広島・曾澤翼【写真:荒川祐史】

広島連敗ストップ、延長10回に會澤が決勝打 小園&サンタナ2打点

2019/8/24 vs中日 19回戦(ナゴヤ)中日4-5広島


床田は6回1失点の好投も…9回に中崎が3点のリード守れず白星はならず

■広島 5-4 中日(24日・ナゴヤドーム)

広島は24日、敵地・中日戦に5-4で勝利し、連敗を「2」で止めた。8月10日以来の登板となった先発・床田が6回5安打1失点(自責0)5奪三振4四球の好投。小園とサンタナが2打点を挙げるなど3点のリードで9回に突入したが、守護神・中崎がこれを守れずに延長戦に突入した。しかし、10回に會澤が決勝打を放ち、試合を決めた。

初回、床田は先頭・大島に右前打を許すと、2死から暴投で二塁に進める。ビシエドは内野ゴロも、菊池涼に代わって二塁に入っていたサンタナが痛恨の後逸。先制点を献上した。

しかし、2回に中日先発・柳から安部、會澤の連打で1死一、三塁の好機を作ると、小園がレフトへ同点の適時二塁打。さらに、初回にエラーしたサンタナがミスを取り戻すセンターへの2点タイムリーを放ち、勝ち越した。

床田は2~4回まで走者を出すも無失点に抑えると、5回は初めての3者凡退。6回はヒットや味方の失策、2つの四球で2死満塁のピンチを背負ったが、代打・石垣を右飛。ピンチをしのいでリードを守り、7回に代打を送られて降板となった。

7回は菊池保が無失点に抑えると、8回2死二塁で小園が右翼へこの日2本目のタイムリー。貴重な追加点を奪った。8回はフランスアが抑えたものの、9回に登板した中崎がピンチを招き、遠藤の適時打、京田の犠飛、福田の適時打で3失点。同点に追いつかれて試合は延長に突入し、床田の白星も消えた。

しかし、直後の10回に1死から鈴木が二塁打で出塁すると、1死満塁となって會澤が岡田からタイムリー。勝ち越しに成功し、その裏は遠藤が抑えて連敗を止めた。

中日は先発・柳が7回3失点の力投。打線は9回に反撃して同点に追いついたが、10回に岡田が決勝点を奪われた連勝は「2」で止まった。

情報源:広島連敗ストップ、延長10回に會澤が決勝打 小園&サンタナ2打点、中日は連勝止まる(Full-Count) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島連敗ストップ、延長10回に會澤が決勝打 小園&サンタナ2打点、中日は連勝止まる | Full-count


2019年8月24日 17:45

<中・広>10回、会沢は勝ち越しとなる右前適時打を放つ(撮影・椎名 航)
<中・広>10回、会沢は勝ち越しとなる右前適時打を放つ(撮影・椎名 航)

◇セ・リーグ 広島5―4中日(2019年8月24日 ナゴヤD)

広島が9回に3点差を追いつかれながらも延長戦の末に5―4で勝利を収め、連敗を2で止めた。広島は延長戦4連勝。中日は連勝が2でストップした。

広島は守護神・中崎が9回に3点差を追いつかれたが、延長10回、1死から鈴木が左翼フェンス直撃の二塁打で出塁すると、代打・メヒア申告敬遠の後で安部が四球を選んで満塁とし、会沢の右前適時打で勝ち越し。その裏、5番手の遠藤が中日打線を3者凡退に仕留めた。21日のヤクルト戦(マツダ)でプロ初勝利を挙げた高卒2年目の遠藤は中2日で今度はプロ初セーブとなった。

中日は1―4で迎えた9回、この回から登板した広島守護神の4番手・中崎の代わりバナを叩き、阿部、藤井の連続長短打で無死一、三塁としてから代打・遠藤が3連打目となる左中間二塁打を放って1点を返すと、京田の左犠飛でもう1点返して1点差。さらに2死一、三塁から福田が右前適時打を放って土壇場で同点として延長戦に持ち込んだが、延長10回から登板した4番手・岡田が守り切れなかった。

情報源:広島、中崎炎上で延長戦も粘り勝ち 20歳・遠藤、プロ初勝利から中2日で初セーブ 会沢V打(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島、中崎炎上で延長戦も粘り勝ち 20歳・遠藤、プロ初勝利から中2日で初セーブ 会沢V打― スポニチ Sponichi Annex 野球


2019年8月24日 17時57分

広島・遠藤
広島・遠藤

◆中日4―5広島(24日・ナゴヤドーム)

