9回、大山(右)にサヨナラ3ランを浴び、ガックリとベンチに戻るフランスア(撮影・高部洋祐)

悪夢の逆転サヨナラ負け

2019/8/10 vs阪神 20回戦(京セラD)阪神6-5広島


9回、大山(右)にサヨナラ3ランを浴び、ガックリとベンチに戻るフランスア(撮影・高部洋祐)
9回、大山(右)にサヨナラ3ランを浴び、ガックリとベンチに戻るフランスア(撮影・高部洋祐)

「阪神6-5広島」(10日、京セラドーム大阪)

広島は守護神・フランスアの乱調で悪夢の逆転サヨナラ負け。首位・巨人との差が2・5ゲームに広がった。

5-3で迎えた九回。この回、マウンドに上がったフランスアがマルテに中前打を許すと、ソラーテをフルカウントから歩かせた。無死一、二塁で、大山に1ボールからの2球目の外角ストレートを右翼席へ運ばれ、今季3度目のサヨナラ負けとなった。

1-2と阪神に逆転を許した直後の三回。先頭・菊池涼が左前打で出塁すると、3番バティスタが左越えの適時二塁打を放ち同点。その後、無死一、三塁と好機を広げ、5番松山が左翼手・ソラーテのグラブをはじく左越えの2点二塁打を放った。さらに小園の遊ゴロの間に1点を追加。この回4得点のビッグイニングで再逆転した。

先発の床田は2回4安打2失点でKOされたが、2番手の遠藤が3回1/3を3安打5三振1失点と好投。その後も中村恭、菊池保、中崎とつないでリードを保ったが、フランスアが誤算だった。首位・巨人、2位・DeNAがともに勝利する中で、痛恨の1敗となった。

情報源:広島、悪夢の逆転サヨナラ負け 守護神・フランスアが逆転3ラン被弾(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:悪夢の逆転サヨナラ負け 守護神・フランスアが逆転3ラン被弾/広島カープ/デイリースポーツ online


2019年8月10日 22:15

<神・広>9回、フランスアが無死一、二塁から大山に右越え逆転サヨナラ3点本塁打を浴びる(撮影・成瀬 徹)
<神・広>9回、フランスアが無死一、二塁から大山に右越え逆転サヨナラ3点本塁打を浴びる(撮影・成瀬 徹)

◇セ・リーグ 広島5―6阪神(2019年8月10日 京セラドーム大阪)

3位広島が4位阪神に5-6でサヨナラ負け。5-3とリードした9回、フランスアが無死一、二塁から大山に12号逆転サヨナラ3ランを被弾。劇的な幕切れによって痛い星を落とした。

広島は2回、1死満塁から小園の右前適時打で1点を先制。その裏に2点を失い逆転されるも3回、再び勝ち越しに成功した。先頭の菊池涼が左安打で出塁すると、続くバティスタがレフトフェンス直撃の同点適時打。さらに鈴木がショートへの内野安打で続き無死一、三塁とチャンスを広げると松山のレフトへの飛球をソラーテが落球。幸運な2点適時二塁打によって再逆転すると1死一、三塁から小園の遊ゴロの間に1点を追加。この回一挙4点を奪った。

先発の床田は今季最短の2回4安打2失点で降板。2番手の遠藤は3、4、5回を無失点と好投するも6回1死満塁としたところで降板。3番手の中村恭は押し出しで1点を与えたが福留を空振り三振、マルテを三飛に打ち取って一打同点のピンチを切り抜けた。7回には4番手の菊池保がソラーテ、大山に連打を許しながらも後続を打ち取って無失点。

8回は中崎が無失点に抑え、フランスアが5-3とリードした9回のマウンドへ。しかし、先頭のマルテに中安打、続くソラーテに四球を与え無死一、二塁とすると大山に投じた2球目をライトスタンドへと運ばれ試合終了。フランスアが4敗目を喫した。

情報源:広島 痛恨黒星…フランスア、9回逆転サヨナラ3ラン被弾(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島 痛恨黒星…フランスア、9回逆転サヨナラ3ラン被弾― スポニチ Sponichi Annex 野球


2019年8月10日 22時27分

痛恨のサヨナラ3ランを許した広島・フランスア
痛恨のサヨナラ3ランを許した広島・フランスア

◆阪神6×―5広島(10日・京セラドーム大阪)

広島が今季3度目のサヨナラ負けで、巨人、DeNAが勝利する中、手痛い黒星を喫した。

先発・床田の状態が悪く、わずか2イニングで降板。その後はリリーフ陣の小刻みな継投でしのいだ。しかし2点リードの9回、守護神のフランスアがマルテの中前安打、ソラーテの四球で走者をためると、大山に逆転3ランを被弾。最後の最後であっさりとひっくり返された。

フランスアはこれで3試合連続失点。この日は8回を任された中崎が1イニングを無失点でしのいだが、まだ完全復活とは言い難い状況だ。佐々岡投手コーチは「ずっと失点している。ただ簡単に代えられるポジションではないからね」と険しい表情を浮かべた。

