ドコモ、「月々サポート」や「docomo with」の提供を終了へ

ぶっちゃけ、通話料金980円(無料通話1,000円付)のスマホ版が欲しい。


NTTドコモが、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の提供に合わせて「カケホーダイ&パケあえる」のFOMAとXi料金プラン、「月々サポート」「docomo with」「端末購入サポート」の提供を終了する。2019年5月31日に新規受付を終了する。6月以降も、契約しているプランを継続して利用することは可能。

月々サポートは、端末ごとに設定されている購入補助。最大24回の割引を受けられる。この24回分を端末代金から引いた価格が「実質価格」「実質負担金」などと明記されている。

docomo withは、指定されたスマートフォンを購入すると、毎月の利用料金から1500円を割り引くプラン。「月々サポート」と違い、次に機種変更をするまでは1500円の割引がずっと続くのが特徴だ。

docomo withの概要
docomo withの概要

対象端末は「AQUOS sense2 SH-01L」「Galaxy Feel2 SC-02L」「arrows Be F-04K」「らくらくスマートフォン me F-01L」など、3万~4万円台の機種が中心。最近は「iPhone 7」が対象になったことでも話題を集めた。なお、現在docomo withを契約している場合、2019年6月以降も毎月1500円の割引は受けられる。

docomo withの対象端末
docomo withの対象端末

端末購入補助サポートは、12カ月間の継続利用を条件として、端末代金を割り引くサービス。

総務省は、研究会での緊急提言や電気通信事業法の改正案にて、「完全分離プラン」の提供を要項に挙げている。完全分離プランでは、「(1)契約継続を条件とする端末購入補助」と「(2)端末購入を条件とする通信料金の割引」を禁止する。月々サポートとdocomo withは(2)に、端末購入サポートは(1)に抵触する。法改正が決定したわけではないが、これを見越してサービスを終了するものと思われる。

関連リンク

情報源:ドコモ、「月々サポート」や「docomo with」の提供を終了へ(ITmedia Mobile) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:ドコモ、「月々サポート」や「docomo with」の提供を終了へ – ITmedia Mobile


NTTドコモは4月15日、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を発表した。いずれも音声通話プラン、ネット接続サービス(spモード)、データ通信を一体提供するパックプランで、前者は月額6980円、後者は月額2980~5980円。5月22日からプラン変更予約を受け付け、6月1日から提供する。

【更新:15時55分】音声オプションについて追記しました。また割り引きについて加筆した上で別段落としました

【更新:16時40分】データプランとケータイプランについて追記しました

(記事中の価格は、特に断りのない限り全て税別で定期(2年)契約・解約金ありの場合)

ドコモが2~4割引きの新料金「ギガホ」「ギガライト」発表 6月1日スタート
ドコモが2~4割引きの新料金「ギガホ」「ギガライト」発表 6月1日スタート

ギガホ:月間30GBまで高速通信可 超過時は「1Mbps」

ギガホは、月間30GBまでの高速通信容量を備えるヘビーユーザー向けプラン。定期契約なしのプランの場合は月額8480円となる。

ギガホのイメージ(ギガホ割とみんなドコモ割適用時)
ギガホのイメージ(ギガホ割とみんなドコモ割適用時)

容量の超過時の通信速度は従来の上下最大128kbpsから1Mbpsに向上し、「動画・SNSなどのさまざまなコンテンツがご利用いただける」速度となった。

各種割り引き前の月額料金は、「シンプルプラン(月額980円)+spモード(月額300円)+ウルトラデータLLパック(月額8000円)」と比べて約25%引きとなる計算となる。

ギガホ割(9月30日まで)

9月30日までにギガホに加入した場合、加入から6カ月間の月額料金が1000円引きとなる。割引適用中に他のプランに変更した場合は、再適用できない。

ギガライト:ライトユーザー向けの4段階定額

ギガライトは、月間の通信容量に応じて月額料金が変動するライトユーザー向けプラン。ステップ(容量)ごとの月額料金は以下の通り(かっこ内は定期契約なしの場合)。

  • ステップ1(~1GB):2980円(4480円)
  • ステップ2(~3GB):3980円(5480円)
  • ステップ3(~5GB):4980円(6480円)
  • ステップ4(~7GB):5980円(7480円)
ギガライトの料金イメージ(みんなドコモ割適用時)
ギガライトの料金イメージ(みんなドコモ割適用時)

