日本企業に不満も=「支払い滞り赤字」-インドネシア地下鉄:時事ドットコム

日本政府は日本企業を守れよ。


2019年03月24日15時58分

インドネシアで開業前に試運転されるMRT。大勢の市民らが試乗を楽しんだ=22日、南ジャカルタ市
インドネシアで開業前に試運転されるMRT。大勢の市民らが試乗を楽しんだ=22日、南ジャカルタ市

【ジャカルタ時事】日本が全面的に関わったインドネシア初の地下鉄は、事業の遅れが日常茶飯事の国で目標通り「3月開業」にこぎ着けた。

まだ工事が終わっていない場所があるなど駆け込み感は強いが、中国が受注した高速鉄道は数年単位で完工が遅れる中、日本ブランドの面目躍如となった。その陰で、受注した日本企業からは「支払いが滞り、赤字になった」との悲鳴が漏れる。

大量高速鉄道(MRT)は円借款の事業で、受注企業への工事費は国際協力機構(JICA)が支払う。ただ、支払いには事業主「MRTジャカルタ」の許可が必要で、複数の関係者によると、「不合理な払い渋り」が相次いだ。

情報源:日本企業に不満も=「支払い滞り赤字」-インドネシア地下鉄(時事通信) – Yahoo!ニュースコメント

情報源:日本企業に不満も=「支払い滞り赤字」-インドネシア地下鉄:時事ドットコム


はぁ・・・


記事の有効期限: 2020年3月25日 Wednesday 12:48am