セックス大不況?1年間に「性行為なし」の米国人が過去最高 調査:AFPBB News

いろいろ理由はあるだろうけど・・・


2019年4月1日 3:44

J・エドガー・フーバーFBI長官(中央)。米ホワイトハウスで。左は当時のジョン・F・ケネディ大統領。フーバー氏は生涯童貞だったとされる(1961年2月23日撮影、資料写真)。(c)AFP
J・エドガー・フーバーFBI長官(中央)。米ホワイトハウスで。左は当時のジョン・F・ケネディ大統領。フーバー氏は生涯童貞だったとされる(1961年2月23日撮影、資料写真)。(c)AFP

【4月1日 AFP】米国で3月29日に公表されたセックスに関する調査によると、過去1年間にセックスをしなかったと答えた米国人の割合が2018年に過去最高となり、年代別では20代男性の割合が最も高かった。

米紙ワシントンポスト(Washington Post)による新たな調査結果の分析によれば、過去1年にセックスをしなかったと答えた人の割合は2018年に18~30歳未満の女性で18%だったのに対し、同世代の男性では28%に上った。ミレニアル世代の男性はポップカルチャーの観点では性行為に最も積極的、または少なくとも性的欲求が最も強いと描かれることが多いため、調査結果についてソーシャルメディアでは予想外との反応が出ている。

米心理学者で家庭医のレナード・サックス(Leonard Sax)氏は調査結果公表前に一般論としてツイッター(Twitter)に、「考えられる理由に、ゲームとポルノを好む傾向が強まっていることがある」と述べていた。

過去1年セックスをしなかったと答えた人の割合を年代別にみると、30代で7%、40代で9%、50代で13%で年代によって大きな差が見られた。60歳以上ではおよそ50%だった。過去1年セックスをしなかったと答えた人の割合を全体的にみると漸進的ながらも徐々に増える傾向にあり、全体で23%で20年前の19%から上昇した。ただこの割合は60歳以上では安定している。

今回の統計は、米イリノイ州シカゴ大学(University of Chicago)の研究機関NORCが総合的社会調査(General Social Survey)のために集計、ワシントン・ポストが分析したもの。同紙は分析から、高齢化と独身者の増加が過去30年の傾向を特徴づけていると指摘した。(c)AFP

情報源:セックス大不況?1年間に「性行為なし」の米国人が過去最高 調査(AFP=時事) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:セックス大不況?1年間に「性行為なし」の米国人が過去最高 調査:AFPBB News


ふむ・・・


記事の有効期限: 2020年4月1日 Wednesday 9:16am