セブン社員「違法な時間外労働」…会社側を告訴 : 国内 : 読売新聞オンライン

ふむ・・・


全国の従業員が違法な時間外労働を強制されたなどとして、コンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京都)の男性社員(45)(長野市)が22日、同社と役員ら3人を労働基準法違反容疑で長野労働基準監督署に告訴した。

告訴状によると、同社は2016~18年度、適正に選出された従業員の代表と労使協定(36協定)を締結していないにもかかわらず、協定を結んだかのように偽装し、労基署に届け出たなどとしている。

地域合同労働組合「千曲ユニオン」の関係者と長野市で記者会見した男性は「店舗のオーナー、社員の実情を知ってほしい。働き方も考えるきっかけになれば」と訴えた。

同社広報センターは「労基署に確認をとり、適正かつ誠実に対応する」としている。

情報源:セブン社員「違法な時間外労働」…会社側を告訴 : 国内 : 読売新聞オンライン


はぁ・・・


記事の有効期限: 2020年3月24日 Tuesday 11:32am