棋士の4月はオフシーズン? 令和時代も藤井七段に期待:朝日新聞デジタル

ふむ・・・

2019年4月4日10時48分

イベントで、色違いのそろいのネクタイで登場する杉本昌隆八段(右)と藤井聡太七段(中央)の師弟。左は佐藤天彦名人=2018年12月9日、名古屋市中区、滝沢隆史撮影
イベントで、色違いのそろいのネクタイで登場する杉本昌隆八段(右)と藤井聡太七段(中央)の師弟。左は佐藤天彦名人=2018年12月9日、名古屋市中区、滝沢隆史撮影

杉本昌隆八段の「棋道愛楽」

新年度が始まりました。まっさらなシャツに袖を通す気分ですが、新しい元号も発表され、スーツや靴、身の回りの物すべてが新しくなった気持ちになります。5月からは「令和」元年。うーん、新鮮な響きです。新年度も本コラムをよろしくお願いいたします。

会社と同じように、将棋界も4月から新年度です。私は名人戦の順位戦で昇級したので、B級2組の棋士として新しくスタートします。

年度替わりの良いところは、何といっても気持ちのリフレッシュ。例えば、3月まで公式戦で10連敗していたとしても、すべてリセットです。いや、内部では連敗のカウントは続いていますが、少なくとも気持ちのうえではまっさらです。

逆に連勝記録は日本将棋連盟のウェブサイトで、前年度から継続して表示してくれます。藤井聡太七段の29連勝は年度をまたいで約半年間続いたのを覚えている方も多いでしょう。

新年度とはいえ、棋戦は1年を通して開始時期がまちまち。実は4月の棋士は「仕事が休み」と言ったらちょっと語弊があるかもしれませんが、少しリラックスしているのも事実。その理由は順位戦にあります。

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です。

情報源:棋士の4月はオフシーズン? 令和時代も藤井七段に期待:朝日新聞デジタル



ほぉ・・・