<広・巨>8回裏2死二塁、バティスタは右越えに勝ち越しの2点本塁打を放つ (撮影・奥 調)

広島が連夜の逆転勝ち バティスタV弾&同点弾 王者の意地で自力V消滅の危機回避

2019/7/20 vs巨人 13回戦(マツダ)広島-2巨人


8回、2打席連続の勝ち越し2ランを放ちガッツポーズで雄叫びをあげる広島・バティスタ
8回、2打席連続の勝ち越し2ランを放ちガッツポーズで雄叫びをあげる広島・バティスタ

「広島4-2巨人」(20日、マツダスタジアム)

広島が連夜の逆転勝ちで巨人に2連勝。負ければ自力V消滅の一戦で意地を示し、カード勝ち越しを決めた。

本拠地が大歓声に包まれたのは同点の八回、2死二塁。バティスタが右翼席へ2打席連発、値千金の21号2ラン。巨人デラロサを粉砕し、リードを奪った。

6回、同点2ランを放つ広島・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
6回、同点2ランを放つ広島・バティスタ=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)

流れを引き寄せたのも助っ人のバットだった。六回、今村から2年連続20号となる同点2ラン。劣勢ムードを一変させた。

投手陣も奮闘した。先発床田は5回2失点。その後は菊池保、今村、フランスアとつなぎ、ロースコアの展開に持ち込んだ。

4回、ピンチをしのぎ手を叩いて喜ぶ広島・床田寛樹
4回、ピンチをしのぎ手を叩いて喜ぶ広島・床田寛樹

巨人は3連敗。三回、亀井の10号ソロで先制。五回は岡本の適時打でリードを広げた。今村は7回4安打2失点と試合をつくったが、1球に泣いた。

情報源:広島が連夜の逆転勝ち バティスタV弾&同点弾 王者の意地で自力V消滅の危機回避(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島が連夜の逆転勝ち バティスタV弾&同点弾 王者の意地で自力V消滅の危機回避/広島カープ/デイリースポーツ online


2019年7月20日 20:48

<広・巨>8回裏2死二塁、バティスタは右越えに勝ち越しの2点本塁打を放つ (撮影・奥 調)
<広・巨>8回裏2死二塁、バティスタは右越えに勝ち越しの2点本塁打を放つ (撮影・奥 調)

◇セ・リーグ 広島4―2巨人(2019年7月20日 マツダ)

広島が負ければ自力V消滅という1戦で首位を独走する巨人に4―2で逆転勝ちを収め、6月1日以来49日ぶりとなる2連勝。6カードぶりの勝ち越しを決め、借金を4に減らした。巨人は3連敗。

5回まで巨人先発の左腕・今村に散発2安打に抑えられて二塁も踏ませてもらえなかった広島だったが、3番に座ったバティスタの値千金の2発で劇的な逆転勝ちを収めた。

0―2で迎えた6回、バティスタが左中間スタンドへ今村から起死回生の同点20号2ランを放つと、8回には3番手・デラロサから2打席連発となる逆転の21号2ラン。5点差を徐々に詰め、8回に会沢の逆転2ランでひっくり返した前夜に続いての劇的勝利となった。

巨人は3回に亀井が右越え10号ソロを放って先制。5回には岡本の適時打で2点リードを奪った。だが、今村が同点弾を浴びると、8回には2番手・田口が先頭・田中広を四球で歩かせてから3番手・デラロサが痛恨の逆転2ランを被弾。3連敗となった。

情報源:広島 連夜の劇弾で巨人に2連勝、またも自力V消滅回避 散発2安打一転、バティスタ2ラン2発で決着(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島 連夜の劇弾で巨人に2連勝、またも自力V消滅回避 散発2安打一転、バティスタ2ラン2発で決着― スポニチ Sponichi Annex 野球


バティスタの2本の2ランで連夜の逆転勝ち「ナイスバッティングだった」

■広島 4-2 巨人(20日・マツダスタジアム)

