羽生善治九段、タイトル100期への挑戦持ち越し…挑戦者決定戦で木村一基九段に敗退

羽生善治九段、タイトル100期への挑戦持ち越し…挑戦者決定戦で木村一基九段に敗退 | AbemaTIMES

136手まで、木村一基九段の勝ち、豊島将之王位への挑戦権獲得。


将棋の羽生善治九段(48)が6月6日、王位戦挑戦者決定戦で木村一基九段(45)と対局し、136手で敗れた。タイトル通算99期の羽生九段は、大台の100期に向けて挑戦権獲得を目指していたが、30日に竜王戦1組挑戦者決定戦でも敗れていた木村九段に、またしても阻まれた。

羽生善治九段、タイトル100期への挑戦持ち越し…挑戦者決定戦で木村一基九段に敗退
羽生善治九段、タイトル100期への挑戦持ち越し…挑戦者決定戦で木村一基九段に敗退

羽生九段は2日前の4日に、永瀬拓矢叡王(26)に勝利し、単独1位となる通算1434勝を達成。既に歴代1位となっているタイトル通算記録の100期達成に向けて、豊島将之王位(名人、棋聖、29)への挑戦を目指していたが、昨年に続き、挑戦者決定戦で敗退。対局後は「ちょっとつまらない将棋をしてしまいました。終盤、ちょっと難しくなったとは思ったんですが…」と語った。一方、木村九段は対羽生戦3連勝で、2014年以来と

情報源:羽生善治九段、タイトル100期への挑戦持ち越し…挑戦者決定戦で木村一基九段に敗退(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:羽生善治九段、タイトル100期への挑戦持ち越し…挑戦者決定戦で木村一基九段に敗退 | AbemaTIMES


2019年6月6日 20時16分

将棋の羽生善治九段(48)が6日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第60期王位戦挑戦者決定戦で木村一基九段(45)に先手番で敗れ、豊島将之王位(29)=名人、棋聖=への挑戦権獲得はならなかった。

羽生九段は4日に王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフで永瀬拓矢叡王(26)に勝利し、故・大山康晴十五世名人の記録を27年ぶりに塗り替える歴代単独最多の公式戦通算1434勝(591敗、勝率・708)の新記録を樹立したばかり。現在、タイトル獲得数は通算99期(歴代1位)。100期の大台に向け、5月に名人位を獲得して史上9人目の3冠となった豊島王位への挑戦を目指したが、実らなかった。

鉄壁の受け(守備)の技術で「千駄ヶ谷の受け師」の異名を持つ木村九段には、先月30日の第32期竜王戦1組3位決定戦でも敗れていただけに、リベンジはならなかった。

羽生九段は一昨年12月に通算99期目となる竜王を獲得。永世7冠に輝いたが、昨年5月に佐藤天彦名人(当時)に挑戦するも失敗。同7月、保持していた棋聖を豊島八段(当時)に奪われ、さらに同12月、広瀬章人八段(当時)に敗れて竜王を失冠。27年ぶりの無冠に転落していた。

情報源:羽生善治九段、王位挑戦ならず 再び「千駄ヶ谷の受け師」木村一基九段に敗れる(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:羽生善治九段、王位挑戦ならず 再び「千駄ヶ谷の受け師」木村一基九段に敗れる : スポーツ報知


2019年6月6日 20:17

王位戦の挑戦者決定戦で勝利し、3年ぶり王位挑戦を決めた木村一基九段(左)と敗れた羽生善治九段
王位戦の挑戦者決定戦で勝利し、3年ぶり王位挑戦を決めた木村一基九段(左)と敗れた羽生善治九段

将棋の羽生善治九段(48)が6日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第60期王位戦挑戦者決定戦で木村一基九段(45)に136手で敗れ、昨年末に無冠となってから初のタイトル挑戦をあと一歩で逃した。羽生は通算タイトル獲得数を歴代最多の99期としており、前人未踏の通算100期への挑戦はお預けとなった。

