豊島将之名人が竜王挑戦権獲得 木村一基九段下す 史上4人目の「竜王・名人」に挑戦

豊島将之名人が竜王挑戦権獲得 木村一基九段下す 史上4人目の「竜王・名人」に挑戦 | AbemaTIMES

115手 5五馬まで、▲豊島名人 の勝ち、広瀬竜王への挑戦権獲得


将棋の竜王戦挑戦者決定三番勝負の最終局、第3局が9月5日に行われ、豊島将之名人(王位、29)が木村一基九段(46)を115手で下した。この結果、対戦成績を2勝1敗とし、広瀬章人竜王(32)への挑戦権を獲得した。豊島名人は、竜王位を奪取すれば、史上4人目の「竜王・名人」の偉業を達成する。

王位戦七番勝負でも熱戦を繰り広げる両者の対局は、今回が挑戦権への決定局。角換わり腰掛け銀の出だしから始まった対局は、夕食休憩に入る午後6時前後に、一気に戦いが激化。互いの玉近辺で激しい攻防が繰り返される中、終盤で少しずつリードを広げた豊島名人が、粘る木村九段を振り切った。

対局後、豊島名人は「なかなか竜王戦は勝ち上がることができていなかったので、挑戦できてうれしいです。(挑決三番勝負は)第2局は逆転されてしまったので、そこは反省でした。3局通して力を出すことはできたと思います」と振り返った。

将棋界に8つあるタイトルの中でも、最高峰に位置する竜王、名人を同時に保持した棋士は、長い棋界の歴史の中でもわずかに3人。谷川浩司九段(57)、羽生善治九段(48)、森内俊之九段(48)で、いずれも永世名人の有資格者でもある。豊島名人は、その歴史に4人目の偉業達成者として名を刻むことができるか。

情報源:豊島将之名人が竜王挑戦権獲得 木村一基九段下す 史上4人目の「竜王・名人」に挑戦(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:豊島将之名人が竜王挑戦権獲得 木村一基九段下す 史上4人目の「竜王・名人」に挑戦 | AbemaTIMES


2019/09/05 22:55

挑戦権を獲得した豊島二冠(5日、東京都渋谷区で)
挑戦権を獲得した豊島二冠(5日、東京都渋谷区で)

将棋の第32期竜王戦(読売新聞社主催、特別協賛・野村ホールディングス)の挑戦者決定三番勝負第3局が5日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた。豊島将之二冠(29)が115手で木村一基九段(46)を破り、2勝1敗で広瀬章人竜王(32)への挑戦権を獲得した。豊島二冠の竜王戦挑戦は初めて。

本局は角換わりの戦いになり、木村九段の攻めをいなした豊島二冠が反撃して勝ちきった。

豊島二冠は名人と王位を保持し、通算獲得タイトルは3期。「序盤、中盤、終盤、隙がない将棋」と称され、総合力が高い。竜王戦本戦の準々決勝では藤井聡太七段(17)との激闘を制して勢いに乗り、トーナメントを勝ち抜いた。

今期の七番勝負は竜王VS名人の構図となる。第1局は10月11、12日に東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で行われる。

豊島二冠の話「竜王戦はこれまでなかなか勝ち上がることができなかったので、挑戦が決まってうれしい。七番勝負は体調を整えて臨みたい」

情報源:豊島二冠、初の竜王戦挑戦権…木村九段を破る(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:豊島二冠、初の竜王戦挑戦権…木村九段を破る : 囲碁・将棋 : 読売新聞オンライン


2019年9月5日 22時40分

初の竜王挑戦を決めた豊島将之名人
初の竜王挑戦を決めた豊島将之名人

将棋の第32期竜王戦挑戦者決定3番勝負の第3局が5日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、先手の豊島将之名人(29)=王位=が木村一基九段(46)に勝ち、対戦成績を2勝1敗として、広瀬章人竜王(32)への挑戦権を獲得した。

竜王は棋界最高位で、名人との2大タイトルとされる。豊島名人にとって初の竜王挑戦となる7番勝負は、谷川浩司九段(57)、森内俊之九段(48)、羽生善治九段(48)に次ぐ史上4人目の「竜王・名人」を目指す戦いになる。