広島は20日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に4-2で勝利した。5回終了まで0-2と劣勢の展開から、バティスタの2本の2ランで連夜の逆転勝ちとなった。チームは6月1日に5連勝を記録して以来の連勝となり、緒方監督は「今日も粘り強く戦った中で、ファンの人に喜んでもらえるような勝利で嬉しい」と表情は晴れやかだった。

先発の床田が5回2失点で降板。初回は3者凡退のスタートだったが、2回以降は毎回走者を許す苦しい内容だった。緒方監督は「床田はランナーを背負って苦しい展開だった。その中でキクでしょう。あの展開で、すごいプレーを見せてくれた」と、4回の2死ニ、三塁の場面で、神業的なグラブトスでピンチを救った菊池涼の守備を称賛した。6回から小園に代わってショートに入った田中広も好守を見せた。指揮官は「(田中)広輔もいいプレーして守り抜いた中で、バティスタが2本の本塁打。ナイスバッティングだった」と守り勝った結果に満足そうだった。

首位を独走する巨人相手に、チームは約1か月半ぶりの連勝となり、「久々だからね」と表情も緩んだ緒方監督。「これからも1試合、1試合なので、明日からもいいゲームをファンに見せていきたい」と、チームの復調に手応えを感じているようだった。

情報源:広島・緒方監督、バティスタの2本塁打&菊池の守備を絶賛「すごいプレー」(Full-Count) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島・緒方監督、バティスタの2本塁打&菊池の守備を絶賛「すごいプレー」 | Full-count


2019年7月20日 22:00

<広・巨>ヒーローインタビューでフェリシアーノ通訳(中央)とポーズをとるバティスタ (撮影・奥 調)
<広・巨>ヒーローインタビューでフェリシアーノ通訳(中央)とポーズをとるバティスタ (撮影・奥 調)

セ・リーグ 広島4―2巨人 ( 2019年7月20日 マツダ )

広島が連夜の劇的アーチで首位・巨人を連続撃破。2日連続で自力V消滅を回避するとともに6月1日以来49日ぶりとなる2連勝を飾り、6カードぶりの勝ち越しを決めた。
劣勢を吹き飛ばしたのは3番・バティスタのひと振りならぬふた振りだった。0―2で迎えた6回、それまでチームが散発2安打に抑えられていた巨人先発左腕・今村から左中間スタンドへ起死回生の同点20号2ラン。2―2で迎えた8回には3番手右腕・デラロサから2打席連発となる逆転の21号2ランを今度は右翼スタンドへ叩き込んで試合を決めた。

5点差を徐々に詰めて会沢の2ランで8回に試合をひっくり返した前夜に続き、あまりに劇的な首位・巨人相手の勝利。文句なしのヒーローとなったバティスタはお立ち台で「アリガトウゴザイマス!」と自ら日本語でコメントすると、興奮を抑え切れないフェリシアーノ通訳が「本当にうれしい。きのう逆転できた。すごい良かった。で、きょうまた…え~…うれしい!良かったです!」と続けてスタンドを盛り上げるのを横目に見ながら満足そうに笑った。

「1打席目と2打席目あまり良くなかったけど、その打席は集中した。いいボールをずっと待ってた」とバティスタ。「手応えは?」「バッティングの調子は?」というインタビュアーからの2つの質問にはフェリシアーノ通訳が訳す前に主砲・鈴木誠也のお株を奪う「サイコーで~す!」を日本語で2度叫んでさらにスタンドのボルテージを上げる最高のエンターテイナーぶりだった。

そして、ヒーローインタビューを終えるとフェリシアーノ通訳を真ん中にマスコット「スラィリー」もまじえた3ショットでポーズを決めたヒーロー。試合後には中日がDeNAに敗れ、中日と同率3位に並んだ。王者の意地に懸けてセ・リーグの灯はまだ消さない。