広島・遠藤淳志投手(20)がプロ初セーブを挙げた。9回に抑えの中崎が3点リードを追いつかれた後、再び延長10回に会沢の適時打で勝ち越し。その裏からマウンドに上がったのは、プロ2年目右腕だった。

先頭・高橋を147キロの直球で詰まらせ、中飛に仕留めると、阿部をカーブで遊ゴロに料理。最後は藤井を148キロの速球で空振り三振に抑えた。1回無失点でプロ初勝利を挙げた21日のヤクルト戦(マツダ)に続き、初セーブをマークした。

緒方監督も「度胸がある」と認める20歳。150キロ前後の速球を武器に、今後は守護神を託される可能性もありそうだ。

情報源:【広島】売り出し中の遠藤がプロ初セーブ 9回に追いつかれるも延長戦制す(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:【広島】売り出し中の遠藤がプロ初セーブ 9回に追いつかれるも延長戦制す : スポーツ報知


延長10回、勝ち越しタイムリーを放ち塁上からベンチを指さす広島・会沢翼=ナゴヤドーム(撮影・飯室逸平)
延長10回、勝ち越しタイムリーを放ち塁上からベンチを指さす広島・会沢翼=ナゴヤドーム(撮影・飯室逸平)

「中日4-5広島」(24日、ナゴヤドーム)

広島が延長の末、中日を振り切って、連敗を2で止めた。

4-4の延長十回。1死から鈴木が左翼フェンス直撃の二塁打で出塁。続くメヒアが申告敬遠、さらに安部も四球で歩いて満塁。ここで会沢が右前にはじき返して決勝点を挙げた。

1点を追う二回。1死一、三塁から、小園が左翼線への適時二塁打を放ち、同点。なお1死二、三塁から、サンタナが中前へはじき返す勝ち越しの2点適時打。一回の守備では自身の適時失策で先制点を許していたが、バットで取り返した。

八回には無死からの松山の中前打をきっかけに2死二塁とすると、小園が右前に適時打を放ち、3点差に広げた。

しかし、九回、抑えに復帰して2戦目の中崎が誤算。無死から3連打を浴びるなど1点差に迫られると、なお2死一、三塁から福田に右前適時打を許して、同点に追いつかれた。

5番手の遠藤が十回を三者凡退で締めて、うれしいプロ初セーブをマークした。

情報源:広島、延長で振り切り連敗2で止める 中崎誤算も…遠藤がうれしいプロ初セーブ(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:延長で振り切り連敗2で止める 中崎誤算も…遠藤がうれしいプロ初セーブ/広島カープ/デイリースポーツ online


2019年8月24日 18時59分

広島・小園
広島・小園

◆中日4─5広島=延長10回=(24日・ナゴヤドーム)

広島は小園海斗遊撃手(19)、フアン・サンタナ二塁手(25)の新コンビが4打点を挙げる活躍を見せ、連敗を止めた。

1点ビハインドで迎えた2回、1死から安部、会沢の連続長短打で一、三塁のチャンスを作ると、小園が左翼線に適時二塁打を放った。「外野フライでもいいので、何とか走者をかえそうと思っていた」。続くサンタナも中前への2点適時打。初回の適時失策の汚名を返上し「チャンスでヒットが出て良かった」と安どの笑みを浮かべた。8回にも小園はタイムリーを放った。

田中広が22日にコンディション不良で出場選手登録を抹消された。この日は菊池涼も休養でスタメンを外れた。タナキクがともに先発二遊間にいないのは、田中広が入団前の2013年6月26日の巨人戦(マツダ)以来、6年ぶりとなった。小園は「チームの勝利に貢献できてよかった」と手応えを口にしていた。

情報源:【広島】フレッシュ二遊間のコゾタナが4打点の活躍 小園「チームの勝利に貢献できてよかった」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:【広島】フレッシュ二遊間のコゾタナが4打点の活躍 小園「チームの勝利に貢献できてよかった」 : スポーツ報知


2019年8月24日 18:21

<中・広>最後を締め、プロ初セーブを挙げた遠藤(撮影・椎名 航)
<中・広>最後を締め、プロ初セーブを挙げた遠藤(撮影・椎名 航)

◇セ・リーグ 広島5―4中日(2019年8月24日 ナゴヤD)

広島の2年目右腕・遠藤淳志投手(20)がプロ初勝利を挙げた21日のヤクルト戦(マツダ)から中2日で今度はプロ初セーブ。守護神の中崎翔太投手(27)が9回に3点差を追いつかれ、延長戦に突入する嫌な流れを断ち切った。

