参院選に立憲民主党から出馬を表明した奥村政佳氏

蓮舫氏 RAG FAIR・おっくんを立憲民主参院選比例区で公認へ

なぜに立憲・・・


立憲民主党の蓮舫副代表が23日、ツイッターで、アカペラグループ・RAG FAIRを脱退して政治の道へ進むことを明かした奥村政佳(41)を、比例区の公認候補予定者として決定したとツイートした。

蓮舫氏は奥村と両手で固く握手している写真を投稿。「奥村政佳(おっくん)さん。今夏の参議院議員選挙、比例区の公認候補予定者として決定」とし、「RAG FAIRのメンバーとしてアーティスト活動をされる他、大阪在住時の阪神淡路大震災、高校の修学旅行中に経験した北海道東方沖震災から災害ボランティア活動にも積極的に取り組み防災士の資格を持っています」と紹介した。

別のツイートでは「高校3年の時に当時最年少の気象予報士に。2012年には保育士資格を取得、横浜市内の保育所に勤務し、待機児童問題の深刻さを痛感しています」と奥村の経歴も短く記し、「『今』つなぐ。想いを持っての政界への挑戦です」とツイートした。

情報源:蓮舫氏、RAG FAIRおっくんを立憲民主参院選比例区で公認へ(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:蓮舫氏 RAG FAIR・おっくんを立憲民主参院選比例区で公認へ/芸能/デイリースポーツ online


2019年4月23日 17:06

ボーカルユニット「RAG FAIR」を脱退し、政治家に転身すると発表した奥村政佳氏(41)が23日に会見を開き、立憲民主党から次期参院選比例区で出馬すると報告した。
福山哲郎幹事長定例記者会見の冒頭に登場し、得意のボイスパーカッションを披露してから自己紹介。「この度、立憲民主党から参議院選挙に比例代表で立候補させていただくことになりました」とあいさつした。

2011年にグループの一時活動休止後、音楽活動と並行して主任保育士として現場に立った合計8年間の保育経験を生かし「保育士不足の解消」「保育士の質と待遇改善」に尽力したいとした。

奥村氏は前日22日にグループの公式サイトで「僕はRAG FAIRから離れ、政治の道へと進む決心をしました」と明かした。11年のグループの一時活動休止後、災害支援や気象・防災教育の研究や実践をしてきたことを振り返り「自分で動かねば変わらないこともたくさんある。腹をくくり、今は選んだ道で一生懸命やっていきたい」と意気込んだ。

今夏の参院選の東京選挙区は、自民党の丸川珠代前五輪相(48)や、政治団体「れいわ新選組」を今月設立した山本太郎氏(44)らが改選を迎え、改選数は6。

情報源:RAG FAIR脱退の奥村政佳氏 立憲民主党から参院選出馬 得意のボイパ披露(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:RAG FAIR脱退の奥村政佳氏 立憲民主党から参院選出馬 得意のボイパ披露― スポニチ Sponichi Annex 社会


参院選に立憲民主党から出馬を表明した奥村政佳氏
参院選に立憲民主党から出馬を表明した奥村政佳氏

きのう22日、5人組アカペラグループ・RAG FAIRの脱退と政界進出を報告していた奥村政佳氏(41)が23日、都内で会見を行い、今夏に行われる参院議員選挙の比例区で立憲民主党公認で出馬することを表明。自身も保育の現場に携わったことから「傍観者ではなく、自分が動くことで変えて行こう」と意気込みを語った。

今回の立候補で目指すことには「保育士不足を解消したい」「保育士の地位を高め、質と待遇を高めていく」「保育士目線の声を政治の世界に届けたい」の3本を掲げた。「音楽活動と並行しながら、保育所で8年間務めてまいりました」と話し「シフトを組むのも一苦労で、研修に行きたくても送り出すことができない。保育に思いはあるのに、労働環境のせいで高い離職率がある。起きている時間をほどんど保育所で過ごす子どももいる中で、保育士の処遇改善、地位の向上が必要」と現場で体験した声をあげた。

また“保育士目線の声を政治の世界に届けたい”が1番の思いとし「現場の声がなかなか届いていないと思う。保育士と政治家をつなげ、保育士の目線から改善を図りたい。パパママも大変ですが、保育士の笑顔は子どもの笑顔でもあります。奥村政佳の次の挑戦を応援してください」と訴えた。

脱退について、ほかのメンバーとは「何回も話し合って決意を尊重して送り出してくれました」と感謝。「家族も応援してくれているので、頑張っていこうと思います」と決意を新たに。同党からの立候補については「枝野(幸男)代表のパワーを感じました」とし「政策を拝見する中で、保育の質について言及していました。その問題はとても大きいと思っていたので、この党に決めました」と話していた。

奥村氏は、2002年に筑波大学を卒業後、17年には横浜国立大学大学院教育学研究科で修士号を取得。保育士・幼稚園教諭、防災士、95年には高校3年生で当時史上最年少で気象予報士の資格を取得した。フジテレビ系で放送されていたバラエティ番組『力の限りゴーゴゴー!!』の人気企画『ハモネプリーグ』で話題を集め、同グループのメンバーとしてメジャーデビュー。02年の『第53回NHK紅白歌合戦』に出場し、日本武道館でのライブも行うなど、精力的に活動していた。

なお奥村氏は、RAG FAIR脱退後もワタナベエンターテインメントには所属を続け「2001年からずっとお世話になっていることもありました。両立は難しいと思うので、文化人の枠として、これからもお世話になる予定です」と説明した。

情報源:元RAG FAIR・奥村政佳氏、参院選に立憲民主党から出馬表明 保育問題の改善訴える(オリコン) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:元RAGFAIR・奥村政佳氏、参院選に立憲民主党から出馬表明 保育問題の改善訴える | ORICON NEWS




うーん・・・


 

記事の有効期限: 2020年4月23日 Thursday 7:36pm