新元号決定まで2週間余 情報システム改修は順調 政府 | NHKニュース

本当に?


2019年3月14日 12時56分

ことし5月の皇位継承に伴う改元をめぐって、平成など和暦を扱う官民の情報システムの改修作業を円滑に進められるかが課題となる中、政府の連絡会議で、官民ともに必要な作業をおおむね終えられる見込みとなっていることが報告されました。

皇位継承に伴い、政府は平成に代わる新しい元号を来月1日に決定し、5月1日に改元を行うことにしていますが、デジタル化が進む中、「平成」など和暦を扱う官民の情報システムを新たな元号に対応したものに円滑に改修できるかが課題となっています。

新元号の決定まで2週間余りとなる中、政府は内閣府で各府省庁の連絡会議を開き、税や社会保障など国や一部の独立行政法人が管理する合わせて576の情報システムについて、5月1日までに改修作業を終了し、国民生活への影響も出ない見込みとなっていることなどが報告されました。

一方、民間のシステム改修をめぐっては、国民生活に密接に関係する金融や公共交通、エネルギーなどの関係企業では対応が進んでいるものの、一部、対応を確認できていない企業もあるとして、引き続き働きかけを続けていくことを確認しました。

政府は、情報システムのトラブルは国民生活の混乱に直結しかねないとして、パソコンのOS=基本ソフトを製造している企業などとも連携し、改修作業などの対応に万全を期すことにしています。

情報源:新元号決定まで2週間余 情報システム改修は順調 政府 | NHKニュース


はぁ・・・


記事の有効期限: 2020年3月15日 Sunday 10:26am