打線が2回に4連打で3点をもぎ取って逆転。8回にもドラフト1位ルーキー小園のこの試合2本目となる適時打で貴重な追加点を入れて4―1と3点リードを奪った。だが、9回に登板した4番手・中崎が4安打3失点と大炎上。4―4でもつれこんだ延長10回に会沢の適時打で勝ち越して迎えたその裏、5番手としてマウンドに上がった遠藤は最初の高橋を中飛に仕留めると、それまで3安打の阿部を遊ゴロに打ち取り、最後は藤井を9球目の高めの148キロ直球で空振り三振。見事な3者凡退で挙げた初セーブだった。

「焦ることなく、1人ずつアウトを取ろうと思いました」と冷静に10回のマウンドへ向かったという遠藤は3人でピシャリと抑えての初セーブに「最高で~す!」と笑顔で雄叫び一発。敵地に駆けつけた鯉党を歓喜させた。

プロ初勝利から中2日で今度は初セーブとなったが、その違いを聞かれると「いやぁ…」と吐息をもらし「特にないです」とまた笑顔。「うれしいだけです、はい」と童顔をほころばせ「最後みんなとハイタッチできたんでうれしかったです」と初の“儀式”参加を初々しい表現で喜んだ。

これで残りは24試合。4年連続となる優勝にもわずかに可能性を残すが「チーム一丸となって、優勝に向かって。もう全部勝っていく勢いで。ファンの皆さんと一緒に優勝できるように頑張るだけだと思ってます」と遠藤。ということは、あすも行けと言われたら…。「もちろん行きます!」。若鯉の威勢のいい大きな声に敵地を赤く染めたスタンドは大盛り上がりだった。

情報源:20歳の若鯉・遠藤がプロ初勝利から中2日で初セーブ 中崎大炎上救った「優勝できるように頑張る」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:20歳の若鯉・遠藤がプロ初勝利から中2日で初セーブ 中崎大炎上救った「優勝できるように頑張る」― スポニチ Sponichi Annex 野球


2019年8月24日18時48分

遠藤はプロ初セーブを挙げ、ファンの声援に応える(撮影・前岡正明)
遠藤はプロ初セーブを挙げ、ファンの声援に応える(撮影・前岡正明)

<中日4-5広島>◇24日◇ナゴヤドーム

中日が9回に3点リードを追いつかれながら、10回に会沢翼捕手(31)の適時打で勝ち越し、勝利を収めた。遠藤淳志投手(20)が10回を3者凡退に抑え、プロ初セーブを挙げた。緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り。

-遠藤が初S

緒方監督 たいしたもの。度胸があるよ。それは、1軍に上がってきたときからずっと感じてきている。体の疲れとか、1年間通してやったことのない選手が、波がありながらも、成長してくれている。最後、ああいう場面で、きちっと抑えてくれるんだからたいしたもんだ。野手も、あの追いつかれた中で1点取ることはすごく難しいことだと思うよ。誠也がああやって長打を打ってくれた中で、アツがかえしてくれるんだから。たいしたもんだって。みんな今日また全員で…悪い人がいたかもしれないけど、全員で勝ち取った勝利。また明日の戦いにつながると思う。

-遠藤を抑えに固定する考えは

緒方監督 勝ちの流れのところで使う。連投したらスタミナ面とかあるから、そこはちょっと空けながら。勝ちゲームで使う。

情報源:緒方監督、プロ初S遠藤「度胸があるよ」一問一答(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:緒方監督、プロ初S遠藤「度胸があるよ」一問一答 – プロ野球 : 日刊スポーツ


2019年8月24日20時11分

中日対広島 プロ初セーブの遠藤はファンの声援に応える(撮影・前岡正明)
中日対広島 プロ初セーブの遠藤はファンの声援に応える(撮影・前岡正明)

<中日4-5広島>◇24日◇ナゴヤドーム

広島遠藤淳志投手(20)が1点リードの延長10回を3人で切り抜け、プロ初セーブを挙げた。

抑えの中崎が9回に3点リードを追いつかれる展開で、10回に勝ち越した1点を守り切った。20歳4カ月でのセーブは、11年に20歳5カ月で記録した今村猛を抜く球団最年少記録。3日前にプロ初勝利を挙げたばかり。決勝打を放った女房役の会沢から2個目の記念球を受け取り、「実家に飾ります」と笑顔を見せた。