情報源:【広島】フランスアがまさか被弾で今季3度目サヨナラ負け 3強唯一の黒星で首位・巨人に2・5ゲーム差(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:【広島】フランスアがまさか被弾で今季3度目サヨナラ負け 3強唯一の黒星で首位・巨人に2・5ゲーム差 : スポーツ報知


2019年8月10日22時34分

阪神対広島 大山悠輔にサヨナラ本塁打を浴びたヘロニモ・フランスアは引き揚げる(撮影・奥田泰也)
阪神対広島 大山悠輔にサヨナラ本塁打を浴びたヘロニモ・フランスアは引き揚げる(撮影・奥田泰也)

<阪神6-5広島>◇10日◇京セラドーム大阪

広島がまさかのサヨナラ負けだ。2点リードで9回にヘロニモ・フランスア投手が登板する必勝パターンに持ち込んだが、その守護神が打たれた。

先頭マルテに中前打を浴び、続くソラーテは四球。無死一、二塁から、この日6番に下がっていた大山にサヨナラ3ランを浴びた。「投球は悪くなかったけど、打たれる日はある」。失意の左腕はそれだけ話し、迎えのバスに乗り込んだ。

緒方監督の勝負手が決まりかけていた。不調の先発床田を2回で諦めた。3回から登板した2番手遠藤は最速146キロのストレート、フォーク、カーブ、スライダーを投げ分け3回1/3を3安打1失点。プロ初勝利を目前にしていた。

首位巨人、2位DeNAが勝っており、3強で1人負け。首位とのゲーム差は2・5に開いた。緒方監督は「失点しないピッチャーはいない。明日また切り替えてやってくれればいい。今日はそれだけ」と前を向いた。ショックを振り払い、11日の同カードで7カード連続勝ち越しを狙う。

情報源:広島フランスアがサヨナラ被弾、ゲーム差2・5に(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島フランスアがサヨナラ被弾、ゲーム差2・5に – プロ野球 : 日刊スポーツ


2019年8月10日23時44分

阪神対広島 9回裏阪神無死一、二塁、フランスアは大山に右越え3点サヨナラ本塁打を被弾しサヨナラ負け(撮影・加藤哉)
阪神対広島 9回裏阪神無死一、二塁、フランスアは大山に右越え3点サヨナラ本塁打を被弾しサヨナラ負け(撮影・加藤哉)

<阪神6-5広島>◇10日◇京セラドーム大阪

広島が痛恨の逆転サヨナラ負けだ。

2点リードの9回にフランスアが登板。3連勝は目前だったが、安打と四球で走者をため、大山に3ランを浴びた。今季途中から中崎に代わり守護神を務めてきたが、これで3試合連続失点。「投球は悪くなかったけど打たれる日はある」と言葉を絞りだした。佐々岡投手コーチは「簡単に代えられないポジション。ザキ(中崎)がしっかりしてくれたらいいんだけど」と苦しい胸の内を明かした。

ここにきて、救援陣の不安が大きくなった。8回は中崎が2軍から復帰後初めてリードした場面で起用されたが、ファウルで粘られ3つのアウトを取るのに25球を要した。3年連続胴上げ投手の経験でしのいだが、本来の姿ではない。首位巨人、2位DeNAが勝ち、3強で1人負け。首位との差が2・5ゲームに開く中、立て直しが急務だ。

緒方孝市監督は「失点しないピッチャーはいない。明日また切り替えてやってくれればいい」と前を向いた。残り36戦。食らいついていくしかない。【村野森】

情報源:広島サヨナラ負け「ザキがしっかり…」佐々岡コーチ(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島サヨナラ負け「ザキがしっかり…」佐々岡コーチ – プロ野球 : 日刊スポーツ


【阪神―広島】三回、松山
【阪神―広島】三回、松山

◇阪神―広島20回戦(10勝10敗、18時01分、京セラドーム大阪、36030人)

広 島014000000―5
阪 神020001003―6

(広)床田、遠藤、中村恭、菊池保、中崎、フランスア―会沢
(神)西、能見、島本、岩崎―梅野

▽勝 岩崎26試合2勝
▽敗 フランスア50試合6勝4敗6S
▽本塁打 大山12号(3)(フランスア)=9回

●…広島はフランスアが誤算だった。3―5の九回無死一、二塁、大山に逆転サヨナラ3ランを喫した。広島は1―2の三回に松山の2点二塁打などで4点を奪い、遠藤らが好救援を見せていたが、実らなかった。阪神は九回を抑えた岩崎が2勝目。

情報源:8月10日阪神戦 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


【阪神―広島】九回、阪神無死一、二塁、大山にサヨナラ本塁打を浴び、肩を落として引き揚げるフランスア(撮影・天畠智則)
【阪神―広島】九回、阪神無死一、二塁、大山にサヨナラ本塁打を浴び、肩を落として引き揚げるフランスア(撮影・天畠智則)

三回からつないできた救援陣のたすきは、アンカーでぷっつりと途絶えた。5―3の九回に登板したフランスアが逆転3ランを浴び、まさかのサヨナラ負け。「投球は悪くなかったけど、打たれる日はある」。うつろな表情で足早にバスに乗り込んだ。

