続は初めて。藤井七段は「記録は全く意識していなかったが、一局一局全力を尽くして結果を残せたのはよかった」と話した。藤井は今年度の勝率1位と勝数1位が確定している。

王位戦リーグは紅白2組に分かれて各自5局戦い、各組優勝者が挑戦者決定戦を行う。【新土居仁昌】

情報源:藤井七段が年度勝率8割台達成 初の3年連続「一局一局全力尽くし結果残せた」 – 毎日新聞


第61期王位戦挑戦者決定リーグ白組、稲葉陽八段VS藤井聡太七段の対局が3月24日に行われ、藤井七段が129手で稲葉八段を破りました。

白組のリーグ成績は、稲葉八段が1勝2敗、藤井七段が3勝0敗となりました。

◆第61期王位戦挑戦者決定リーグ対戦表はこちら

関連記事

【棋士データ・成績比較】稲葉陽八段 VS 藤井聡太七段

情報源:藤井聡太七段が稲葉陽八段を破り3勝0敗に 第61期王位戦挑戦者決定リーグ 白組|棋戦トピックス|日本将棋連盟


挑戦者決定リーグ

情報源:第61期王位戦挑戦者決定リーグ


藤井聡太七段 vs △稲葉陽八段

129手 6二金打まで、▲藤井聡七段 の勝ち






 



あと2戦、菅井八段と阿部健七段
菅井八段とは、31日の棋聖戦の2回戦で対局。