藤井聡太七段、無傷の4連勝 プロ歴39年・高橋道雄九段下す 昇級へ一歩前進/将棋・順位戦C級1組

藤井聡太七段、無傷の4連勝 プロ歴39年・高橋道雄九段下す 昇級へ一歩前進/将棋・順位戦C級1組 | AbemaTIMES

72手 6六銀まで、△藤井七段 の勝ち


将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(17)が9月3日、順位戦C級1組4回戦で、高橋道雄九段(59)に72手で勝利し、無傷の4連勝を飾った。

C級1組は2期目となる藤井七段は、1回戦から快調に3連勝を飾ると、プロ歴39年・タイトル5期の実績を誇る高橋九段に対して終始リードを保ち、そのまま押し切った。

今期のC級1組は36人が参加し、成績上位2人がB級2組に進出。昨期の藤井七段は、昇級に向けて8連勝を飾ったものの、9回戦で敗れると、最終的は9勝1敗の好成績ながら、同成績で並んだ4人の中で、前期の成績を元にした「順位」で下回ったため、昇級を逃していた。この日の対局後は「本譜は少し無理気味の仕掛けだったので、自信のない展開でした。その後、判断が難しい展開でした」と振り返った。

谷川浩司九段(57)が持つ最年少名人記録、21歳2カ月を更新するためには、今期を含めてA級まで連続昇級し、A級1期目で挑戦権を獲得、奪取する必要がある。

情報源:藤井聡太七段、無傷の4連勝 プロ歴39年・高橋道雄九段下す 昇級へ一歩前進/将棋・順位戦C級1組(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、無傷の4連勝 プロ歴39年・高橋道雄九段下す 昇級へ一歩前進/将棋・順位戦C級1組 | AbemaTIMES


2019年9月3日 20:36

将棋の藤井聡太七段(17)は3日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第78期順位戦C級1組4回戦でタイトル履歴5期を誇るベテラン高橋道雄九段(59)を下し、開幕以来無傷の4連勝。同成績者は複数いるが、昨期成績に基づく順位点(3位)により首位の座は守っている。
藤井は1日に行われた第69期大阪王将杯王将戦二次予選3組決勝で谷川浩司九段(57)を下し、初の挑戦者決定リーグ入りを決めたばかり。今期は21勝8敗、通算成績は137勝28敗となった。

情報源:藤井聡太七段、無傷4連勝!ベテラン高橋道雄九段に勝利 順位戦C級1組4回戦(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井聡太七段、無傷4連勝!ベテラン高橋道雄九段に勝利 順位戦C級1組4回戦― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2019年9月3日20時43分

将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(17)がB級2組への昇級を目指す、第78期順位戦C級1組4回戦が3日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた。

初顔合わせの高橋道雄九段(59)を下し、今期4連勝とした。「少し無理気味の仕掛けで自信のない展開だった」と振り返ったが、最後は一気に寄せ切った。

直近10局中、現役またはタイトル獲得経験者との対戦が7局。高橋戦まで、4勝3敗と勝ち越した。今月1日には第69期王将戦2次予選決勝で、公式戦初対決の谷川浩司九段(57)との新旧中学生棋士対決に勝ち、初の挑戦者決定リーグ入りを決めた。「まだ先は長い。目の前の1局に全力を尽くしてやっていければ」と、気を引き締めていた。

情報源:藤井七段がC級1組4連勝「無理気味」も寄せ切る(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井七段がC級1組4連勝「無理気味」も寄せ切る – 社会 : 日刊スポーツ


2019年9月3日 20時47分

対局開始を待つ藤井聡太七段(右)と高橋道雄九段
対局開始を待つ藤井聡太七段(右)と高橋道雄九段

将棋の史上最年少棋士・藤井聡太七段(17)が3日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第78期順位戦C級1組4回戦で高橋道雄九段(59)に後手番で勝利し、開幕4連勝を飾った。参加3期目の順位戦で、通算23勝1敗。勝率・958と驚異のペースで勝ち続けている。

互いに守りを固めないまま、華々しく攻め合う一局。中盤まで主導権争いが続いたが、一瞬の好機を見逃さなかった藤井七段が寄せ切った。

順位戦は名人挑戦を目指す棋戦。上位から順にA級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組と5階級あり、年度に1クラスずつしか昇級できない。藤井七段は通年度デビューとなった17年度にC級2組を10戦全勝で突破。昨年度もC級1組で9勝1敗と好成績を挙げたが、順位(前年度成績による持ち順位。藤井七段は昇級組のため低い)の差で昇級を逃していた。

高橋九段はタイトル獲得通算5期を誇り、50歳を超えた後でA級に君臨した実力者。アニメなどサブカルチャーへの深い造詣でも知られる。

情報源:藤井七段、高橋九段を下しC級1組4連勝 順位戦で驚異の勝率・958(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井七段、高橋九段を下しC級1組4連勝 順位戦で驚異の勝率・958 : スポーツ報知


2019年9月3日22時19分

将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が3日、第78期将棋名人戦・C級1組順位戦(朝日新聞社・毎日新聞社主催)の4回戦で高橋道雄九段(59)に72手で勝った。B級2組への昇級に向けて、開幕4連勝となった。

高橋九段はタイトル獲得5期の実績を持つベテラン。藤井七段が果敢に攻めて激しい戦いになり、最後は藤井七段が勝ちきった。「無理気味な仕掛けで自信の持てない展開だった。まだまだ先は長いので、目の前の一局に全力を尽くしてやっていければ」と話した。

名人戦につながる順位戦は、五つのクラスに分かれている。下から二つ目のC級1組には、今期36人が参加。それぞれ10局戦い、成績上位2人がB級2組に昇級する。

情報源:藤井七段、順位戦で開幕4連勝 「目の前の一局に全力」(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:藤井七段、順位戦で開幕4連勝 「目の前の一局に全力」:朝日新聞デジタル


第78期C級1組順位戦で、高橋道雄九段VS藤井聡太七段の対局が9月3日に行われ、藤井七段が72手で高橋九段に勝ち、4勝0敗としました。

藤井七段は第76期より本棋戦に参加しており、本棋戦の通算成績は23勝1敗(0.958)です。

次戦は、藤井七段は宮本広志五段と、高橋九段は阿部健治郎七段と対局します。

関連記事

高橋道雄九段 VS 藤井聡太七段【棋士データ・成績比較】

情報源:藤井聡太七段が高橋道雄九段に勝ち4勝0敗に 第78期C級1組順位戦|棋戦トピックス|日本将棋連盟


高橋道雄九段 vs △藤井聡太七段(棋譜を見る

72手 6六銀まで、△藤井七段 の勝ち




4連勝、今期は昇級成るか?