局後の豊島名人は「なかなか竜王戦では勝ち上がることができなかったので、挑戦できてうれしいです」と思いを述べた。10月11日に開幕する7番勝負に向け「タイトル戦が続いて課題が見えていますが、(まずは)体調を整えたいです」と語った。

2度目の竜王挑戦とはならなかった木村九段は「力が足りなかったですね」と言った。

現在、第60期王位戦7番勝負も豊島王位対挑戦者・木村九段の顔合わせで進行中。3勝2敗で豊島王位が防衛に王手を掛けている。

情報源:豊島名人が初の竜王挑戦権獲得 木村九段を下す (スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:豊島名人が初の竜王挑戦権獲得 木村九段を下す  : スポーツ報知


図の局面で木村九段が投了しました。終局時刻は21時56分。消費時間は、▲豊島4時間40分、△木村4時間49分。
挑戦者決定三番勝負を2勝1敗で豊島名人が制し、竜王戦の挑戦権を初めて獲得しました。第1局は10月11、12日に東京都渋谷区「セルリアンタワー能楽堂」で行われます。

情報源:竜王戦中継plus : 豊島名人が挑戦者に


終局後、まずはインタビューが行われました。

(初の竜王戦七番勝負登場を決めた豊島名人)

――竜王戦初挑戦おめでとうございます。いまの心境はいかがでしょうか。
豊島 なかなか竜王戦は勝ち上がれずにいましたが、挑戦できて嬉しいです。
――今回の三番勝負を振り返っていかがですか。
豊島 第2局は逆転されてしまいましたが、全体として力は出せたと思います。
――本局は一進一退だったと思いますが、手ごたえはどのあたりでつかみましたか。
豊島 最後に質駒の銀を取ることができたところでしょうか(107手目▲9七桂)。玉形が不安定なので、ずっと難しいと思っていました。
――竜王戦第1局は約1ヵ月後ですが、どのような準備をされるつもりでしょうか。
豊島 タイトル戦が続いて課題もいろいろと見えてきましたが、まずは体調を整えて臨みたいです。――ありがとうございました。

――木村九段、お疲れ様でした。本局を振り返っていかがですか。
木村 攻めが暴発気味でした。具体的には角を打ち込んだところですね(78手目△8七角)。もう少し丁寧に進めなければいけませんでした。力が足りなかったと思います。

情報源:竜王戦中継plus : インタビュー


第32期竜王戦七番勝負の日程は以下の通りです。

第1局 10月11、12日(金、土) 東京都渋谷区桜丘町26-1「セルリアンタワー能楽堂」

第2局 10月23、24日(水、木) 京都府京都市右京区御室大内33「仁和寺」

第3局 11月9・10日(土、日) 兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目10-1「神戸ポートピアホテル」

第4局 11月21、22日(木、金) 山梨県甲府市湯村2丁目5-21「常磐ホテル」

第5局 12月6、7日(金、土) 島根県鹿足郡津和野町後田ロ66「藩校 養老館」

第6局 12月12、13日(木、金) 鹿児島県指宿市東方12126-12「指宿白水館」

第7局 12月18、19日 (水、木) 山形県天童市鎌田本町1丁目1-30「ほほえみの宿 滝の湯」

以上で本局の中継は終了となります。ご観戦いただきまして、ありがとうございました。七番勝負は10月11日に開幕です。お楽しみに。

情報源:竜王戦中継plus : 七番勝負の日程


第32期竜王戦挑戦者決定三番勝負の第3局、豊島将之名人VS木村一基九段の対局が9月5日に行われ、豊島名人が115手で木村九段に勝ちました。

これで豊島名人は挑戦者決定三番勝負を2勝1敗で制して、自身初の竜王挑戦を決めました。

豊島名人は第21期より本棋戦に参加、本棋戦の通算成績は51勝20敗(0.718)です。

関連記事

豊島将之名人 VS 木村一基九段【棋士データ・成績比較】

情報源:豊島将之名人が竜王挑戦へ 竜王戦挑戦者決定三番勝負第3局|棋戦トピックス|日本将棋連盟


豊島将之名人 vs △木村一基九段(棋譜を見る

115手 5五馬まで、▲豊島名人 の勝ち、広瀬竜王への挑戦権獲得




竜王名人なるか?