情報源:劇弾2発バティ、誠也のお株奪う「サイコーで~す」2回で喜び爆発 広島49日ぶり2連勝で同率3位!(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:劇弾2発バティ、誠也のお株奪う「サイコーで~す」2回で喜び爆発 広島49日ぶり2連勝で同率3位!― スポニチ Sponichi Annex 野球


2019年7月20日 22時12分

8回、決勝2ランを放ち、ベンチで祝福される広島・バティスタ
8回、決勝2ランを放ち、ベンチで祝福される広島・バティスタ

◆広島4―2巨人(20日・マツダスタジアム)

広島がサビエル・バティスタ外野手(27)の2ラン2連発で連夜の逆転勝利。6月1日以来の連勝で、リーグ戦再開後初となる6カードぶりの勝ち越しを決め、今月6日以来の3位タイに浮上した。

フェリシアーノ通訳への惜別砲だった。夫人の出産に立ち会うために4月にドミニカ共和国へ帰国したクレート通訳に代わって来日。広島OBで、母国ではカープアカデミーの投手コーチを務めていたが、“古巣”では同胞のサポートに専念していた。しかし再びクレート通訳と入れ替わる形で今月28日に帰国する。この日もフェリシアーノ通訳は「(1本目の本塁打?)低め。けど、自分、コンパクトスイング」と、ヒーローの言葉を必死に翻訳。バティスタは「寂しくなるけど、きょうは良かった。彼が帰る前にいい仕事ができたよ」と、偉大な先輩に感謝した。

チームはこのカードで1つでも負けるか引き分ければ、自力優勝の可能性が消滅する状況。いまだ崖っぷちには変わりないが、足を徳俵に乗せながらも反撃の姿勢を整えつつある。緒方孝市監督(50)は「ホントに粘り強く戦っていった中で、ホントにファンの人に喜んでもらえるような勝利になったので、非常にうれしい」とエビス顔だ。

今後の戦いについて「5月のような気持ちで臨みたい」と気合を込めたバティスタ。打率3割5分2厘で10本塁打、21打点をマークし、球団史上最多の月間20勝を挙げた初夏の爆発を再現すれば、ミラクル4連覇は夢なんかじゃなくなる。

情報源:【広島】バティスタ、2ラン連発で連夜の逆転!3位浮上は名物通訳のおかげ(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:【広島】バティスタ、2ラン連発で連夜の逆転!3位浮上は名物通訳のおかげ : スポーツ報知


2019年7月20日22時28分

広島対巨人 お立ち台で笑顔を見せるサビエル・バティスタ(撮影・栗木一考)
広島対巨人 お立ち台で笑顔を見せるサビエル・バティスタ(撮影・栗木一考)

<広島4-2巨人>◇20日◇マツダスタジアム

広島サビエル・バティスタ外野手(27)が、1カ月半ぶりの連勝をもたらした。3番一塁で先発し、同点2ラン&勝ち越しV2ランで、チームの全4打点を荒稼ぎ。2年連続20発に到達し、本来のポイントゲッターぶりを見せつけた。自力優勝消滅の危機も、2夜連続で回避。首位巨人とのゲーム差を10に縮め、中日と並ぶ3位に浮上した。

◇    ◇    ◇

切れるな、入ってくれ! バティスタの祈りを込めた視線の先、大飛球が右翼ポールを直撃した。同点の8回に飛び出した決勝2ラン。6回の同点2ランに続く2打席連発で、全4打点をたたき出した。「チームに貢献したかった。打たないといけなかった」と振り返った。

巨人3番手デラロサに、鮮やかにリベンジした。前夜の同カード、7回の同点機で見逃し三振に仕留められた相手。「今日もリリーフしてくると思っていた。迷惑かけていたので、打たないといけなかった。真っすぐだけ狙った」。積極的にいこうと決めていた。157キロの外角球に必死にバットを合わせ、大飛球を打ち上げた。

