師匠、昇級かけた激しい手 想像した「藤井七段なら…」:朝日新聞デジタル

ふむ・・・


2019年3月19日10時50分

C級1組順位戦で昇級を決めた杉本昌隆八段=2019年3月5日、東京都渋谷区、村上耕司撮影
C級1組順位戦で昇級を決めた杉本昌隆八段=2019年3月5日、東京都渋谷区、村上耕司撮影

杉本昌隆八段の「棋道愛楽」

2月22日、「七段昇段後公式戦190勝」の規定により八段に昇段しました。一つ一つの勝ち星を13年かけて積み上げた、いわば勤続年数の表彰。「藤井聡太七段の師匠が昇段」と大きく報道されて、ちょっと気恥ずかしくもありました。

さて、8勝1敗で4人が並んだ第77期C級1組順位戦の最終局が3月5日にありました。師弟同時昇級の可能性を残した大一番です。私は東京、藤井七段は大阪で対局しました。昇級は会社でいえば、役職が一つ上がるようなもの。ライバルを負かし、地位、名誉を自分の力でつかみ取る戦いです。

昇級枠は二つ。4人のうち、順位の差で私は2番手、藤井七段は4番手。つまり私は自分が勝てば良いものの、藤井七段は自分が勝ったうえで、上位3人のうち2人が負けなければ昇級できません。

※続きは朝日新聞デジタルの有料会員登録が必要です。

情報源:師匠、昇級かけた激しい手 想像した「藤井七段なら…」:朝日新聞デジタル



ほぉ・・・