「FISE」選手が知事を訪問

「FISE」選手が知事を訪問|NHK 広島のニュース

別の用事で去年見たけど、人が多すぎる・・・


2019年04月17日 19時08分

自転車競技「BMX」など都市型スポーツの世界大会「FISE」が19日から広島市で始まるのを前に、選手たちが広島県の湯崎知事を訪ね、抱負を語りました。

「FISE」は、フランス発祥の都市型スポーツの世界大会で、来年の東京オリンピックで採用される自転車競技の「BMX」や、スケートボードなど7種目の競技が行われます。

去年に続き、今年も19日から今月21日まで旧広島市民球場跡地で大会が開かれるのを前に、17日に選手らが広島県庁に湯崎知事を訪ね、抱負を語りました。

このうち「BMXフラットランド」に出場する広島市在住の西川佳宏選手は「地元を代表して、少しでもいい順位を目指して頑張りたい」と述べました。

これに対し、湯崎知事は「オリンピック種目もあるので多くの方が来年のメダリストを見たいと期待しています。最高のパフォーマンスを見せてください」と激励しました。

今年の大会は、エキシビションとしてコンピュータ−ゲームの腕前を競う「eスポーツ」も行われるほか、去年の西日本豪雨からの復興大会と位置づけ、募金やチャリティーオークションも会場で行われます。

大会を開く日本アーバンスポーツ支援協議会の太田雄貴副会長は「オリンピックの新種目として期待され、今までとは違った緊張や重圧があると思うが、選手には周りに振り回されず、自分の信念を大切にして頑張ってほしい」と話していました。

情報源:「FISE」選手が知事を訪問|NHK 広島のニュース



AbemaTVで20日、21日に独占配信。


記事の有効期限: 2020年4月17日 Friday 11:03pm