斎藤慎太郎七段 対 古森悠太四段 対局開始/将棋・叡王戦本戦

斎藤慎太郎七段 対 古森悠太四段 対局開始/将棋・叡王戦本戦 | AbemaTIMES

第5期 硫黄泉 本戦トーナメント 斎藤慎太郎王座 vs 古森悠太四段
斎藤七段の振り歩先、と金が4枚で古森四段の先手
初手は、▲古森四段 7八飛、△斎藤七段 8四歩


将棋の叡王戦本戦トーナメント1回戦が11月11日に行われ、斎藤慎太郎七段(26)と古森悠太四段(24)が午前15時から対局を開始した。

斎藤七段は2012年4月に四段昇段。2018年度に王座でタイトル経験がある。2015年度、2016年度には勝率一位賞も獲得した。竜王戦2組、順位戦B級1組。古森四段は2017年10月に四段昇段。竜王戦6組、順位戦C級2組。

叡王戦は、全棋士、女流棋士1人、アマチュア1人によるタイトル戦で、段位別予選、本戦トーナメントを勝ち抜いた2人が、挑戦者決定三番勝負を行う。挑戦者は、永瀬拓矢叡王(27)と七番勝負を行う。予選は四段、五段、六段、七段、八段、九段と、段位別で行われ、各段位によって本戦出場枠が異なる。

持ち時間は各3時間。振り駒の結果、先手は古森四段。AbemaTVではこの対局を終了まで生放送する。
(AbemaTV/将棋チャンネルより)

情報源:斎藤慎太郎七段 対 古森悠太四段 対局開始/将棋・叡王戦本戦(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:斎藤慎太郎七段 対 古森悠太四段 対局開始/将棋・叡王戦本戦 | AbemaTIMES


現在進行中の第5期叡王戦、11月11日(月)は、本戦トーナメント斎藤慎太郎七段VS古森悠太四段 戦が関西将棋会館で行われます。

両者はこれまでに1回対戦し、斎藤七段が勝っています。

斎藤七段はタイトル保持者(前期王座)により予選はシード、本局からの登場です。
古森四段は予選で里見香奈女流六冠、池永天志四段、本田奎四段、大橋貴洸五段に勝って本戦出場を決めています。

対局者の本棋戦の対戦成績は以下の通りです。
斎藤七段は第1期より参加しており、棋戦通算成績は13勝4敗(0.765)、第4期に続いて2回目の本戦出場です。
古森四段は第4期より参加しており、棋戦通算成績は4勝1敗(0.800)、今回初の本戦出場です。

この対局の模様は、AbemaTVニコニコ生放送日本将棋連盟ライブ中継でご覧いただくことができます。

情報源:斎藤慎太郎七段VS古森悠太四段、叡王戦 本戦トーナメント|棋戦トピックス|日本将棋連盟


古森悠太四段 vs △斎藤慎太郎七段(棋譜を見る

斎藤七段の振り歩先、と金が4枚で古森四段の先手
初手は、▲古森四段 7八飛、△斎藤七段 8四歩




下剋上成るか?