羽生は4日の同棋戦白組プレーオフで永瀬拓矢叡王(26)に勝ち、歴代単独最多の通算1434勝を達成。同日の紅組プレーオフに勝利した木村と、わずか中1日で豊島将之王位(29=3冠)への挑戦権をかけて対局した。終盤の劣勢をいったんは互角に戻したものの、逆転を果たせなかった羽生は「終盤難しくなったとは思ったけど、正しい手が見えなかった」と振り返った。これで羽生が今年挑戦できるタイトルは、本戦トーナメントの8強に進んでいる王座戦のみとなった。

受けの技術に定評があり、解説では軽妙なトークでファンも多い木村のタイトル挑戦は、16年の王位戦以来3年ぶり7度目。悲願の初タイトル獲得へ「若い人ばかりがタイトルを持っているので、思い切りぶつかっていきたい」と決意を示した。

情報源:羽生九段 タイトル通算100期はお預け 王位戦挑戦者決定戦で木村九段に敗れる(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:羽生九段 タイトル通算100期はお預け 王位戦挑戦者決定戦で木村九段に敗れる― スポニチ Sponichi Annex 芸能


2019年6月6日 20時37分(最終更新 6月6日 20時38分)

将棋の羽生善治九段(48)が6日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第60期王位戦挑戦者決定戦で木村一基九段(45)に136手で敗れ、豊島将之王位(29)への挑戦権獲得はならなかった。

羽生は2017年12月に竜王を獲得し、通算獲得タイトル数が99期となった。しかし、昨年12月の竜王戦で広瀬章人竜王(32)に敗れ、約27年ぶりに無冠となった。

今期の王位戦白組で4勝1敗の好成績を残した羽生は、4日のプレーオフで永瀬拓矢叡王(26)を破り、故大山康晴十五世名人を抜いて歴代1位の通算1434勝を達成した。

3期ぶり4回目の王位挑戦を決めた木村は「挑戦はうれしい。若い人ばかりタイトルを持っているので、思い切りぶつかっていきたい」と意欲を語り、羽生は「つまらない将棋にしてしまったが、終盤少し難しくなったと思ったところで正しく指せなかった」と語った。【山村英樹】

情報源:羽生、王位挑戦逃す 決定戦で木村に敗れる – 毎日新聞


2019年6月6日20時59分

6日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた第60期王位戦挑戦者決定戦で、木村一基九段(45)が羽生善治九段(48)を下して、豊島将之王座(名人・棋聖=29)への挑戦権を獲得した。木村の王位戦登場は、3年ぶり4回目。竜王、王座、棋聖にも各1回挑戦しているが、ただし、タイトル獲得はまだない。別名「千駄ケ谷の受け師」。粘り強くて渋い受け将棋を持ち味としている。解説会では時に軽妙で、時にズバッと本音を言うトークで人気を博している。

19年度は、9期ぶりに豊島名人への挑戦権を競うA級にも復帰した。5月30日の第32期竜王戦1組3位決定戦でも羽生を撃破。公式戦1434勝の最多勝利記録更新を阻むとともに、本戦トーナメント入りしている。まさに「中年の星」だ。

「若い人ばかりがタイトルを持っている。しっかりぶつかっていきたい」と抱負を口にしていた。

情報源:木村九段が羽生九段を破る 豊島王座へ挑戦権獲得(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:木村九段が羽生九段を破る 豊島王座へ挑戦権獲得 – 社会 : 日刊スポーツ


2019年6月6日21時4分

将棋の羽生善治九段(48)のタイトル戦挑戦が持ち越しとなった。6日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた第60期王位戦挑戦者決定戦で、木村一基九段(45)に敗れた。

4日に公式戦1434勝の最多勝利記録を更新したばかり。豊島将之王位(名人・棋聖=29)への挑戦権獲得の期待がかかったが、姿を消した。対局後、「つまらない将棋にしてしまった。終盤、難しくしたと思ったが、正しい手は見えなかった」と言葉少なだった。

現在無冠の羽生は、タイトル通算獲得99期。次のチャンスは、挑決トーナメント準々決勝まで進出中の王座戦になる。勝ち上がれば、改めて100期への挑戦権を得る。

情報源:羽生九段「つまらない将棋」タイトル挑戦権持ち越し(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:羽生九段「つまらない将棋」タイトル挑戦権持ち越し – 社会 : 日刊スポーツ


2019年6月6日21時3分

将棋の羽生善治九段(48)が6日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた第60期王位戦挑戦者決定戦で、木村一基九段(45)に敗れた。

