津波の危険で住宅禁じた区域に外国人実習生の寮

津波の危険で住宅禁じた区域に外国人実習生の寮 | NHKニュース

えぇ・・・


2019年2月22日 19時38分

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町で、津波の被害を受ける危険があるとして住宅などの建設を禁じられた災害危険区域に、地元の水産加工会社が外国人技能実習生を生活させていたことが分かりました。町は、高台への移転など、改善を進めるよう会社側に求めました。

改善を求められたのは南三陸町の歌津泊浜にある水産加工会社で、1階部分が水産加工場、2階部分が外国人技能実習生およそ10人が住む寮となっています。

町によりますと、寮がある場所は、東日本大震災でおよそ14メートルの津波が到達して大きな被害を受け、その後、町が新しい住宅などの建物の建設を禁じる災害危険区域に指定された場所だということです。

町では「外国人技能実習生を危険な地域に住まわせており、会社に対して高台に移転を行うなど改善を求めた」と話しています。

町によりますと、水産加工会社の社長は「早急に高台への移転を検討したい」と話しているということです。

情報源:津波の危険で住宅禁じた区域に外国人実習生の寮 | NHKニュース


はぁ・・・


記事の有効期限: 2020年2月23日 Sunday 2:13pm