広瀬章人竜王が久保利明九段下す 準決勝一番乗り/将棋日本シリーズ JTプロ公式戦

広瀬章人竜王が久保利明九段下す 準決勝一番乗り/将棋日本シリーズ JTプロ公式戦 | AbemaTIMES

124手 ▲4八と金 まで、△広瀬竜王の勝ち


将棋日本シリーズ JTプロ公式戦の2回戦が8月31日に行われ、広瀬章人竜王(32)が久保利明九段(44)を124手で下し、準決勝進出一番乗りを決めた。

JT プロ公式戦は、前年優勝者、タイトルホルダー、前年度の賞金ランキング上位者など、選ばれし12人で争われる。いわば棋界の“トップ12”が集うトーナメント戦だ。持ち時間各10分・切れたら1手30秒未満・考慮時間各5分という、数ある公式戦の中でも超早指し棋戦として知られている。

戦型は広瀬竜王が居飛車、久保九段が中飛車を採用。広瀬竜王の攻めに対して、久保九段が巻き返すという展開になったが、広瀬竜王が徐々に駒得し、形勢でも圧倒した。広瀬九段は準決勝で、深浦康市九段(47)と佐藤天彦九段(31)の勝者と対戦する。

情報源:広瀬章人竜王が久保利明九段下す 準決勝一番乗り/将棋日本シリーズ JTプロ公式戦(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広瀬章人竜王が久保利明九段下す 準決勝一番乗り/将棋日本シリーズ JTプロ公式戦 | AbemaTIMES


第40回将棋日本シリーズ JTプロ公式戦の2回戦、広瀬章人竜王VS久保利明九段の対局が8月31日に行われ、広瀬竜王が124手で久保九段を破り、勝ち進みました。

広瀬竜王の本棋戦の通算成績は2勝4敗(0.333)となりました。

次戦は、深浦康市九段VS佐藤天彦九段 戦の勝者と対局します。

◆第40回将棋日本シリーズJTプロ公式戦 トーナメント表

関連記事

広瀬章人竜王 VS 久保利明九段【棋士データ・成績比較】

情報源:広瀬章人竜王が勝ち進む 将棋日本シリーズ JTプロ公式戦|棋戦トピックス|日本将棋連盟


久保利明九段 vs △広瀬章人竜王(棋譜DB棋譜を見る

124手 ▲4八と金 まで、△広瀬竜王の勝ち




広瀬が勝ったか・・・