「FM局へ転換」制度 要請…AM低迷で 民放連、総務省に : エンタメ・文化 : 読売新聞オンライン

ふむ・・・


日本民間放送連盟(民放連)は27日、総務省の有識者会議で、AMラジオ局がAM放送をやめてFM放送に転換できるように制度改正することを、正式に要請した。AM局は広告収入の低迷や送信所の設備更新が負担になっており、経営基盤の強化を図る狙いがある。

27日に開かれた「放送事業の基盤強化に関する検討分科会」(分科会長=多賀谷一照・千葉大名誉教授)で、民放連は2028年までに必要な制度整備をするよう求めた。分科会は今後議論を進め、19年度にも最終的な方向性を打ち出す方針だ。

多くのAM局は現在、ビルやマンションの多い都市部での難聴問題や災害への対策として、放送の内容をFM放送で同時に流すFM補完放送(ワイドFM)を行っている。ワイドFMはAM放送を行っていることが条件で、AM局がFM放送のみを流すには新たな制度整備が必要となる。

ただ、FM放送はAM放送に比べて電波が遠くまで飛ばず、北海道など広域ではAM放送を継続するラジオ局もある見通しだ。民放連はFMへの一本化ができるようにすることと同時に、AM放送とFM放送を併用する仕組みを維持することも求めた。

情報源:「FM局へ転換」制度 要請…AM低迷で 民放連、総務省に : エンタメ・文化 : 読売新聞オンライン


へぇ・・・


記事の有効期限: 2020年3月27日 Friday 5:35pm