ヒーローインタビューでは、高らかに「サイコーで~す」と叫んだ。鈴木がお立ち台に上がった時のお決まりのセリフで、チームではやっているフレーズ。自分も言おうと決めていたが、3日前の初勝利のお立ち台で言い忘れ「次は言います」と予告していた。この日は最後に「ファンの皆さんと一緒に優勝できるように頑張るだけです」と締めた。2年目だが、チーム一丸で戦う覚悟は十分だ。

緒方監督は「たいしたもの。度胸があるよ。1軍に上がってきたときからずっと感じている」と絶賛。今後の抑え固定は否定したが「勝ちゲームで使う」と改めて話した。連敗は2でストップ。若い力で広島が踏みとどまった。【村野森】

情報源:広島遠藤プロ初S、記念球は「実家に飾ります」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島遠藤プロ初S、記念球は「実家に飾ります」 – プロ野球 : 日刊スポーツ


広島・小園(二回は左翼線に同点二塁打、八回には右前適時打を放ち)「(1本目は1死一、三塁で)外飛を打つ気持ちでいった。落ちた所が良かった。(2本目は)気持ちで持っていった」

同・中崎(九回に登板。3点リードを守れず)「(勝利投手の権利を消した)床田に申し訳ない」

同・サンタナ(菊池に代わって二塁で先発。二回1死二、三塁で中前に勝ち越しの2点適時打。一回に先制を許す適時失策を取り戻し)「中堅方向を意識してコンパクトに打つことができた。好機で安打が出て良かった」

同・佐々岡投手コーチ(遠藤、中崎について)「十回は同点でも遠藤だった、抑えたのはたいしたもの。ただ今後、遠藤を抑えで使い続けることはない。中崎の起用法はまだ決められない」

情報源:【ダッグアウト】8月24日中日戦 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


2年目の遠藤がもつれた試合を見事に締めくくった。1点勝ち越した十回に登板し、「点を取られたらいけない場面だったので気持ちで抑えた」。20歳4カ月でプロ初セーブをマークし、今村の球団最年少記録を約1カ月更新した。

この日、タイミングが合っていた阿部、藤井を切って取るなど三者凡退に抑えた。「ただただ、うれしい。ウイニングボールは会沢さんが渡してくれた。実家に飾る」と初々しく話し、「ここから優勝に向かって、全員一丸で勝ちにいく」。首脳陣の信頼感も急上昇中の右腕は力強く言い切った。

情報源:8月24日中日戦 球団最年少記録 遠藤が初セーブ | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


10日以来の先発登板の床田が6回1失点(自責は0)と好投した。2軍降格の前、140キロになかなか届かなかった直球は「下で遠投して調整した」と最速147キロをマーク。しかし、「先頭への被安打や与四球が多く、あまり良くなかった。悪い中でも抑えられたのが収穫かな」と自己評価は辛かった。

六回は圧巻だった。無死一、三塁とされ、「球数からもこの回が最後」とギアチェンジ。高橋は浅い左直、阿部は高めの147キロで空振り三振、木下拓は右飛に打ち取り、無失点に抑えた。「たまたま正面に飛んでくれた。何とか先発ローテで回れるよう頑張る」と最後まで控えめだった。

情報源:8月24日中日戦 「悪くても抑えた」床田に収穫 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


―ナイスピッチングでした。

ありがとうございます。

―最後は十回を任されてどんな気持ちでしたか。

焦ることなく、一人ずつアウトを取ろうと思った。

―3人でぴしゃり。初セーブの気持ちは。

最高でーす。

―先日はプロ初勝利もあり、そして初セーブ。勝利とセーブで、気持ちに違いはありますか。

いやー。特にはない。うれしいだけ。

―試合の最後を締めくくるのは気持ちいいですか。

最後にみんなとハイタッチができてうれしかった。

―ナゴヤドームですが、左翼席が真っ赤です。

ファンの前で初セーブ、そして勝てたことがうれしかった。

―8、9月は負けられない試合が続きます。どんな投球をしようと心に決めていますか。

チーム一丸となって優勝に向かって。全て勝っていく勢いで、ファンのみなさんと一緒に優勝できるように頑張るだけ。

―あしたも遠藤いけといわれたらどうですか。

もちろんいきます。いつも温かい応援ありがとうございます。これからも温かい応援をお願いします。ありがとうございました。

情報源:8月24日中日戦 遠藤のヒーローインタビュー | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


【中日―広島】会沢(右)と握手を交わす遠藤
【中日―広島】会沢(右)と握手を交わす遠藤

◇中日―広島19回戦(広島12勝7敗、14時00分、ナゴヤドーム、35993人)