なお、ステップ4超過後の通信速度は上下最大128kbpsとなる。

音声オプション

ギガホとギガライト、「ケータイプラン」(後述)の音声通話は従量課金(国内宛は20円/30秒)で、「ファミリー割引」グループ内の国内通話は無料となる。

ただし、以下の「音声オプション」を契約することで、国内通話(※1)が準定額、または定額利用できる。

  • 5分通話無料オプション(5分以内の定額):月額700円
  • かけ放題オプション(時間無制限の定額):月額1700円

※1 「0570」「0180」で始まる他社が通話料金を設定している番号宛の通話は対象外。その他、「188(消費者ホットライン)」「189(児童相談所ダイヤル)」宛の通話、衛星電話宛の通話など対象外あり

各種割引

ギガホとギガライトで共通する割り引きプログラムは以下の通り。

みんなドコモ割

ギガホとギガライトについては、ファミリー割引または「ビジネス通話割引」のグループに入っている回線数に応じて「みんなドコモ割」を適用できる。割り引き額は総回線数2回線の場合は1回線あたり月額500円、3回線以上の場合は1回線あたり月額1000円となる。

回線数カウントは、以下の回線を除く全音声料金プランが対象となる。

  • 2in1
  • キッズケータイプラス
  • キッズケータイプラン

ドコモ光セット割

ギガホとギガライトは、「ドコモ光セット割」の対象となる。1回線当たりの割り引き額は以下の通り。

  • ギガホ:月額1000円
  • ギガライト:なし(ステップ1)/月額500円(ステップ2、3)/月額1000円(ステップ4)

なお、ギガホとギガライトのドコモセット割は、ファミリー割引またはビジネス通話割引のグループ内で1回線でもドコモ光の契約があれば適用される

はじめてスマホ割

「はじめてスマホ割」は、フィーチャーフォン(ケータイ)からスマートフォンに乗り換える際にギガホまたはギガライトを契約した場合に、6カ月間に渡って月額1000円を割り引くプログラム。ドコモ内の機種(契約)変更、「ウェルカムスマホ割」適用中の回線のプラン変更(※2)に加えて、他社ケータイからのMNP契約も対象となる。

※2 プラン変更の前月までウェルカムスマホ割を適用し、プラン変更月からはじめてスマホ割を適用する

初めてスマホ割のイメージ
初めてスマホ割のイメージ

その他のプラン

ギガホ、ギガライト以外には、以下のプランを用意する。

  • データプラス(データ端末用追加プラン):月額1000円(通信量はひも付けた回線と共有)
  • ケータイプラン:月額1200円(月間100MBの高速通信可能)
  • キッズケータイプラン:月額500円(通信容量なし)

関連リンク

情報源:ドコモが2~4割引きの新料金「ギガホ」「ギガライト」発表 6月1日スタート(ITmedia Mobile) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:ドコモが2~4割引きの新料金「ギガホ」「ギガライト」発表 6月1日スタート – ITmedia Mobile


NTTドコモは6月1日、4月15日に発表された新料金プランの契約者を対象とする「docomo Wi-Fi無料キャンペーン」を開始する。2020年6月30日までの期間限定キャンペーンだが、終了日までに代替となる無料Wi-Fiプログラムが提供される予定だ。

「ギガホ」「ギガライト」向け「docomo Wi-Fi無料キャンペーン」開始 2020年6月30日まで
「ギガホ」「ギガライト」向け「docomo Wi-Fi無料キャンペーン」開始 2020年6月30日まで

対象プラン

このキャンペーンは以下の料金プランの契約者が対象。プランに合わせて「docomo Wi-Fi(spモード)」「docomo Wi-Fi(mopera U)コース」「docomo Wi-Fi(ビジネスmoperaインターネット)コース」のいずれかのISPを契約すれば自動適用される。