4日、この棋戦の挑決リーグ白組プレーオフで永瀬拓矢叡王(26)を下して公式戦1434勝と、故大山康晴十五世名人の持つ1433勝の最多勝利記録を更新したばかり。

豊島将之王位(名人・棋聖=29)への挑戦権獲得まであと1歩のところで、姿を消した。羽生は現在タイトル通算獲得99期。次のチャンスは現在、挑決トーナメント準々決勝まで進出中の王座戦。

勝てば、改めて100期への挑戦権を得る。

情報源:羽生タイトル100期王手ならず、木村九段に敗れる(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:羽生タイトル100期王手ならず、木村九段に敗れる – 社会 : 日刊スポーツ


2019年6月6日 22時19分

将棋の第60期王位戦挑戦者決定戦が6日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、後手番の木村一基九段(45)が羽生善治九段(48)に136手で勝ち、豊島将之王位(29)=名人、棋聖=への挑戦権を獲得した。

「千駄ヶ谷の受け師」の面目躍如だった。両者とも一分将棋に突入した終盤まで形勢不明の激戦に。ギリギリの局面が続く中、木村九段は棋風通りに受け(守備)の妙手を連発し、第一人者の攻めを封じ込んだ。局後は「ちょっと最後、間違えたんですかね…寄らなくなって。ずっと難しかった。負けてても…最後まで分からなかったです」と激闘を振り返った。

木村九段はトップ10人によって構成される順位戦A級に在籍する実力者。過去6度のタイトル挑戦歴があり、多くの熱狂的ファンがいることでも知られる。羽生王位(当時)に3勝4敗のフルセットで屈した第57期王位戦以来、3年ぶりのタイトル挑戦に「うれしいです。若い人ばかりがタイトルを持っていますので、思い切りぶつかっていきたいなと思います」と一瞬だけ笑顔を見せながら語った。

一方の羽生九段は、4日に歴代単独最多の公式戦通算1434勝の新記録を樹立したばかり。さらなる偉業となるタイトル獲得通算100期を懸けた挑戦権を目指したが、先月30日の第32期竜王戦1組3位決定戦でも敗れていた木村九段へのリベンジはならず。大一番を飾れず「つまらない勝負にしてしまいました。終盤、難しくなったと思いましたが、正しい手が見えなかったです」と淡々と語っていた。

感想戦終了後、木村九段は「抜群の成績を挙げて挑戦者になったわけではないので、ちょっと私でいいのか、という戸惑いの方がありますね。豊島さんは充実していますので、情けないようですけど、ストレートで負けないように、というのが正直なところです。(ひとつ)勝てば何か見えてくるものはあるなあ、とは思いますけど一局一局、大事に戦いたいなと思います」と率直な心境を吐露した。

3年ぶりに大舞台に立つことについて「もう挑戦することはないと思っていたのでとてもうれしいですね。(過去6度のタイトル戦の結果は)やっぱり実力のものだとずっと思って、悔しかったですけどね。頑張ったし、頑張った結果なのでそういう運命だったんだと…。あんまり思いたくはなかったんですけど、折り合いを付けて、3年前からずっと過ごして来ました。ただ、思いがけず、また出られることになりました。期待もありますけど、どちらかというと不安の方が多いですね」

攻め将棋全盛の現代将棋で、受けのスタイルで勝ち続けていることについても語った。「今日について言えば、ああせざるを得ませんでした。ミスがあったので受けに回って。でも、1回のミスで諦めなくなったことがこういう結果につながったのかなあ、という感じもします。一昨日も菅井さん(竜也七段との紅組プレーオフ)でも同じですけど。(形勢が)思わしくない時に、(自らの持ち味を)思い出していけたらと思います」。諦めずに戦い続ける男は、再びのタイトル戦で悲願に挑む。

情報源:羽生九段破り王位挑戦権獲得の木村九段に聞く「私でいいのかという戸惑いがあります」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:羽生九段破り王位挑戦権獲得の木村九段に聞く「私でいいのかという戸惑いがあります」 : スポーツ報知


