藤井聡太七段、王位挑戦へ順調発進 竹内雄悟五段下し初戦突破/将棋・王位戦予選

藤井聡太七段、王位挑戦へ順調発進 竹内雄悟五段下し初戦突破/将棋・王位戦予選 | AbemaTIMES

124手 2四玉まで、△藤井七段 の勝ち


将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)が9月25日、王位戦予選で竹内雄悟五段(31)を124手で下し、初戦を突破した。

王位のタイトルは25・26日の2日間で行われる王位戦七番勝負の最終第7局により、豊島将之王位(名人、29)か木村一基九段(46)のいずれかが手にする。既に次期挑戦者を決める予選がスタートしており、藤井七段は第7ブロックの2回戦からの出場となった。

先手の竹内五段がゴキゲン中飛車を採用する中、藤井七段は常に持ち時間でリードを許す展開に。中盤以降も苦しむ中で、徐々にペースを掴むと、最終盤は一気の寄せ切った。

対局後、藤井七段は「中盤のはじめあたりから手が広くて難しい将棋でした。選択を誤ってしまったところが多かったので、そのあたりが課題かなと思います」と振り返ると、今後については「王位戦は予選で敗れているので、リーグに入れるように頑張りたいと思います」と、目標を口にした。また、開催中の七番勝負については「非常に白熱した七番勝負だなと思って観戦しています」とコメントした。

(AbemaTV/将棋チャンネルより)

情報源:藤井聡太七段、王位挑戦へ順調発進 竹内雄悟五段下し初戦突破/将棋・王位戦予選(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、王位挑戦へ順調発進 竹内雄悟五段下し初戦突破/将棋・王位戦予選 | AbemaTIMES


2019年9月25日 20時36分

王位戦予選で竹内雄悟五段(左)に勝ち、感想戦を行う藤井聡太七段
王位戦予選で竹内雄悟五段(左)に勝ち、感想戦を行う藤井聡太七段

将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)が25日、大阪・関西将棋会館で指された王位戦予選・第7ブロック2回戦で、先手の竹内雄悟五段(31)を124手で下した。

藤井は、豊島将之王位(29)に木村一基九段(46)が挑戦している7番勝負最終局の初日がこの日指された王位戦の第61期の始動戦。シードで2回戦から登場した。

竹内との対局は先月22日以来で、これで6戦全勝としたが、藤井は「中盤の初めあたりから難しい将棋で、選択を誤ってしまったところが多かった。そこが課題。最後の方ももう少し、いい指し方があったのかな」と反省を忘れず。

一方の竹内は「中盤までは手ごたえのある局面だったが、悪い手を指してしまった。終盤も結構、どっちがいいか分からないと思っていたが…。それも実力なので仕方がない」と話した。

30日からは初のタイトル挑戦を目指し、王将戦の挑戦者決定リーグ戦が始まるが「力を尽くして指したい」。王位戦は一昨年度は4回戦、昨年度は1回戦で敗退しており「王位リーグ(挑戦者決定リーグ)にも入れるように頑張りたい」と、こちらも奮闘を誓った。

情報源:藤井聡太七段が王位戦予選の初戦突破 王将戦に続き「リーグに入れるよう頑張る」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段が王位戦予選の初戦突破 王将戦に続き「リーグに入れるよう頑張る」 : スポーツ報知


2019年9月25日22時01分

将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(17)が25日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第61期王位戦(新聞三社連合主催)の予選で、竹内雄悟五段(31)に124手で勝った。

午前10時に始まった対局は午後7時47分に終局。勝った藤井七段は「最後まで難しい将棋だったのかなという気がします。過去2回は予選で敗れてしまったので、王位リーグに入っていけるよう頑張っていければと思います」。敗れた竹内五段は「中盤で手応えがある局面かと思ったところで悪い手を指してしまったので。終盤、結構どっちが良いか分からないくらいの戦いになっているかなと僕は思ってたんですけど、そこでうまく指せなかったので。それも実力で、仕方ないと思いました」と話した。

藤井七段の次の対局は30日、東京で。第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦の1回戦で、三浦弘行九段(45)と対戦する。藤井七段は「トップ棋士の方、6人と指すことが出来るので、自分の力を尽くして指したいと思っています」と意気込みを述べた。(佐藤圭司)

情報源:藤井聡太七段、竹内雄悟五段に勝利「難しい将棋だった」(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、竹内雄悟五段に勝利「難しい将棋だった」:朝日新聞デジタル


2019年9月25日21時5分

史上最年少プロ棋士、藤井聡太七段(17)が25日、大阪市の関西将棋会館で指された第61期王位戦予選で竹内雄悟五段(31)を破り、3回戦に進んだ。30日には初めて進出を決めた王将戦挑戦者決定リーグ戦の初戦、三浦弘行九段(45)が控える。大一番へ向け、弾みをつけた。

熱戦を制した藤井は「中盤から手が広く、選択を誤ってしまったところ多かった。そこが課題です。最後まで難しい将棋でした」と振り返った。

いよいよ30日からはトップ棋士らとの激戦が始まる。王将戦挑戦者決定リーグ戦は、棋士7人の総当たり。優勝者が渡辺明王将(35)への挑戦者となる。豊島将之名人(29)、広瀬章人竜王(32)、羽生善治九段(48)らとタイトル初挑戦を懸けて戦う。藤井以外は全員、タイトル経験者でもある。「トップ棋士の方と6局、指すことができるので、自分の力を尽くして指したい」と意気込んだ。

情報源:藤井聡太七段が竹内五段破り3回戦進出、大一番弾み(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段が竹内五段破り3回戦進出、大一番弾み – 社会 : 日刊スポーツ


第61期王位戦予選で、藤井聡太七段VS竹内雄悟五段の対局が9月25日に行われ、藤井七段が124手で竹内五段に勝ちました。

藤井七段は第59期から参加しており、本棋戦の通算成績は4勝2敗(0.667)です。

次戦は、村山慈明七段VS西川和宏六段 戦の勝者と対局します。

関連記事

藤井聡太七段 VS 竹内雄悟五段 【棋士データ・成績比較】

情報源:藤井聡太七段が勝ち進む 王位戦予選|棋戦トピックス|日本将棋連盟


竹内雄悟五段 vs 藤井聡太七段(棋譜を見る

124手 2四玉まで、△藤井七段 の勝ち





同一カード6連勝。