  • ギガホ
  • ギガライト
  • ケータイプラン
  • データプラス

なお、キャンペーンの適用条件を満たさない場合でも、docomo Wi-Fiを初めて申し込む場合は利用開始日から31日間は無料で利用できる(従来通り)。

2020年度第1四半期中に代替サービス登場予定

今回のキャンペーンは、従来の「docomo Wi-Fi永年無料キャンペーン」とは異なり終了日が設定されている。

ただし、ドコモでは2020年度第1四半期(2020年4~6月)中に「dポイントクラブ会員のお客さま向けに、新たなWi-Fiサービスの提供開始を見込んで」いる。dアカウントの取得と「dポイントクラブ」への加入は必須となるが、キャンペーン終了後も引き続きdocomo Wi-Fiを無料で利用できる見通し。

関連リンク

情報源:「ギガホ」「ギガライト」向け「docomo Wi-Fi無料キャンペーン」開始 2020年6月30日まで(ITmedia Mobile) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:「ギガホ」「ギガライト」向け「docomo Wi-Fi無料キャンペーン」開始 2020年6月30日まで – ITmedia Mobile


NTTドコモが新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を2019年6月1日に提供する。ギガホは月額6980円(税別、以下同)で30GBまでのデータ通信を利用できるプラン。ギガライトは月額2980円で1GB~5980円で7GBのデータ通信を利用できるプラン。

ドコモの新料金プランをアピールする吉澤社長
ドコモの新料金プランをアピールする吉澤社長

現行の料金プランよりも安くなるのが特徴だが、ギガホとギガライトは、端末代金と通信料金を分けた「分離プラン」という立て付けなので、端末購入にひも付く割引サービス「月々サポート」は適用されない。また、新プラン提供開始前日の5月31日に、指定端末の購入で月額1500円を割り引く「docomo with」の新規申し込み受付を終了する。

新料金プランは確かに安いが、その分、従来の「月々サポート」は適用されない
新料金プランは確かに安いが、その分、従来の「月々サポート」は適用されない

ドコモの吉澤和弘社長は、「端末購入補助は、独立で考える。全く補助がないと、お客さまがお求めにくくなるので、少しでもお求めやすくするアイデアを検討中」とコメント。例年、5月~6月にかけて、夏商戦向けの新機種が発表、発売されるが、このタイミングで何らかの割引施策が発表されるようだ。割引額の具体的な数字は「検討中」としたが、「新しいデバイスが出ると同時に、『こういう体系を考えている』ということをご説明したい。(購入補助が)全くないことは考えていない」とのこと。

ただしKDDIやソフトバンクが実施している、4年割賦で端末代金の半額を免除する施策の提供については「4年割賦で2年で残債免除で、条件は同じキャリアで機種変更をする。そういったものは、(法改正後の)ガイドラインが出るまでそのままなのか?」と否定的な考えを示した。

販売代理店が自主的に過度な割引をしたり、キャッシュバックをしたりする可能性については「(改正法案が可決されたら)代理店にも規制が入るので、不健全な値引きやキャッシュバックはなくなると思う」との見方を示した。

総務省がまとめた電気通信事業法の改正案で定めている「完全分離プラン」では、「契約継続を条件とする端末購入補助」と「端末購入を条件とする通信料金の割引」を禁止しているが、端末代金の割引そのものを禁止しているわけではない。吉澤氏も「他の業界でもそうだが、例えば2シリーズ前の端末を、在庫があるので値引きするのは商慣習上、問題ない」と話す。

では新機種の割引はどうなるのか? が焦点だが、2019年夏モデルと同時に発表されるであろう施策を注目したい。

関連リンク

情報源:ドコモ新料金プラン、月サポ廃止で“端末購入補助”はどうなる?(ITmedia Mobile) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:ドコモ新料金プラン、月サポ廃止で“端末購入補助”はどうなる? – ITmedia Mobile



安くなったように見えない・・・