将棋 羽生九段 タイトル通算100期への挑戦は持ち越し
将棋 羽生九段 タイトル通算100期への挑戦は持ち越し

2019年6月6日 21時29分

4日、勝ち数の歴代最多記録を更新した将棋の羽生善治九段が、6日、王位戦の挑戦者決定戦に敗れ、タイトル通算100期への挑戦は持ち越しとなりました。

羽生善治九段(48)は、4日の対局に勝って通算1434勝となり、大山康晴十五世名人が持つ勝ち数の歴代最多記録を27年ぶりに更新しました。

羽生九段はタイトル獲得数の「99期」も歴代最多で、通算100期の大台達成に向けた挑戦権をかけて6日、東京の将棋会館で王位戦の挑戦者決定戦に臨みました。

相手の木村一基九段(45)とは先月30日に対局したばかりで、このときは敗れて勝利記録の更新を阻まれています。

対局は終盤に激しく攻め合う展開となり、羽生九段は一時、相手を追い詰めたものの攻めが続かず、午後8時15分、136手までで投了しました。

羽生九段は来月から行われる七番勝負の挑戦者になることができず、前人未到のタイトル通算100期への挑戦は持ち越しとなりました。

敗れた羽生九段は「つまらない将棋にしてしまいました。終盤難しくなったと思っていましたが、正しい手が見えなかった」と悔しさをにじませていました。

情報源:将棋 羽生九段 タイトル通算100期への挑戦は持ち越し | NHKニュース


136手で、木村九段が羽生九段をくだしました。終局時刻は20時15分。消費時間は▲羽生3時間59分、△木村3時間59分。
勝った木村九段は、豊島将之王位への挑戦権を獲得しました。七番勝負の第1局は、7月3日(水)、4日(木)の二日間にかけて愛知県名古屋市「か茂免」で指されます。

情報源:王位戦中継Blog : 木村九段が挑戦者に


―― 一局を振り返っていかがでしたか。

木村 最後は間違えて、(先手玉が)寄らなくなって、負けにしたかなと思いました。

―― その前の攻防は。

木村 この一局でいえば、まずまずかなと。ずっと難しいと思っていました。
―― 一分将棋で形勢不明なところもあったようですが。

木村 負けていても……と思いましたね。

―― 挑戦権を獲得したお気持ちを。

木村 うれしいです。若いタイトルホルダーが多いですが、思いきりぶつかっていきたいです。

(局後、報道陣が対局室に押し寄せた)

―― 一局を振り返っていかがでしたか。

羽生 桂頭を攻められる感じで、つまらない将棋にしてしまったかなと。終盤は少し難しくなったと思いましたが、正しい手を指せませんでした。

情報源:王位戦中継Blog : 終局直後


第60期王位戦七番勝負日程

豊島将之王位-木村一基九段戦

第1局 7月3日(水)4日(木)愛知県名古屋市「か茂免」

第2局 7月30日(火)31日(水)北海道札幌市「京王プラザホテル札幌」

第3局 8月8日(木)9日(金)福岡県福岡市「大濠公園能楽堂」

第4局 8月20日(火)21日(水)兵庫県神戸市「中の坊瑞苑」

第5局 8月27日(火)28日(水)徳島県徳島市「渭水苑」

第6局 9月9日(月)10日(火)神奈川県秦野市「元湯陣屋」

第7局 9月25日(水)26日(木)東京都千代田区「都市センターホテル」

情報源:王位戦中継Blog : 第60期王位戦七番勝負日程


第60期王位戦の挑戦者決定戦、羽生善治九段VS木村一基九段の対局が6月6日に行われ、木村九段が136手で羽生九段を破りました。

これにより、木村九段は豊島将之王位への挑戦を決めました。

木村九段は第39期より本棋戦に参加しており、本棋戦の通算成績は85勝41敗(0.674)です。今期の七番勝負は、4回目の王位挑戦となり、自身初のタイトルを目指す戦いとなります。

情報源:木村一基九段が羽生善治九段を破り、豊島将之王位への挑戦を決める 第60期王位戦挑戦者決定戦|棋戦トピックス|日本将棋連盟


羽生善治九段 vs △木村一基九段(棋譜を見る

136手 4一金打ちまで
木村一基九段の勝ち、豊島将之王位への挑戦権獲得。




木村九段、初タイトル獲得成るか?