(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:5 井上一門4人目の刺客、「バッサリ切られた」:朝日新聞デジタル

2018年、第31期竜王戦5組準決勝の対船江戦


2019年7月21日05時00分

史上最年少での七段昇段を決めた後、報道陣のインタビューに答える藤井聡太新七段(左)=2018年5月18日、大阪市福島区の関西将棋会館
史上最年少での七段昇段を決めた後、報道陣のインタビューに答える藤井聡太新七段(左)=2018年5月18日、大阪市福島区の関西将棋会館

七段への昇段をかけた一番は、船江恒平(ふなえこうへい)六段(32)との対戦だった。当時15歳9カ月の藤井聡太が勝てば、加藤一二三(ひふみ)九段(79)が持つ七段昇段の最年少記録(17歳3カ月)を61年ぶりに塗り替える。一方、船江は「藤井キラー」と評される井上慶太九段(55)の一門だ。

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です

情報源:(大志 藤井聡太のいる時代)激闘編:5 井上一門4人目の刺客、「バッサリ切られた」:朝日新聞デジタル




第31期竜王戦 5組ランキング戦の準決勝での対船江戦。

それまで負けていた、稲葉陽八段(第67回NHK杯)、菅井竜也王位(現七段・第44期棋王戦)、井上慶太九段(第68期王将戦)、に続く井上一門4人目。この後には新人王戦の決勝三番勝負で出口若武奨励会三段(現四段)に勝っている。