広 島0300000101―5
中 日1000000030―4
(延長10回)

(広)床田、菊池保、フランスア、中崎、遠藤―会沢
(中)柳、又吉、祖父江、岡田―木下拓、加藤、石橋

▽勝 中崎35試合3勝3敗9S
▽S 遠藤28試合1勝1S
▽敗 岡田41試合2勝2敗8S

●…九回に3点差を追い付かれた広島は4―4の延長十回、1死満塁から会沢の右前適時打で勝ち越した。中崎は3勝目で、遠藤が初セーブを挙げた。九回に4安打を集中して同点とした中日は、十回に岡田が痛打を浴びた。

情報源:8月24日中日戦 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


捕手のさがなのだろう。ロッカールームから引き揚げる通路で「ふー」と大きく息を吐いた会沢の表情は、決勝打を放った殊勲者のそれではなかった。「あそこは何とかね。点が入って良かった」。延長までもつれた末の1勝を、複雑な心境でかみしめた。

意地の一打は4―1が4―4になった直後に生まれた。鈴木の二塁打などでつくった十回1死満塁。「割り切っていけた」と1ボール1ストライクからの143キロを右前にはじき返した。打席に入る前の時点で、得点圏打率は3割5分1厘。数字通りの勝負強さを見せ、一塁上で両手をポンポンとたたいた。

心中穏やかではなかったはずだ。「ああしとけば良かった、こうしとけば良かったというのは毎日ある」と言うように、第一に考えるのはマスクをかぶったときのこと。この日は九回に3点差を追い付かれ、すんなり勝ち切れなかった。「あそこをしっかり抑えられていたら良かった」というのは本心に違いない。

最後の打者を空振り三振に仕留めた時、決勝打の時より大きなガッツポーズを見せた。「遠藤がナイスピッチングだった」。自身の一打は脇に置き、プロ初セーブの20歳を称賛する言葉を残してゆっくりバスに乗り込んだ。(友岡真彦)

情報源:8月24日中日戦 追い付かれた末 意地の決勝打 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


中国新聞 緒方語録
中国新聞 緒方語録

◆プロ初セーブの遠藤を絶賛し

「たいしたもの。度胸があるよ。それは、1軍に上がってきた時からずっと感じてきている。1年間通してやったことのない選手が、波がありながらも、成長してくれている。最後、ああいう場面で、きちっと抑えてくれるんだから。遠藤は勝ちの流れの中で使う。連投したらスタミナ面とか(に影響が)あるから、そこは(登板間隔を)空けながら使う」

◆十回に勝ち越した打線の反発力に

「あの追い付かれた中で1点取るのはすごく難しいことだと思うよ。誠也(鈴木)が長打(二塁打)を打ってくれた中でアツ(会沢)がかえしてくれるんだからたいしたもんだって。(調子が)悪い人がいたかもしれないけど、全員で勝ち取った勝利。また明日の戦いにつながると思う」

情報源:8月24日中日戦 「遠藤たいしたもの」 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


中国新聞 球炎
中国新聞 球炎

プロ野球選手には歴史がある。三好は自らの出発点を忘れていない。4年目の2015年6月21日、ロッテ戦。先発出場し、やっと挙げたプロ初打点。「(球場は)千葉でしたよね。直球とフォーク。今と同じで、すごい球を投げていました」。その試合、先発マウンドに立ち、勝ち投手となったのは菊池保だった。

それから仙台で伸び悩んだ2人は、また広島で巡り合った。7月、三好が半年遅れでカープへやってくると、菊池保からは「すごく明るい雰囲気で、いいチームだぞ」と歓迎されたという。広島の水が合っていた。

2人の活躍は球団の人材発掘の確かさも示している。菊池保は勝ちパターンの継投の一角を完全に奪った。この日は七回を無失点で抑え、ここ20試合で1失点。三好はサンタナの二塁守備を補うために途中出場。七回は京田のライナーを好捕するなど、二つのアウトに携わった。

三塁ベンチに戻りながら、グラブを掲げ、たたえ合った2人。昨季移籍してきた曽根も含め、それぞれが働き場をがっちりとつかんでいる。かつての広島では目立たなかったトレード組の奮闘。それはフロントには自信を、グラウンドには活気を与えていく。(五反田康彦)

情報源:8月24日中日戦 活気呼ぶトレード組の奮闘 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル



ハイライト

延長10回 会沢の決勝タイムリー


巨人にM20が点灯したけど、明日も勝って勝ち超そう。