渡辺明二冠が初の棋聖位奪取 三冠保持者に/将棋・棋聖戦五番勝負

渡辺明二冠が初の棋聖位奪取 三冠保持者に/将棋・棋聖戦五番勝負 | AbemaTIMES

136手まで、渡辺二冠の勝ち、棋聖奪取成功、渡辺三冠へ。


将棋のヒューリック杯棋聖戦五番勝負・第4局が7月9日、新潟県新潟市「高志の宿 高島屋」で行われ、挑戦者の渡辺明二冠(35)が豊島将之棋聖(名人、王位)に132手で勝利した。この結果、対戦成績を3勝1敗とし、初の棋聖を獲得し、棋王・王将と合わせて三冠保持者となった。

第1局を落とした渡辺二冠だが、第2局、第3局と連勝すると、後手番で迎えた第4局も攻め合いの中から、確実にリードを築き、粘る豊島棋聖の玉を逃さず寄せ切った。

渡辺二冠は永世竜王、永世棋王の資格を持ち、今回の奪取でタイトル通算23期に。2013年に竜王・棋王・王将で史上8人目の三冠を達成して以来の三冠復帰となった。対局後は「大変なシリーズになると思っていました。三度目の正直で結果を出せたのはうれしく思います。(三冠復帰は)まだあまり実感はないですが、長くいい状態が続いているので、こういう結果に結びつけることができてよかったなと思います」とコメントした。

情報源:渡辺明二冠が初の棋聖位奪取 三冠保持者に/将棋・棋聖戦五番勝負(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:渡辺明二冠が初の棋聖位奪取 三冠保持者に/将棋・棋聖戦五番勝負 | AbemaTIMES


2019年7月9日20時26分

将棋の第90期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第4局は9日、新潟市西蒲区で指され、挑戦者の渡辺明二冠(35)が豊島(とよしま)将之棋聖(29)に136手で勝ち、シリーズ成績3勝1敗でタイトルを奪取した。これで棋王、王将に棋聖を加えて自身2度目の三冠となり、通算タイトル獲得数を計23期に伸ばした。豊島棋聖は名人、王位の二冠に後退した。

2017年度に竜王を失冠し、名人戦・A級順位戦からの陥落も味わった渡辺新棋聖だったが、昨年度は圧倒的な成績でA級復帰を決めると、今年2月に王将位を奪取、3月には棋王7連覇を達成して復調をアピールした。名人を獲得して三冠になった豊島棋聖との五番勝負は現在の将棋界の頂上決戦として注目された。棋聖戦は過去2回挑戦し、いずれも失敗していた。

終局後、渡辺新棋聖は「大変なシリーズになるとは思っていたので、その中でうまく指すことができた。3度目の正直で結果が出せてよかった」と話した。(村上耕司)

情報源:渡辺明二冠が豊島棋聖に勝利 タイトル奪取、三冠に:朝日新聞デジタル


2019年7月9日 20時12分

将棋の八大タイトルの1つ「棋聖戦」で、挑戦者の渡辺明二冠がタイトルを持つ豊島将之三冠を破って、初めて「棋聖」のタイトルを獲得しました。渡辺さんは三冠に復帰し、二冠となった豊島さんを上回って現在のタイトルの最多保持者となりました。

第90期棋聖戦の五番勝負は、タイトルを持つ豊島将之三冠(29)に渡辺明二冠(35)が挑戦し、ここまで2勝1敗で渡辺二冠がリードしてタイトル獲得まであと1勝に迫っていました。

9日、新潟市で第4局が行われ、的確な差し手を見せた渡辺二冠が、午後7時半ごろ豊島三冠を投了に追い込んで勝利し、自身初となる「棋聖」のタイトルを獲得しました。

渡辺さんはこれで、現在持っている「棋王」と「王将」のタイトルと合わせて6年ぶりの三冠に復帰し、二冠となった豊島さんを上回って現在のタイトルの最多保持者となりました。

対局のあと渡辺さんは「過去、棋聖戦では結果が出せていなかったので、結果を出すことができて大変うれしく思います。まだ三冠の実感はあまりないですけど、長くいい状態が続いているので、こういう結果に結び付けることができてよかったです」と話しました。

また、敗れた豊島さんは「最終局まで指せるようにしたかったのですが、1勝3敗で終わり、力不足だったと思います」と話していました。

情報源:将棋 渡辺二冠が「棋聖」獲得 三冠に復帰 | NHKニュース


豊島将之棋聖に渡辺明二冠が挑戦する第90期ヒューリック杯棋聖戦の五番勝負第4局は、19時27分に136手で渡辺二冠の勝ちとなりました。消費時間は▲豊島3時間59分、△渡辺3時間59分。渡辺二冠が3勝1敗で五番勝負を制して初の棋聖獲得。2013年以来の三冠王となりました。

情報源:ヒューリック杯 棋聖戦中継 plus: 渡辺二冠が3勝1敗で五番勝負を制して三冠復帰


感想戦終了後、改めて渡辺新棋聖にインタビューが行われました。

――棋聖奪取と三冠達成につきまして、改めてご感想はいかがですか。
「大変な将棋だったので勝ちを意識する間もなくて。本当に最後の一分将棋になってからの折衝で勝ちになったので。これでタイトルを獲れるということを意識しながら指すような場面もなかったですね」
――今回、二冠対三冠ということで頂上決戦という形でしたが、それを制して三冠になられました。その結果についてはいかがでしょうか。
「今回ダメだと、またすぐに厳しい立場になるので、そういう意味ではなんとか勝ちたいなと思っていましたので、結果が出てよかったなと思います」
――今後、他の棋戦もチャンスがありますが、そちらについてはいかがですか。
「棋聖戦の挑戦が決まってからは、このことだけを考えていましたので。今の段階では次のタイトル戦ということはあんまり考えてなかったです」
――豊島三冠と戦ってのご感想はいかがですか。
「番勝負は初めてでしたが、凄く充実されていますので。自信を持たれているように感じました」
――今回は年下のタイトルホルダーに挑戦する形でした。
「自分のほうが若ければ、挑戦に失敗しても次がまたあると思えますが、自分が年上になると基本的にはこちらが年々厳しくなるので、余裕はなかった部分はあります」

情報源:ヒューリック杯 棋聖戦中継 plus: 渡辺新棋聖インタビュー


豊島将之棋聖に渡辺明二冠が挑戦する第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第4局が7月9日(火)に新潟県新潟市「高志の宿 高島屋」で行われ、渡辺二冠が豊島棋聖を136手で破り、3勝1敗としました。

これで、渡辺二冠はタイトル戦を制して初の棋聖獲得、三冠となりました。

情報源:渡辺明二冠が豊島将之棋聖を破りタイトル獲得 第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第4局|将棋ニュース|日本将棋連盟


豊島将之棋聖 vs △渡辺明二冠(棋譜DB棋譜を見る

136手まで、渡辺二冠の勝ち、棋聖奪取成功、渡辺三冠へ。




棋聖獲得が初ってのがちょっと意外。