羽生善治九段、佐々木大地五段と1分将棋から千日手 指し直し局が開始/将棋・王座戦挑戦者決定T

羽生善治九段、佐々木大地五段と1分将棋から千日手 指し直し局が開始/将棋・王座戦挑戦者決定T | AbemaTIMES

141手まで、千日手成立、先後入れ替えで佐々木五段の先手で指し直し
初手は、▲佐々木五段 2六歩、△羽生九段 3四歩


将棋の王座戦挑戦者決定トーナメント2回戦が6月24日に行われ、羽生善治九段(48)と佐々木大地五段(24)との対局は、持ち時間5時間を使い切り、1分将棋に入ってから141手で千日手が成立、指し直しとなった。

両者、ゆったりと時間を使って進んだ対局は、羽生九段優勢のまま最終盤へ。粘りを見せた佐々木五段の最後の攻撃に対して、羽生九段も手順を変えることができず、同一局面が4回繰り返されて指し直しとなった。

指し直し局は、先手が佐々木五段となり、30分間の休憩を挟んで、午後10時3分から始まった。規定により、持ち時間は両者1時間から。

情報源:羽生善治九段、佐々木大地五段と1分将棋から千日手 指し直し局が開始/将棋・王座戦挑戦者決定T | AbemaTIMES


羽生善治九段 vs △佐々木大地五段

141手まで、千日手成立


佐々木大地五段  vs △羽生善治九段

先後入れ替えで佐々木五段の先手で指し直し

両者1分将棋だったので、持ち時間は各1時間で対局開始
初手は、▲佐々木五段 2六歩、△羽生九段 3四歩



この対局の勝者は、明日行われる渡辺明二冠 vs 豊島将之三冠の勝者と戦います。