先頭マルテに中前打を許すと制球が微妙に乱れた。ソラーテにはフルカウントから四球で無死一、二塁。1ボールから大山に投じた外角の147キロは右翼方向へ舞い上がった。本人は左手を突き上げて打ち取った感覚があったようだが、打球は右翼席へ。喜びに沸く阪神ナインに背を向けて、ベンチ裏へと消えた。

チーム最多の登板50試合とフル回転してきた。昨年5月に支配下選手契約を結び日本で1年間投げ抜くのは初めて。疲れからか150キロに届かない直球も少なくなく3試合連続失点となった。佐々岡投手コーチは「ずっと失点している。ただ簡単に代えられるポジションではない」と語った。

七回は菊池保、八回は中崎が担い、七回以降の勝ちパターンも流動的な状況。佐々岡コーチは「(守護神は)ザキ(中崎)がしっかりしてくれたら(というの)もある」。救援陣の再編は避けられない状況になってきた。(川手寿志)

情報源:8月10日阪神戦 フランスア、痛恨被弾 九回逆転サヨナラ喫す | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


広島・遠藤(三回から登板し、3回1/3を1失点。プロ初勝利の権利を手にしていたが、チームはサヨナラ負け)「準備はしていた。チームが勝つことだけを意識して投げた。内角に投げ切れずに打たれた前回(1/3回で4安打3失点)の反省点を生かせた。(初勝利を逃したのは)まだまだということ」

同・小園(二回1死満塁で先制の右前適時打)「追い込まれていたので食らいついた。チャンスで何とか走者をかえせて良かったです」

情報源:【ダッグアウト】8月10日阪神戦 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


床田が2点を失い、2回で降板した。二回にもらった先取点をあっさり吐き出し、投手の西にも安打を浴びた。「状態はいつもとあまり変わらなかったが、スピードが出ていない」と振り返り「もっと体を大きく使わないといけない。周囲からも腕が振れていないと言われている」と修正点を口にした。

直球は140キロに達しない球が多く、佐々岡投手コーチも「球も走ってないし、ブルペンでも良くなくて、そのままだった」と不調を認める。今後については「まだこの1試合なんでね」と、すぐに先発を外すことはなさそうな口ぶりだった。

情報源:8月10日阪神戦 床田が2回降板 「スピード出ず」 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


三回、広島無死一、三塁、松山が2点二塁打を放ち4―2とする
三回、広島無死一、三塁、松山が2点二塁打を放ち4―2とする

打線が1点を追う三回、見事につながった。5安打を集めて一挙4得点。この試合前までは対戦防御率1・50、7日前も6回1点に抑えられて敗れた苦手の阪神・西を攻略した。

先頭菊池の左前打の後、バティスタが同点の左越え二塁打。「バットの先だったが、よく飛んでくれた」と自画自賛した。鈴木の安打の後、松山が勝ち越しの2点二塁打。スライダーをうまく捉えると飛球は左翼手の頭上を越えた。「気持ちで打った。何とか抜けてくれて良かった」と気力の一打を強調した。

しかし長い試合を戦った末に悔しいサヨナラ負け。集中打を生かせず、試合後は倦怠(けんたい)感が漂った。

情報源:8月10日阪神戦 三回4点、苦手の西を攻略 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


中国新聞 緒方語録
中国新聞 緒方語録

◆九回、抑えのフランスアが大山に3ランを浴び、無念のサヨナラ負け

「失点しない投手はいない。また明日、切り替えてやってくれればいい」

情報源:8月10日阪神戦 失点しない投手いない | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル


中国新聞 球炎
中国新聞 球炎

野村謙二郎前監督は2014年、新人右腕をかたくなに先発から外さなかった。負けても、球速が落ちても、使い続けた。役割を1シーズン全うした後、プロで戦う上での大切なことを気付かせるために。「投げさせてもらった年でした」。大瀬良はそう謙遜するが、独り立ちできた出発点はあの年の苦難だった。

経験のない投手が、休まず投げ続ける難しさ。実質1年目。新人王の権利を持つ床田は、今季まだ一度も先発を飛ばしておらず、19試合登板は大瀬良と同じ。疲れ、対戦相手の研究…。最近は登板日が巡ってくるのがあっという間に感じ始めた。

春は軽く放って150キロが出ていた左腕がこの日、140キロをなかなか超えない。こんな姿を初めて見る。二回、梅野に右中間適時二塁打されたツーシームも決して悪いコースではない。たった39球で降板。今季最も少ない球数だった。

正念場に立った。チームの勝ち負けが度外視できない時期、若き左腕は首脳陣の信頼を保ち続けることができるか。ここを乗り越えてこそ来季、もう一つ上のステージが見える。床田が今、胸に刻むのは携帯電話に大瀬良から届いたメッセージ。「一緒に先発に食らいつこう」(五反田康彦)

情報源:8月10日阪神戦 先発守れるか、床田正念場 | 広島東洋カープ | 中国新聞デジタル



ハイライト


ソラーテに四球を許した時点で嫌な予感はしていたんだよな・・・
今日は必ず勝って、中日・ヤクルトにも頑張ってもらわないと。