広島対巨人 8回裏広島2死二塁、バティスタは右越えに勝ち越し2点本塁打を放つ(撮影・栗木一考)
広島対巨人 8回裏広島2死二塁、バティスタは右越えに勝ち越し2点本塁打を放つ(撮影・栗木一考)

追い込まれていた。前日までの2試合で6三振を喫し、8打席無安打。この日も1、2打席目は先発今村に完璧に抑えられた。救援明けから3番に固定されているが、打たなければ下げられる。迎打撃コーチの「ストライクはしっかり振りにいこう」という助言を、何度も反すうした。剛速球に負けるわけにいかなかった。

絶対に打ちたい理由があった。初来日した父ホセさんが、ネット裏で観戦していた。子どものころ野球を教えてくれたホセさんがいなければ、カープアカデミーに入ることも、来日することもなかった。「父のために打ちたかった」。もう1人、ホームランを贈りたかったのが、28日にドミニカ共和国に帰国するフェリシアーノ通訳。「帰る前に打ててよかった」とかみしめた。

広島対巨人 ポーズを作る広島バティスタ(撮影・栗木一考)
広島対巨人 ポーズを作る広島バティスタ(撮影・栗木一考)

自力優勝消滅の危機を、2夜連続で回避した。緒方監督は「ファンに喜んでもらえるような試合ができて、本当にうれしい。バティスタが2本のホームランで…。ナイスバッティング」と絶賛した。連勝は、5月28日~6月1日の5連勝以来、1カ月半ぶり。崖っぷちの広島が、少しずつ本来の力を取り戻している。【村野森】

情報源:広島バティスタ全4打点 観戦父と帰国の通訳へ2発(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島バティスタ全4打点 観戦父と帰国の通訳へ2発 – プロ野球 : 日刊スポーツ


迎打撃コーチから「もっと積極的にいくように」、アドバイス受けて一日で復調

■広島 4-2 巨人(20日・マツダスタジアム)

広島のバティスタが、2本の2ランでチームに連夜の逆転勝利をもたらした。0-2の6回に巨人先発・今村から同点弾を放ったバティスタは、8回には3番手のデラロサからライトへの決勝2ランで試合を決めた。

打線が5回までわずか2安打に抑えられたが、6回に2死から菊池涼の安打の後、「追い込まれたのでポイントを前にして、しっかり自分のスイングで捉えることができた」とバックスクリーン横へ特大の一発。さらに8回には「デラロサの球は昨日も見ていた。スライダーを空振りしたが、真っ直ぐだけを待っていた」と振り切った打球は、ライトポールを直撃する殊勲の一打となった。バティスタは「距離はあったが、際どかったので、中に入ってくれと思いながら走った」と決勝弾を振り返った。

19日の試合では4打席で3三振。見逃し三振が2つと散々な結果に終わっていた。緒方監督は「バティはスイングができていない」と心配したが、「もっと積極的にいくようにバッティングコーチにアドバイスしてもらった」と迎打撃コーチの助言もあり、一日で復調した。「昨日は打てなかったが、気持ちを切り替えて試合に臨んだ。2打席目までヒットが出なかったので、なんとか貢献したいと思って打席に入った」というバティスタは「迎さんからボール球を見ることはできているが、ストライクをしっかり振らないといけないと言われた」というアドバイス通り、積極的な打撃で結果を出した。

スタンドには「初めて観戦に来た」という父親の姿があった。「今日の試合はお父さんのおかげ」と感謝したバティスタ。5月に月間打率.352、10本塁打、21打点で快進撃の原動力となったドミニカンが、再びチームを上昇気流に載せる。

情報源:広島バティスタ、同点弾&決勝弾の2ラン2連発 父が初観戦「お父さんのおかげ」(Full-Count) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:広島バティスタ、同点弾&決勝弾の2ラン2連発 父が初観戦「お父さんのおかげ」 | Full-count




バティスタの2本の2ランホームラン(6回と8回)

ハイライト

ヒーローインタビュー:X・バティスタ


今日はバティスタ様様だな。